「知ってるつもり」のコンテンツSEOをおさらいしましょう

サイト内のコンテンツを検索エンジンに最適化することによって集客効果を狙う戦略は、今最も注目されています。これをコンテンツSEOとよびます。コンテンツSEOはWebサイトを使用したマーケティングに不可欠です。Webライティングを行う際にもぜひ注目してほしいコンテンツSEOの重要性や方法をご紹介します。

コンテンツSEO とは

コンテンツSEOのSEO(Search Engine Optimization)とは特定のキーワードの検索結果において、上位に表示されるよう対策をすることです。その採択の要素として内部的要素というものがあります。

コンテンツSEOはこのSEOの内部的要素に重点を置いている施策のことです。つまり、ユーザーと検索エンジンから評価してもらえるキーワードを使い、必要とされている情報を的確に、定期的にアップするという施策です。

コンテンツSEOを実践するポイント

コンテンツSEOを実践していくうえでどんなポイントを押さえておけばよいのでしょうか。GoogleのSearch Consoleでは次の2つのポイントが強調されています。1つずつ解説いたします。

参照:Google Search Console ヘルプ

興味深く有益なサイトにする

「人を引きつける有益なコンテンツを作成すれば、このガイドで取り上げている他のどの要因よりもウェブサイトに影響を与える可能性があります。」

つまり、他のどの施策よりも、コンテンツによる影響が最大である事を指しています。ユーザーが興味深く有益なサイトである、と感じればそれは他のユーザーにもシェアされていくことでしょう。

有益なサイトであるという口コミはブログ投稿、SNS、メールなどの手段を用いて拡散されます。しかし、口コミによってサイトの評判を高め、益になる情報を提供してくれていると思ってもらうためには、質の高い、興味深いコンテンツを作り上げることが不可欠です。

読者が求めているものを把握して提供する

「ユーザーがコンテンツを探すときに検索しそうなキーワードを考えてみましょう。他のサイトが提供していない、新しい便利なサービスを創造することを検討しましょう。」

ユーザーによる検索行動の違いを予測することによって、読者が求めているものを的確に提供することが出来ます。

例えばサッカーに関してほとんど知識がないユーザーは、「サッカー,ルール,選手,有名」といったキーワードを組み合わせて検索すると考えられます。
では、熱心なサッカーファンやサッカーについてかなりの知識を持っているリテラシーの高いユーザーならどうでしょうか。「fifa,プレーオフ」など、より専門的なキーワードでの検索行動が予測できます。

そのトピックについてよく知らない人と詳しい人、両者の求めているものを準備したコンテンツに仕上げるなら、検索行動の予測は不可欠です。

GoogleのサービスにコンテンツSEOの実践に役立つ以下のようなサービスがあります。

  • キーワードプランナー
  • 検索パフォートマンスレポート

コンテンツSEOを成功させるためには、ユーザーの問題を解決するコンテンツや、有益な情報をわかりやすく解説したコンテンツを準備しなければいけません。そのコンテンツがどういったものかを知る手がかりやヒントが、上記ツールで得る事が出来ます。

コンテンツSEO 5つの重要性

集客効果が安定的に維持出来る

コンテンツSEO最大の特徴は集客効果を安定的に得られるという事です。新聞広告やテレビCM、リスティング広告では時間がたつにつれて集客効果は失われていきます。しかし、コンテンツSEOの場合、一度コンテンツを公開すると永続的に集客効果を維持できます。

コストパフォーマンスの向上

長期的な目で見た場合、コンテンツSEOは他の広告や宣伝方法にくらべてかなりコストパフォーマンスが高いといえます。新聞広告やテレビCMでは一つの広告や宣伝でも200万円〜数千万円の費用が掛かることがほとんどです。
コストをかければかけるだけユーザーの目に触れさせることが出来ますが、同時に、コストをかけなければユーザーの目に触れる事はなくなってしまいます。

しかし、コンテンツSEOは社内でコンテンツを作成し追加していけば無料で集客効果を維持できるのです。もちろん弊社の様なコンテンツ制作会社に依頼することもできます。
かかるのは初期費用であるコンテンツ制作費用のみで、アクセスがうなぎのぼりに増えても費用は一切かかりません。無料自動集客マシーンとも呼べるでしょう。

潜在顧客との接点ができる

コンテンツSEOは、いわゆる「今すぐ客」ではない「まだまだ客」にアプローチ出来る手法でもあります。今すぐ客を獲得しながら、まだまだ客を教育出来るので、いずれ見込み客が枯渇してしまうというリスクを恐れずにコンテンツを作成することが出来ます。

