簡単な「である調」と「です・ます調」の使い分け方

webライター

普段文章を書くとき、あなたはですます調とである調、どちらをよく使用するでしょうか?
です・ます調とである調では、文章から受ける雰囲気や読み手との距離感などが変わります。

です・ます調を使うことがふさわしい文章と、である調を使ったほうがよい文章には、違いがあるのでしょうか?この記事では、です・ます調とである調について適切に使い分けをするための簡単な方法をご説明します。

です・ます調は「敬体」、である調は「常体」

です・ます調は、文法としては敬体(けいたい)といいます。「です」「ます」の他、「でございます」など、文章の終わりに丁寧語を用いて文体を統一した文章の様式をいいます。
一方の常体(じょうたい)とは、文章の終わりを「だ」「である」など、敬語ではない普通の言葉を用いた文章の様式をいいます。バリエーションとしては、「だ」「である」の他に「ではなかろうか」「であろう」などがあります。

です・ます調のメリット・デメリット

です・ます調を使うメリットは、読み手に丁寧な印象を与えることです。読み手が不快な思いをしたり、意見を押し付けられている気がしづらかったりするという特徴があります。
手紙や子供向けの読み物については、です・ますが使われていることが多いです。
小学校で初めて作文を習うときは、です・ます調から教えることがほとんどです。
コミュニケーションを円滑にするために、読み手や聞き手への配慮がなされた敬体を基本形として教えるのでしょう。

敬体を不用に使いすぎることで生じうるデメリットは、文章がよそよそしい印象になりがちという点があります。また、である調よりも文章が長くなりがちなので、短く簡潔な文章を書きたいときは、適さないことがあります。

常体のメリット・デメリット

常体のメリットは、伝えたいことの趣旨がクリアに簡潔に伝えられるところです。新聞記事、レポート、自伝などは、常体で書かれていることが多いでしょう。文字数に制約がある中で余すことなく、自分の考えを伝えるというシーンに適しています。
一方、常体のデメリットとしては、丁寧さにはかけるため、目上の人に見てもらう文章に使うと失礼な印象を与えてしまうことがあります。また、語尾が強い印象があるので、読み手によっては読みづらい、親しみにくいと感じる場合もあります。

敬体と常体の使い分け

敬体で書かれた文章にも常体で書かれた文章にも、それぞれメリットとデメリットがあります。どちらも日本語として正式な文体であり、どちらが優れているという優劣をつけることはできません。

大切なことは、伝えたい内容、相手、シーン、媒体にあわせて、より適切なほうの文体を選択していくことです。文章にしても口頭にしても、言葉は、その内容を伝えるためのツールですので、より相手に伝わりやすく受け止めやすい体裁にすることに大きな意義があります。

敬体と常体の使い分けに迷ったときは、読み手が誰かを想定すると、簡単に判断がつくことがほとんどです。目上だったり距離が遠い読み手だったりする場合は、敬体がふさわしく、同じ目線で物事をはっきり伝えたいときには常体が読みやすいでしょう。
エッセイや小論文などどちらの文体でも馴染む文章を書くときは、自分が書きやすいほうの文体を選んで書きましょう。

原則、敬体と常体は混ぜて使ってはいけない

敬体と常体はどちらも正しい日本語であり、どちらを使っても間違いということはないのですが、同じ文章の中で混ぜて使うのは、基本的には不適切です。

文章をよく読み返さずに公開している印象を受けますし、体裁がばらばらだと見た目が悪いためです。無意識に使ってしまうと、トーンの不統一から、伝えたい内容のメッセージ性が薄まってしまうこともあります。

例外的に、敬体と常体を一緒に使ってもよいことがある

原則としては、敬体と常体は混在させてはいけませんが、例外のないルールはありません。この原則の例外として、台詞部分など敬体が自然な箇所や、反対に箇条書きなど常体が馴染む箇所のみ、全体の文章の様式とは逆のまま使うことがあります。

また、敬体の文章の中で、ある一部分の文章を強調するために、その部分のみ意図的に常体を使用することもあります。

例えば、以下のような文章のような例があげられます。

彼は森の中をひたすら走り続けました。走り続けることで、消し去りたい記憶をすべて過去においていく-。黙々と走る彼の姿はそのような決意を物語っているようでした。

最後に

いかがでしたでしょうか?何気ない表現のようで、実は文章全体の印象を左右する敬体と常体の使い分けや、混在させていけない場合とさせてもよい場合を学び、効果的なライティングをしましょう。

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。