コンテンツマーケティングに効果のある6つのコンテンツを詳しく紹介

googleで「コンテンツマーケティング」について検索すると多くの記事が検索に見られるようになりました。その中でもほとんどの方が、ブログによる情報発信がコンテンツマーケティングにおける最も効果的な方法として紹介されています。これらを閲覧したユーザーの方も「ブログをやっていれば間違いなく効果が出せる」と思ってしまっている人もいますよね。

確かにブログ記事は情報が集約されており自分のサイトが世間に認知されるアプローチとしてでなく、読み物としても気軽に利用できることはユーザーが記事を読むときの理由にもなると思います。

しかしながらコンテンツマーケティングにはブログによる情報発信以外に扱えるコンテンツの種類はさまざまなものがあります。

今回は、コンテンツマーケティングで成果を上げるために効果的な6つのコンテンツの種類について詳しく解説していきます。

効果的なコンテンツ6種類には認知獲得と購買意欲の意味がある

オンライン上のコンテンツマーケティングにおいて、効果が出やすい6つのコンテンツを紹介します。

ユーザーの購買欲求の度合別にした上記のイラストのように、左から右に行くに従って購買へと近づいていきます。

例えば、ブログなどで更新する記事は多くの潜在顧客に見てもらうために最も効果的なコンテンツで、導入事例やお客様の声やFAQは、購買意欲の高いユーザーに対して最後の一押しをするときに最も効果が出るコンテンツであることを表しています。

記事を見たユーザーは興味を持ちはじめ、サイト内で配布しているeBookや無料動画を見た後、具体的な商品資料を手に取り、口コミやFAQで専門的な疑問を解消させて最終的なCVに直結する、という認知獲得から購買意欲までのプロセスを論理的に経て顧客獲得につながります。

また、FAQで購買意欲を持ってから、ブログ閲覧まで逆のプロセスで顧客獲得に繋がることもあります。どのようなコンテンツで動線を用意して顧客獲得を進められるマーケティングができるかが重要ということですね。

1.ブログ系の記事

ブログ系の記事には潜在的な顧客を多く集めて、多くの人にその商品・サービスを認知してもらうためには、ブログ系の記事作成による集客が重要という事は皆さんご存知の通りです。

Web上には大量の情報が公開されている中で、記事制作をもとにしたコンテンツSEOを成功させるためには、結果(CV)に直結するSEOの知識を身につけて実践しなければなりません。

基本であるユーザーのペルソナ像の設定から、具体的なキーワードの選定方法やタイトルのつけ方、またある程度のスキルが必要になりますが、検索エンジンに効果的な記事の書き方を実践しないと、現状は上位表示が難しいです。

Googleもアルゴリズムを更新してアップデートを繰り返すことで、検索ユーザーの目的やニーズに合った回答(サイトページ)を瞬時に表示するように成長していってるので、ブログによるコンテンツマーケティングはユーザー目線で記事制作をおこなう必要があります。

ブログ系の記事は読み物にもなるので、検索ユーザーにとって利用しやすいサイト構成も重要です。いかに情報量に富んだページコンテンツでも、見やすさや利用しやすさが欠けてしまうとせっかく訪問してくれたユーザーも継続して利用してもらえないこともありますので、ユーザー視点を重きにおいたSEO対策を施した記事制作をしましょう。

2.eBook

eBookと聞くとパッとはなかなかイメージしにくいものかもしれません。eBookとは、自社の商品やサービスに関するノウハウ、調査データなどの確定情報をPDFなどの電子データにして無料提供するものに指します。

ebookはホワイトペーパーとも呼ばれることがありますが、自社コンテンツの専門性をアピールしてサイトのブランディングを進めることが可能です。

また、資料としても印刷することができるので、会社における経営層への提案や真剣に購買を考えている顧客を見込顧客にするときに役立ちます。

eBookもブログ記事と同じように精巧な内容で作るのは大変ですが、一度でも作ってしまえば継続的に見込顧客の獲得に利用できるので費用対効果が非常に高いコンテンツとなります。

3.Webセミナー

Webにおけるマーケティングツールとして多くの企業が取り入れているのが、動画コンテンツによる無料セミナーです。

自社の専門性や信頼性をアピールして購買につなげやすいコンテンツとしてWebセミナー動画が注目を集めています。

このWebセミナーを実施すると期待できる効果は、専門性のアピールだけでなく、顧客との信頼関係の構築ができます。動画を通じて画面上で相手の姿を見れる状態となりますので、見込客側からするといわゆる「先生」として認知されてその後の購買行動に誘導しやすくなりますね。

