体言止めのメリット・デメリットと文章にリズムを作る効果的な使い方

文章を書く手法の一つに、“体言止め”というものがあります。
体言とは、名詞や代名詞のこと。
つまり、「名詞や代名詞で文章を止めること」を体言止めといいます。
体言止めは、「余韻を残す」「文章をリズミカルにする」などの効果がある大変便利な手法です。
しかし、一方で使い方に気をつけなければいけない手法でもあります。
間違った使い方で体言止めを多用すると、とても読みにくい文章になってしまう恐れがあるのです。

体言止めの使い方

tanaka61
記事を作成しているとき、文章の終わりが“〜です”“〜ます”“〜でした”ばかりになってしまい、不自然な文章になってしまうことがありませんか。
そんなとき、効果的に使えるのが体言止めです。
以下の例文をご覧ください。
「今日は良い天気です。絶好の洗濯日和です。」
“です”が連続していて、違和感を感じますよね。
まるで事実を述べているだけのロボットのようで、少し堅い印象を受けます。
この文章に体言止めを使うと、以下のようになります。
「今日は良い天気。絶好の洗濯日和です。」
“天気”で文章を止めることによって、“天気”という名詞の余韻が生まれました。
この余韻を感じながら次の文章に移行することによって、文章全体にまとまりができ、よりイメージが広がりやすくなるのです。

体言止めは文章によって使い分けよう

上記の例文では“天気”で体言止めをしましたが、“洗濯日和”で体言止めをすることもできます。
しかし、その場合は注意しなければならないことがあります。
「今日は良い天気。絶好の洗濯日和。」
体言止めを使いすぎると、もはや文章ではなくラップの歌詞のようになってしまいます。
本来伝えたい意味がまったく伝わらなくなってしまいますので、体言止めの使い方には十分気をつけるようにしましょう。
「今日は良い天気です。絶好の洗濯日和。」
確かに“洗濯日和”で余韻は生まれますが、生まれた余韻がかかる後の文章がないので、文章が終わったように感じられず、中途半端な状態になってしまいます。
後に文章が続くなら、このような体言止めでも違和感はありませんが、後に文章が続かないのであれば、話題の終わりに体言止めを使用するのはなるべく避けたほうが無難でしょう。
しかし、文章の意図によっては、話題の終わりに体言止めを使用しても効果的になる場面があります。
以下の2つの例文をご覧ください。
「私の瞳に映ったのは、息を呑むくらいに美しい景色でした。」
「私の瞳に映ったのは、息を呑むくらいに美しい景色。」
どちらも文章として違和感はありませんが、上の文章は説明口調で、下の文章はより景色に感動しているように思えます。
このように、体言止めは“感情をより強く表現する”効果もあるのです。Web記事作成で必要な場面は限られてくると思いますが、覚えておくとよいでしょう。

体言止めのメリットとデメリット

a checklist on a sheet of paper, a pen on a wooden table
↑体言止めのメリットとデメリットを把握して適切に使いましょう。

体言止めは文章を書くうえでとても効果的な手法ですが、メリットだけではありません。
簡単にまとめてみましたので、把握しておきましょう。
◆メリット

  • 事実を短くまとめ、簡潔に表現することができる
  • 体言の余韻を残すことができる
  • 読み手のイメージが広がりやすくなる
  • 文章をリズムよく読むことができる
  • 字数を規定の範囲内に収めるために活用することができる

◆デメリット

  • 文章が軽くなる
  • 文章に品格がなくなる恐れがある
  • 使い方を間違えると文章が途切れてしまい、リズムが崩れる
  • 文章の意味が通じにくくなる場合がある

このメリット・デメリットを見比べてみてわかることは、体言止めは程良いバランスで使用しなければならないということです。
Web記事は文学小説のような作品とは違い、ある程度の軽さ、親しみやすさが求められることが多いですよね。
しかし、軽すぎる、あるいは馴れ馴れしい文章は好まれていません。
文章が軽くなる効果のある体言止めを使い過ぎると、読み手によっては「馴れ馴れしい」と感じる可能性があるのです。
また、Web記事作成はあらかじめ決められた文字数内で執筆することがほとんどです。
文章を書きすぎてとても長くなってしまい、後から削ることに手間取って余計な時間を使ってしまった、という経験もあるかと思います。
そうならないように、常に体言止めを意識して文章を書くことをオススメします。

文章作成がうまい人はリズムがしっかりできている!

確定申告・女性
↑書いた文章を繰り返し推敲して確認することが大事です。

体言止めには文章をリズミカルにする効果があります。
緩急がつくといってもよいかもしれません。
“〜です”“〜ます”“〜でした”といった文章が続くと、文章全体が冗長に感じられ、読むことに飽きてしまったり、違和感を感じ続けイライラしてしまうということが起こってしまいます。
文章作成がうまい人の文章を読んでみると、とても軽妙に、かつその場面に合ったリズムで文章が書かれているのがわかります。
例えば、文豪・太宰治の作品「走れメロス」は、体言止めを非常にうまく活用している小説としても有名です。
体言止めをうまく使用することによって、文章のリズムが速くなり、走れメロス特有の疾走感を演出しているのです。
体言止めの使い方によって文章の印象はだいぶ変わってきます。
文章全体を見ながら程良い頻度・バランスで体言止めを使用すると、文章がリズミカルになり、“飽きにくく読みやすい文章”を作ることができます。
体言止めを使いこなせるようになるには、自分が書いた文章を繰り返し何度も推敲して、違和感がないか、きちんとした文章に仕上がっているかを確認することが大切です。
最初のうちは難しいと思いますが、使いこなせるようになれば、スムーズに文章が作れるようになり、いずれは“うまい文章が作れる人”になれるでしょう。

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です