アナリティクスの新機能「インサイト」を使ったユーザー分析を詳しく解説

2019年3月13日からPCブラウザのGoogleアナリティクスの管理画面に新たにインサイトという機能が追加されました。今回はインサイトについてユーザー分析に役立つ内容を紹介します。

インサイトとは

インサイトとは「アナリティクスインテリジェンス」の機能の一部であり、これまではアプリ版のGoogleアナリティクスで利用されていました。

主にGoogleの機械学習機能を活かしてアナリティクスに蓄積されたデータの中から利用者にとって役に立つデータをピックアップしておすすめしてくれる機能です。

いわゆるレコメンド機能ですね。下記はインサイトの使い方になります。

1.Google アナリティクスにログインします。
2.目的のビューを表示します。
3.[レポート] を開きます。
4.[ホーム] 画面やほとんどのレポートでは、右上の [インテリジェンス] をクリックします。

参考元:インサイトを得る

ウェブサイトの変化を知らせてくれる

インサイトで教えてくれることは、主にアクセス数やページ滞在時間などに大きな変化があったことが中心となっています。ただ記事を生産していくだけではわからないことや、頑張って作ったページがどのような効果を生んでいるのかを分析するときにとても役立つ機能です。

サイト内の計測データで急激にユーザー変化が起きた際にはアラートのような役目を担ってくれるのでサイト改修やページ制作において効果的なSEO対策を行うチャンスを作ってくれるということですね。

サマリーのリアルタイムや検索トラフィックなどでも追えないユーザーの変化もわかるので、コンテンツやページの更新頻度の多いサイトを運営している人にとっては欠かせない機能と言えます。

改善すべきことをアドバイスしてくれる

インサイトは単にデータから抽出した情報を提示するだけではなく、どのようにすれば課題となっているものを改善するアドバイスを書いてくれます。機械的に分析したものを適切にアドバイスしてくれるので、ユーザーの傾向を客観的に分析してどのような対策が効果が出やすいのか把握できることはサイト改修をするときにはとても役立つと言えますね。

もちろん、全てのアドバイス情報が必ずしも効果が出るとは限らないので、あくまでユーザーの傾向でわかる情報として参考にするのが得策でしょう。しかし、人の目ではわからないことや幅広い網羅性のあるデータから分析して提供されたアナリティクスのアドバイスは自分のサイトやページの弱みを掴めるので何がユーザーエクスペリエンスの最適化できない理由を知りたい人はインサイトを利用するべきでしょう。

インサイトが知らせてくれること

従来、ユーザーの変化についてのアラートについては「インテリジェンスイベント」で受け取れる通知の機能であり、特定のセグメントや期間の中でトラフィックの変化率や重要度を知ることができました。インサイトではこれらの機能が搭載された拡張機能と言えるでしょう。

インテリジェンスイベント

アナリティクス利用者が知りたい特定のユーザー変化についてはカスタムアラートという機能として搭載されています。インサイトでは、単に数値の変化を知らせてくれるだけではなく「こんな数値になる想定をしていましたが、想定よりもさらに大きく異なっています」というアナリティクスによる学習機能を活用したアドバイスをしてくれます。

具体的にどういった部分がどのように変化していたかを細かく教えてくれるので、数値だけでは見えなかった部分を的確に把握できます。従来のアナリティクス解析では憶測や仮説立てしかできなかったところに根拠のある判断材料を与えてくれるのでまさに鬼に金棒ですね。

グラフ付きのレポート

インサイトに提供されたデータは、保存することで後からいつでも見返せるようになっています。改善すべき問題が多い場合、遡求して一覧として見返せるのはフィードバック時に使えて便利ですね。

グラフはデータの比較や数値化された内容の可視化をしてくれるものとして使えるので、実際にはどれくらいの差があるのか判断材料に使えるだけでなく確かな根拠としても使えるものとなります。

ただし、報告してくれるデータの種類によってはグラフが付いてこないものもあります。

管理者の好みに合わせたデータを提供してくれる

インサイトで表示されているデータをサイト管理者にとって有益な情報だった場合、報告の最下部に表示される「この分析はお役に立ちましたか?」という質問に対して「はい」もしくは「いいえ」で回答することで、次回以降は「はい」を選んだものを中心にインサイトを表示してくれます。蓄積データから紹介するものについてもアナリティクスが学習してくれるということですね。

いくつかパターン化することでサイトのコンセプトに沿った施策をユーザーに向けてアプローチできるので本当に必要とする情報だけを提供してもらうことは効率的に分析を進める方法になりますね。

ちなみに管理者別に学習は最適化されていますので、同じアナリティクスのプロパティに対してインサイトが付与されるのではなく、ユーザーに対しインサイトが付与されるという仕組みになっています。

インサイトにはデータに関する質問もできる

インサイトを使用すると、見えない重要な情報を発見して改善につながる行動をができます。インテリジェンスパネルではアナリティクスによって生成されたデータを確認できたり、質問をすることもできます。

インサイトは、Webビジネスやマーケティングに対して影響を与えるユーザーの傾向と変化に関する情報を提供してくれます。たとえば、新規ユーザーの数が非常に少ない状況についてのインサイトを照会して、照会した情報を参考にユーザーの減少がさらに肥大化する前に対策を打つことができます。

また、インサイトは機械ながらも普段の言葉使いでデータに関する高度な質問をすることも可能です。レポートを使ってデータ分析したり、公式やコードを使ってデータ照会することに慣れていない人にも利用ができるものです。

例えば「どのページのアクセス数が一番多い?」と質問するとアクセス数の多いページをランキングにしてデータを返してくれます。ランキング形式は日本人にとってよく利用する手法なのでわかりやすくてとても便利ですよね。

参考元:インサイトと質問の回答を取得する

まとめ

サイト内ページが多く構成されるホームページを運営している場合は、1ページずつ注意しながら人の目を介して変化を分析するのは非常に大変で正確さにも不安が残ります。人気のあるコンテンツがある場合はどのページがどんな変化を出しているのかを正確に調べるのはとても骨の折れる作業です。

しかし、アナリティクスのインサイト機能でお知らせ機能を使うことで気づけなかったものを発見できたり、データからわかる効果的なSEO対策を知るチャンスにもなります。また、分析という点においてはインサイトの回答のみで判断するだけでなく、アナリティクス利用者にとって必要な情報を振り分けたり、より詳細な情報を分析したい人には質問の機能を持っていることも便利な特徴です。

さらに、これまでアプリ版では英語表記でしたが、ブラウザ版以降は日本語で閲覧できるようになったので、利用者の幅も格段と広がったものと言えますので、ぜひインサイトを活用してみましょう。

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です