Webセミナーは会場に足を運ぶ必要がないので気軽に参加者として見られるのが最大の特徴です。スマホが普及している現代では、参加者は任意で発表者に質問できたり、参加者同士のオンライン上でコミュニケーションを取れる場合もあったりと便利なコンテンツです。

また、Webセミナーでは参加者のリアルタイムにおける行動を分析できます。Webセミナーにおけるコンテンツへの関心についてや参加者数などをリアルタイムで把握できるのもマーケッター側に取っても扱いやすいものです。

さらにWebセミナーはコストメリットが非常に良いです。参加者はライブセミナーをその場で見られて、マーケッターは幅広いオーディエンスに対して最小限コストでリーチできます。YouTube動画コンテンツを利用することで無料で配信ができるほか、配信終了後のアーカイブとして後から何度も見返せるのは便利な部分ですね。

4.商品資料やサービス資料

商品やサービスの資料はBtoBの商品やサービスで効果が非常に高いコンテンツとなります。

しっかりとしたデザインや内容をデータ資料にまとめておくことによってそれらを見たユーザーの信頼感が増しますし、社内での新しい提案をするときの重要な資料としても使えます。

また、競合会社との比較にも利用されますので競合会社に見た目や内容、クオリティ面で負けないしっかりとした資料を作っておく必要があります。

5.導入事例やお客様の声

自社の導入事例やお客様の声を調べているユーザーの多くは、すでに商品購入やサービス導入を検討している最後の段階にいるユーザーと考えられます。

検討している心理として「どんな人が、何のために、どんな時に、この商品を利用しているのか、どのように思っているのかを知りたい」ということが考えられます。

製品やサービスの検討をしている顧客は自社のニーズに合っているかどうかを判断するための情報を常に求めています。実際に商品やサービスを導入した企業の確かな情報で機能や効果について語られているので、客観視された信頼性の高い情報として顧客に受け入れやすいでしょう。

導入事例やお客様の声があると、購買行動に最後の後押しをすることができますので、確実に用意しておきたいですね。

6.FAQ(よくある質問)

訪問してきた多くのユーザーは、FAQをせずに自分で調べて疑問を解決する方が良いと考えています。

サポートサービスの課題のひとつに「高い品質のサポート」を「低いコスト」で供給することが挙げられています。それらを実現する施策で顧客自らが問題解決にあたるセルフヘルプがあり、セルフヘルプでよく利用されている方法がFAQです。

しかし、専門的な内容の疑問は自分で調べるだけでは正確な答えを導くことはできません。FAQによる自己解決の手段がしっかり提供されていることはユーザーにとって単に嬉しいだけでなく、企業側の対応コストを減らすことにもつながりますね。

ただしFAQはいかにサポートに有効に組み込まれているのかが重要です。問い合わせの実態や内容の分析をしているFAQであるべきでしょう。使う人たち見合ったものでなくてはならないのです。

ただ闇雲に質問と答えを並べるだけでは、ユーザーの問題を解決することはできないことは注意しましょう。

顧客の検討プロセスに合わせてコンテンツを見せていく

ここまでで紹介した6つのコンテンツを作ったとしても、それぞれを個別に効果を上げようとすると偏ってしまい失敗してしまうこともあります。
複数のコンテンツを顧客の購入検討プロセスに合わせ、段階に応じて配信していくことが重要です。

購入までの流れの中で配信するコンテンツを下記の流れでまとめてみました。

まずGoogleやYahooなどの検索エンジンからブログ記事へ検索ユーザーを誘導して、サイト内のメルマガ購読に向けて促します。

次に、メルマガ購読にはeBookなどのダウンロードを無料オファーとして設定し、購読してもらう確率を上昇させることを狙います。

メルマガ購読後は、自動的にWEBセミナーを7日間のステップメールで配信してから資料請求やお問い合わせに誘導します。

ここまでで商品に対する興味や関心が高まっているユーザーに対して導入事例やお客様の声、よくある質問などを効果的に配信して購入への最後の後押しをしていきます。

こういった誘導の流れを構築することによって、自動的に集客や商品サービスの販売が可能になります。成功例としては、英会話サイト「Berlitz」の集客が挙げられます。週にわずか1記事の更新だけで月間65万PVや、月間問い合わせ数200件超という大きな成果を出した背景としては、ここまでの解説における誘導の流れを体現していたからと考えられます。

効果的なコンテンツマーケティングにおける最初のアプローチとして制作される記事に関してお困りの場合でしたら、SEOに強い記事を制作しております記事作成代行屋へお気軽にご相談ください。

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です