例えば

「バリアフリー・リフォームの費用について」

という記事であれば、バリアフリーへのリフォームを検討しているユーザーにヒットするでしょうし、

「家の中に潜む高齢者事故の危険と対策」

というコンテンツを公開する事で、今はバリアフリーリフォームを考えていないが、自宅の祖父、祖母の事故を心配している家族に対してリーチ出来ます。

社員の業務効率化

お客様獲得、またお客様対応への時間が大きく削減され、社員の業務効率化、またコストカットにつながります。

コンテンツマーケティングが施されたサイトは、情報量が膨大です。

その分野における、ユーザーの疑問は、そのサイトを見れば解決するはずで、ユーザーも自身で情報を取りに来ます。

社員が電話でつきっきりになって1日中説明しなくてもよいのです。

まだまだ客だったユーザーが、教育された状態で、今すぐ客になって、どんどんあなたのサービスに申し込んでくるはずです。

企業の信頼度がアップする

コンテンツSEOを実践している企業は、ホームページにたくさんの有益なコンテンツがあります。漠然と「バリアフリー・リフォーム」と検索行動を起こしたユーザーにとって、どちらが魅力的でしょうか。

  • リフォームの方法のみを提供しているホームページ
  • リフォームに関する知識やノウハウ、高齢者の生活を支えるサポートやサービス内容の情報が充実しているホームページ

確実に、より多くの情報をコンテンツとしてアップしているホームページが有益なサイトとして評価されます。

インターネットで検索し、その情報だけで判断する今の時代、コンテンツSEOは企業への信頼度の向上につながります。

コンテンツSEOが重要な2つの理由

検索エンジンからの評価を上げる事でユーザーを獲得する事が出来る

以前は外部リンクの多いサイトが良いサイトとして評価されていました。意図的に外部リンクを貼ったり、低品質なコンテンツの掲載をしたりしているサイトには検索エンジンによりペナルティが与えられます。

このように検索エンジンによる評価の方向性が変化したことによって、否が応でもコンテンツSEOに注目せざるを得なくなったとも言えます。いずれにせよ、ユーザーにとって本当に価値のある有益なコンテンツを提供するという戦略が必要なのです。

ユーザーの問題が解決して購買行動に繋がりやすくなる

インターネットが普及していなかった時代は、企業側から購買行動を引き起こさせる必要がありました。

しかし、今の時代は消費者自身が検索エンジンを利用して自分のニーズに合ったコンテンツを発見できるようになっています。そして有益な価値ある情報を発見することによって購買行動が引き起こされています。

ですから、多くの人が集まる検索エンジンで、ユーザーが検索した時に上位に上がるコンテンツを作成しなければ、集客効果へとつながりません。

また、口コミや比較サイトなどを使用して信頼度をチェックする行動も起きています。情報共有だけではなく体験を共有するようになってきている点にも注目です。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOはどちらもユーザーをファン化させる事が目的

コンテンツSEOはコンテンツマーケティングに欠かせない戦略です。コンテンツマーケティングとは価値あるコンテンツを定期的に提供し、ユーザーがそのコンテンツを定期的に閲覧するようになり、最終的にサイト運営者の目標に達してもらう(商品購入など)手法です。
コンテンツ提供方法はブログ、動画など様々な方法があります。

コンテンツマーケティングはそのコンテンツによって潜在層のユーザーをリサーチし、集客し、検討具合を引き上げていきます。そして顧客をファン化させることによって成り立っています。

ただし、コンテンツを作ったからと言ってあらゆるサイト上で常に上位に表示されるとは限りません。コンテンツマーケティングとコンテンツSEOを組み合わせる場合、価値あるコンテンツを充実させることで、より自然に顧客と接触するという目的を忘れないようにしましょう。
価値あるコンテンツの定義については、また別の記事で解説します。

とにかくコンテンツSEOをスタートしてみましょう

まずは自社サービスについての記事を書いてみましょう。

コツはたくさんありますが、スタートしないよりよいでしょう。

注意点として、記事を書く際、検索ユーザーに有益な情報を与えるという点です。

有益な情報とは、ユーザーがまだ知らない情報なので、得たときには驚きや感動があります。反対に、検索ユーザーにとって、驚きや感動の無い記事は、ユーザーからもgoogleからも評価を得られない記事となり、誰にも見られる事はなくなります。

この点に気をつけながら、コンテンツSEOにまずは取り組んでみてください。

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。