ブログのキーワード選定方法8つの極意を紹介

キーワードを選定せずにブログを書き始めるということは、目的地を見失っているようなものです。何を書けばよいのか、どのような構成に基づいて、どんな結論に結びつくのかという道筋を見失ってしまうのです。

ブログの読者を増やし、集客するためにはキーワードの選定が不可欠です。自動的にあなたのブログを読みたい人が集まってくるわけではなく、気になるキーワードを検索して、上位表示されているものに集まってくるからです。

では、ブログのキーワード選定を正しく行うためにどのような点を意識すれば良いのでしょうか。ブログのアクセス数を伸ばし、より多くの人に読んでもらえるブログにするために覚えてお置いてほしい8つの極意をご紹介します。

1. ブログ1サイトにつき中心となるキーワードは1つとする

タッチ
まずブログを作成しているサイト全体に関して注意してほしいことは「1サイト1キーワード」という法則です。そのブログサイトの中心となっているキーワードに関連していないキーワードを盛り込んでいくと、何の情報を伝えているサイトなのかわからなくなってしまいます。

ではタイトルだけで見た「1サイト1キーワード」の重要性を確認してみましょう。

【NG例】

  • 2019年トレンドのジャージは?おすすめブランド10選
  • 今年の夏はこの水着で決まり!おしゃれな海水パンツ10選をご紹介
  • セーターとニットの違いは?冬の男子コーデ豆知識

【OK例】

  • 2019年トレンドのジャージは?おすすめブランド10選
  • ジャージの選び方を徹底解説!色とサイズのポイントは?
  • ナイキのジャージおすすめ10選をご紹介!

NG例では、「ジャージ」「海水パンツ」「セーターとニット」などキーワードがバラバラなタイトルが並んでいることにより、サイト全体がまとまりのないイメージになっています。

一方、OK例ではどのタイトルにも「ジャージ」という一貫したキーワードが入っているため、このサイトはジャージに特化した情報を教えてくれるのだ、とはっきりわかるでしょう。

ほとんどの読者はスマホを用いています。ですから、メニューバーが表示できるとしても、小さい画面で様々なカテゴリで大量の情報がバラバラに載せられているブログを見るのは大変です。マイナスイメージを作らない為にも、「1サイト1キーワード」を意識してください。

2. 1記事の中でもメインキーワードは1つにする

先ほどはサイトの中の話でしたが、次は記事の中でキーワードを選定するというものです。ここでも「1記事1キーワード」という法則にしたがってブログ記事を作成してください。SEOを考えているならなおさらです。この記事では何のキーワードについての価値ある情報が載せられているのか、という点をGoogleに理解してもらわなければなりません。

ユーザーが検索するどのキーワードにヒットしてほしいのかを頭に入れて記事を作成しましょう。記事のタイトルはもちろん、ディスクリプションや導入文、見出しにもそのキーワードをしっかり入れこむ必要があります。

1記事1キーワードを意識して記事を量産していけば、上位表示される可能性が高まります。多くても3つ以内のキーワードで記事を作成してください。例で考えてみましょう。

【NG例】「本棚・机・椅子・テーブル」

【OK例】「本棚」

NG例の場合、どれも家具というカテゴリに分けられますがキーワードが混在しているため、どれか一つのキーワードで上位表示を狙うことはできないでしょう。これらのキーワードをどうしても使いたいのであれば、「家具」という1つのキーワードにして、関連キーワードとして「本棚・机・椅子・テーブル」を使用することをおすすめします。一番良いのはOK例のように、幅の狭い1つのキーワードを使うことです。

3. Googleキーワードプランナーで検索ボリュームを調べる

グラフと虫眼鏡

SEOを意識しながら集客しやすいキーワード選定をするうえでGoogleキーワードプランナーは非常に効果的です。Googleキーワードプランナーはブログ初心者でも簡単に使えて、正しいキーワード選定が行えます。以下のようなメリットがあるため使用することをお勧めします。

  • 使いたいキーワードの検索需要がどれほどあるかが分かる
  • 使いたいキーワードに関連しているキーワードが分かる
  • 集客効果があるキーワードなのかがわかる

Googleキーワードプランナーで検索ボリュームを調べるなら、ブログに集まる人を増やしアクセス数を増やすのに効果的なキーワードであるかを判断できるでしょう。Googleキーワードプランナーの使い方を簡単にご紹介しましょう。

  1. Googleキーワードプランナー公式サイトにログインする
  2. 「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリック
  3. 1行に1キーワードを入力する
  4. 「開始する」をクリック
  5. 「過去の指標」をクリック

過去の指標には月間平均検索ボリュームが表示されています。競合性も合わせてみることが出来るので、自分のブログで扱って集客できるものかどうかを判断できるでしょう。

4. 共起語ツール・サジェストツールなどで関連キーワードを抽出する

正しいキーワード選定をするために共起語ツールやサジェストツールを使用しましょう。共起語とはキーワードと一緒に関連して用いられることの多いキーワードです。そして、サジェストとはキーワードと一緒に検索されやすい候補となるキーワードのことです。どちらも同じようなキーワードが抽出されるかとは思いますが、検索結果に基づいているのはサジェストの方だと覚えておきましょう。

