最重要SEO要素「E-A-Tコンテンツ」の専門性・権威性・信頼性についてガイドラインを元に解説

E-A-Tコンテンツとは、GoogleがSEOの重要な指標として検索品質評価ガイドラインで発表している、専門性・権威性・信頼性を、それぞれの頭文字をとって作られた言葉です。

引用:Google General Guidelines[pdf]

具体的にどのようにすれば「E-A-Tコンテンツ」となるのでしょうか。SEO要素である「E-A-Tコンテンツ」とは何か、どのように取り入れることが出来るか、徹底解説いたします。

そもそもE-A-Tコンテンツとは何か?

Googleのコンテンツ検索品質評価ガイドラインによると、「高品質なコンテンツにはE-A-Tがなければならない」とはっきり記されているため、今後Webライティングを行っていくうえでどうしても考慮しなければならない要素といえます。

Google General Guidelinesではこの様に記されています。

“評価されるための最初のステップはページの本当の目的を理解することです。
ユーザーを助けるという目的を持たないで作成されたものや、有害なもの、誤解や詐欺になりかねないページなど、有益な目的のないページは最低評価となります。

有益な目的を持つすべてのページでは専門知識・権威・信頼性が非常に重要です。
あらゆる種類のWebサイトがありますが、専門家によるものは特定のトピックに関する貴重な支点で有益な情報を提供できます。

例えば、高いE-A-Tのある医療アドバイスは適切な治療を受けている人や医師、または組織によって作成されるべきです。専門知識による情報は定期的に更新する必要があります。

また、科学的コンテンツは適切な科学的専門知識を持つ人々や組織によって作成されるべきであり、十分に確立された科学的根拠を示すべきです。

財政、法律、税金などに関するアドバイスも信頼できる情報源からもたらされるべきであり、定期的に更新されるべきです。

生活環境に影響を与えるもの、家族の将来の幸福に影響を与える可能性のあるトピックに関しても、信頼できるE-A-Tの高いアドバイスを与えることが必要です。
趣味に関するページでもE-A-Tを高めるには専門知識が必要です。”

引用:Google General Guidelines[pdf]

E-A-Tコンテンツとは下記の言葉の頭文字を並べたものです。

Experience(経験≒専門知識)
Authoritativeness(権威性)
Trustworthiness(信頼性)

こうした3つの要素が高い記事は高品質なコンテンツとみなされます。反対にE-A-Tコンテンツがない記事の場合、品質が低いとみなされ最低評価となります。では、E-A-Tコンテンツについてもう少し詳しく掘り下げていきましょう。

Experience経験≒専門知識

専門性があるコンテンツとは、必ずしも専門家の知識が必要だとGoogle General Guidelinesには記載されていません。Experienceという単語に経験という意味がある様に、人の経験が立派なコンテンツになると記されています。

その他、情報のソースがはっきりしていることや、そのサイトでしか得られない情報があると専門性が高い、といえます。専門性を高めると集客率は高まり、ユーザーの滞在時間も長くなります。SEOで上位表示を狙うのであれば、このような「専門性」を高めたWebライティングを行う必要があるでしょう。

Authoritativeness権威性

権威性があるとは、その分野で誰もが認める権威を持つサイトを示しています。

  • 研究機関のサイト
  • 国が運営しているサイト
  • 学校法人
  • 公的機関
  • 賞を獲得している研究者のサイト
  • 賞を獲得している写真家のサイト

しかし、これらのサイトを運営している方は少数です。
多数は、この様な誰もが認める権威あるサイトの運営者ではありません。

権威性とは、ユーザーを下記の様な状態にする事です。

  • この人が言っている事に従う
  • この団体が言っている事は正しい
  • このサービスは間違いない

ユーザーが「正しい」と認めてその情報に従ってくれる事が出来れば権威性があるといえるのではないでしょうか。

反対からみて、「権威性がある国のサイトなどはどのような状態か」を見れば、権威性があるサイトの状態が見えてくるかもしれません。

  • 被リンクを多数獲得している
  • 権威あるサイトから被リンクを獲得している
  • ソーシャルメディアで重要な情報として拡散されている
  • 指名検索を多数受けている

反対からSEO対策(E-A-T対策)を行っては本筋から逸れた対策になりそうですが、ヒントにはなりそうですね。

Trustworthiness信頼性

信頼性とは、ユーザーが自分の探す情報が見つかる、と信頼できるサイトにすることです。専門的なコンテンツを提供し、権威あるオーナーが運営しているなら自然と信頼性も高まるといえます。

そのためには引用元や根拠を明示すること、より詳しくわかりやすく記事を書くことが求められます。
「特定商取引法に基づく表示」や「お問い合わせ」、「プライバシーポリシー」なども信頼性を高めるためには必要なものです。

