サーチコンソールでドメインプロパティの設定手順を詳しく解説

ドメインプロパティの設定方法

ドメインプロパティを設定するにはドメイン所有権をTXTレコードで確認する必要があります。サーチコンソールに表示されるTXTレコードをレンタルサーバーのDNS設定で追加します。下記が作成手順となります。

1.プロパティを追加

サーチコンソールにアクセスし、左上にあるドメインをクリックすると既に設定されている場合は一覧表示されるので、最下部にある「プロパティを追加」を選択します。
2.ドメインプロパティにドメイン名を入力する

ドメインプロパティにhttp://などが付けずにドメインを入力して続行をクリックします。

また、下記のような入力によってドメインかサブドメインで振り分けられます。

example.comを入力した場合 subdomain.example.comを入力した場合
http://example.com http://subdomain.example.com
https://example.com https://subdomain.example.com
http://subudomain.example.com http://blog.subudomain.example.com
https://subudomain.example.com https://blog.subudomain.example.com
http://example.com/path http://subdomain.example.com/path
https://example.com/path https://subdomain.example.com/path

3.DNSレコードで所有権を確認する

サーチコンソール に表示されるTXTレコードをコピーしてから、利用しているレンタルサーバーの管理画面にアクセスして、TXTレコードの貼り付けをします。その後、確認ボタンをクリックすると「所有権が確認できました」と表示されます。

また、すでにTXTレコードを使用して確認済みの場合はドメインを入力して「続行」をクリックすると、「所有権を自動確認しました」と表示されます。

4.新しいドメインプロパティへようこそと表示後、開始をクリック

「新しいドメインプロパティへようこそ」と表示されるので、「開始」をクリックすると登録したドメインのデータを確認することができます。

ドメインプロパティは自動作成される

次の URL はすべて有効なドメイン プロパティ定義です。

  • m.example.com
  • example.com
  • support.m.example.org
  • support.m.example.co.es

www は無視されます。 プロパティ名に www を追加しても www は無視されます。たとえば、プロパティ URL として www.example.com を指定すると、example.com というプロパティが作成されます。

参考元:ウェブサイト プロパティを追加する

設定手順でも触れましたが、現在のサーチコンソールのドメインプロパティは、以前に登録したプロパティで所有権の確認にTXTレコードを使用している場合、新しいドメインプロパティは自動作成されます。

旧サーチコンソールでは、プロパティセットを手動作成することで、複数のサイトデータをまとめて集計してレポートを作成できました。しかし、新サーチコンソールでは自動で作成されますが含まれるサイトを個別に選択ができません。上記の条件に該当されるURLはすべて含まれます。

しかしながら、特定のサイトのレポートだけを知りたければ、個別URLをサーチコンソールに登録してそのURLサイトのプロパティを作成すれば済む話です。もしくは、ドメイン プロパティのレポートでフィルタをかければ絞り込みできます。

したがって、自動作成には利便性に大きなメリットがありますね。ドメインプロパティは使いこなすと便利な機能なので、サイト運営者にとって欠かせない機能ですね。

ドメインプロパティを作成するとどんなメリットがある?

ドメインプロパティを作成するメリットとして、1ヶ所でデータがまとめて集計されるのでサイトの全体のデータを一括で把握することができます。

例えば、インデックスカバレッジで複数のドメインのインデックス状況を把握したい場合、ドメインプロパティを作成することでサイトマップでフィルタをかけるとインデックス状況をそれぞれ見ることができます。

また、余談ではありますがサーチコンソールには「フィードバックを送信」で利用者の意見や要望を送信することができますので、フィルタを容易にかけたいことを送信するのもいいでしょう。

ドメインプロパティはデータを管理する中核機能

ドメインプロパティとは、複数のサブドメインデータを統合してレポートにするものを指します。新サーチコンソールから標準搭載されるようになりました。旧サーチコンソールでは、プロパティをまとめて確認するにはプロパティセットでまとめて確認することが可能でした。しかし、プロパティセット機能は2019年3月以降廃止となっています。

ドメインプロパティでは、DNSに対して認証作業をするだけで、複数のドメイン別にプロパティを作成する必要はありません。ドメインプロパティはプロパティセットの代替機能になるため、データ管理するうえで中核的な機能と言えますね。

 

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です