共起語ツールを使用すると、使いたいキーワードの充足するものとして使える単語を見つけることが出来るでしょう。ただし、共起語ツールは検索意図に当てはまらない結果を出すこともあるため、同時にサジェストツールを使用する必要があります。実際の検索結果に含まれているキーワードなのかを確認しながら、選んでいきましょう。

SEOを意識して集客を狙ったブログのキーワード選定であれば、共起語ツールの結果は参考程度にします。記事の内容をより充実させて、さらに評価されやすい情報量豊かなふくらみのある記事にするためのサポートツールだからです。

5. 検索ボリュームの小さなキーワードから狙っていく

検索している女性

検索ボリュームを調べるとどうしてもボリュームの大きいキーワードを使用したくなってしまうかもしれません。確かにその方が検索エンジンで上位表示されやすいかもしれませんが、競争が激しいキーワードを使うと他のサイトに蹴落とされてしまう可能性があります。

ですから、まずは検索ボリュームの小さいキーワードから狙っていきましょう。検索するユーザーたちは、こちらが想像する以上に様々なキーワードを使用して情報を探しています。そのため検索ボリュームの小さい、それでも確実に検索している人はいるキーワードを選定して価値あるコンテンツ作りを行うことをお勧めします。

この極意は簡単に述べると「魅力的で読者にとって価値のある良質なコンテンツを増やし、スモールキーワードを検索するサイトの訪問者を増やしていく」というものです。このように地道に記事を増やしていけば信頼性が高まり、上位表示されやすい土台を作れるでしょう。

ただし、一部のビッグキーワードに検索が集中する人材業界などでは、スモールキーワードよりもビッグキーワードを使って勝負したほうがいい場合もあります。

6. サイトが強くなってきたら大きなキーワードを狙う

検索ボリュームの小さいキーワードを使って、ブログの記事数を増やしていき訪問者がある程度増えると、サイトは成長します。そしてGoogleからの信頼度も高まります。そのようになったら、次はビッグキーワードを狙いましょう。

ビッグキーワードの特徴は以下の通りです。

  • アクセスがキーワードに集中するためヒットすれば大きな価値を生み出す
  • 競争が激しいためGoogleの検索エンジン上位表示が変動しやすい
  • 質の高いライバルサイトが多いため比較されやすい

始めからビッグキーワードを狙うことには、比較されやすく順位変動しやすいというデメリットがついてきます。しかし、ある程度サイトが大きく成長しているのであれば、ヒットしやすく安定して上位に居座ることが出来る可能性が高まるのです。

7. ブログ内容とキーワード選定にずれが起きないようにする

矢印

ブログの中にキーワードをどれだけ含有すれば上位表示されやすくなるかという指標がわかるブログサイトもあります。Googleの検索アルゴリズムから判断することもできるでしょう。

しかし、含有率ばかりに注意を向けすぎてコンテンツ内容とキーワードにずれが生じてしまうと価値のないブログに成り下がります。適切で良質なコンテンツであると認めてもらえるように、ブログのキーワード選定をする際には、自分がそのキーワードに沿ってコンテンツを作成できるという自信があるものにしましょう。

キーワードを検索してブログを訪問してくれたユーザーが、記事の中にそのキーワードをいくつも発見するなら、安心して読み進めることが出来ます。しかし、内容のテーマと選ばれているキーワードにずれがあれば読者の離脱する可能性が高まるでしょう。

8. 過剰なキーワード詰め込みを行わない

ブログのキーワード選定をする時の8つ目の極意は、詰め込みを行わないことです。キーワードをできるだけたくさん記事の中に含めようとすると違和感のあるコンテンツになってしまいますし、10%を超える過剰なキーワードの詰め込みはGoogleペナルティの対象となります。

また、タイトルの中に同じキーワードを3つ以上含めたものも作為的なSEOとして質の悪い記事であると判断されてしまいます。Googleから「このサイトは検索エンジン上位表示されるためにわざとキーワードを詰め込んでいる」と判断されると、せっかく正しくキーワードを選定していても水の泡ですので注意してください。

キーワード選定の極意を学んで価値あるブログにしよう

ブログのキーワード選定を行うための8つの極意をご紹介しました。キーワードはスモールキーワードから狙い、サイトの成長とともに徐々にビッグキーワードを使うようにしていきましょう。

Googleキーワードプランナーや共起語ツール、サジェストツールを使用して検索需要のあるキーワードとそれに関連するキーワードを見つけ出すことが出来ます。Googleに嫌われないようにSEOを意識しながらもキーワードの詰め込みを避けて記事を作成してください。

キーワードを正しく選ぶなら、アクセス数は増え、集客できるためブログによる収入もアップすることでしょう。多くの人が集まってくるような、良質で価値のあるコンテンツを提供するためには、事前の準備であるキーワード選定が欠かせません。ご紹介した8つの極意を頭に入れて、サイトの価値を高めていきましょう。

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です