E-A-Tコンテンツには研究機関も専門家もいらない

E-A-Tコンテンツとは専門性・権威性・信頼性が高いコンテンツであるといえます。では専門家でないとならないのでしょうか。研究機関など権威のある組織や人でなければE-A-Tコンテンツを作成することはできないのでしょうか。

この点に関して、グーグル公式発表物である検索品質評価ガイドラインによると、このように述べています。(以下翻訳は筆者により、抜粋しています。)

“正式な専門知識を必要としない場合もあります。多くの人が製品やレストランなどのレビューを書きます。多くの人がブログで人生の経験を共有しています。これら一般人はあるトピックにおいて専門家とみなされます。

コンテンツの作成者が専門家になるような知識や経験を持っていると思われる場合はサイトに不利益を与えることはありません。日常の専門知識の一形態と言えるでしょう。

例えば自分の愛する人が肝臓がんを持っていたという経験を共有するページがあるとしましょう。実際に経験したことは専門知識といえます。
しかし、具体的な医療情報やアドバイスを与えることはふさわしくありません。それは人生経験ではなく医師や医療専門家から得られるからです。
このように専門知識の基準はページのトピックによって異なるでしょう。”

つまり、専門知識がないとE-A-Tコンテンツが作成できない、ということはありません。専門家でなくても研究機関でなくても、あなたでもE-A-Tコンテンツを作成することが出来ます。

E-A-TコンテンツによってSEO対策を行うには、事実を分かりやすく詳しく書けばよいのです。

信頼できる根拠を提示しながら詳しくWebライティングを行えば、自然とそのコンテンツは信頼できるものとなります。ある特定の分野に関してよく調査して信頼できる情報を掘り下げて書けば専門性のあるコンテンツとなるのです。

信頼出来て専門性があり、なおかつ分かりやすく読みやすいコンテンツは人気が出て、読者の評価により権威性を付されるサイトとなるでしょう。

E-A-Tコンテンツを作る際の3つのポイント

E-A-Tコンテンツを作るにはどうすればよいのでしょうか。Webライティングを行うどんな方にもE-A-Tを重視したコンテンツ作成が可能です。そのためには次のようなことができます。

サイト責任者についての情報を掲載する

Webサイトの責任者をハッキリさせることで、E-A-Tコンテンツかどうかの評価は変わってきます。
例えば、特にユーザーの生活に影響を与える可能性が極めて高いとみなされる金融・医療・法律に関しては専門家によるコンテンツの作成が必要ですが、その分野に関する経歴などを明記することで専門性や権威性の高いコンテンツとすることができます。

商品を紹介する際には商品の開発者や営業の責任者などの情報やコメントを載せることができればE-A-Tコンテンツとなります。記事やサイト責任者が不明な場合、質が低いという最低評価を受ける覚悟をしてください。

専門性の根拠を載せる

専門性を高めるために、自分が持っている知識の根拠を提示しましょう。
専門性の証拠として学歴や資格、認定などを提示しましょう。もし、そうした専門性の証拠がない場合、E-A-Tコンテンツとはみなされず、Googleによる評価は低くなります。

では、ライター自身が専門性の証拠を提示できない場合はどうすればよいでしょうか。
特定の分野で掘り下げて記事を書く事と、その際、公的機関や権威性・専門性のあるソースを使用し、根拠として明記すれば評価を高めることが出来るでしょう。

品質の低いページは作り替える

1つの品質の低いページがあると、そのサイト全体に対するE-A-Tの評価が低くなります。ですから、サイト自体がE-A-Tコンテンツとして高い評価を得られるように、質の低いページは作り替えましょう。もしくはいったん削除して始めから作り直すことを考えましょう。

例えば、これまで専門的な知識がないまま医療情報を提供していたなら、いったん削除して専門の医師からインタビューする、もしくは実際に記事を書いてもらうなどの方法で作り替えることができます。

もしくは、自分の経験を専門知識として提供する場合は、治療を受けた経験であり具体的な医療知識ではないことを明記しましょう。そうすればその体験談や感想は専門性のあるコンテンツとなるでしょう。

E-A-Tコンテンツをgoogleからのアドバイスと捉えよう

2017年と2018年にあった大きなgoogleアップデートは、ユーザーの不利益になる記事やサイトを排除しようというものでした。

E-A-Tコンテンツとは、その延長線でますます重要視されている、コンテンツ指標といえます。

E-A-Tの頭文字である、専門性・権威性・信頼性は、誰から見ても重要なものであり、googleは単に、コンテンツ制作のアドバイスをしてくれている、と捉える事が出来るかもしれません。

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。