モバイルファーストインデックスはSEO対策や検索順位にどれくらい影響するのか徹底解説!

スマートフォンが2人に1人の割合で普及している現在、Google検索ではChromeやYahoo、Safariなどの検索もスマートフォンのアプリケーションで行うことが主流となりました。対してGoogle側はユーザーの利用状況を考慮してサイト評価における基準の一環にモバイル端末に適したサイトを評価する方式を「モバイルファーストインデックス」として新たに導入しました。これからのSEO対策や検索順位にはどれほどの影響を受けるのかを解説しておりますので、Webマーケティングやサイト運営者は参考にしてください。

モバイルファーストインデックス実装後の影響の違い

スマートフォンによるWeb検索やWeb利用が幅広く普及したことで、Google検索において大きく影響を与えてました。そこでGoogle側は、ユーザーのニーズを重視し、サイトの評価をスマホでの表示が最適化されているかを検索順位において重要な評価基準としてクロールする際の機能として「モバイルファーストインデックス」を搭載しました。

参考元:検索結果をもっとモバイル フレンドリーに

従来のPCサイト中心のインデックス方式

これまでのGoogleはPCサイトのページコンテンツのクオリティを重視して検索結果に表示する判断をしていました。このときはスマホサイトのページ内容はメインの判断材料にはされていませんでした。

しかし、スマートフォンから検索されるとき、PCサイトのデータをもとにGoogleは検索結果を作成していましたが、徐々にモバイルフレンドリーに合格しているページはより上位表示されるように調整していました。

モバイルファーストインデックス実装後のインデックス方式

これからのGoogleは、サイトページの文字や画像の大きさ、レイアウトをスマートフォンの画面に最適化して、ユーザーが見やすい形にスマホ対応されているページを検索順位上昇させ、スマホ対応していないページは順位下げています。スマートフォンから検索したときには、見やすいページが上位を占めているほうが検索ユーザーの満足度が上がるためです。

Googleはホームページに対してスマホ対応しているかどうか判断する基準を「モバイルフレンドリー」といいます。サイトがモバイルフレンドリー対応しているか否かは、モバイルフレンドリーテストで判定できます。

スマホ向けサイトに適したSEO対策とは「ユーザー思考」

モバイルファーストインデックス後におけるSEO対策は徹底したユーザー思考が重要となります。従来のGoogleクローラーが認識しやすい論理的な構成を行うのみでなく、テキストサイズや画像の大きさ、リンク設置のバランスなど見た目やスワイプなど視覚的かつ動的な使いやすさと見やすさを整備する必要があります。

スマホ向けに最適化したページは検索上位に表示されやすい

Google検索数は近年スマホがPCを上回っており、検索順位に対してモバイルファーストが判断材料とされた現在、検索上位を狙う場合はページテキストの大きさや画像の大きさ、リンクの設置など、ユーザーが閲覧するときに見やすいサイトやページを作る必要があります。

コンテンツ改修や新規ページを制作する際は、スマホに最適化したページを設定する必要があるため、自身のサイトがモバイルフレンドリーで有効となっているかサーチコンソールから確認しましょう。

モバイルファーストインデックス後の検索順位変動はある?

Googleの発表ではスマホ対応には必ずしも検索結果に優位性がないと発表していますが、スマホによる検索数は増える一方であり、実際にランキングに影響は起きています。検索順位を表示する際のユーザー体験がPCページと異なる情報をGoogleクローラーが取得するため、検索結果に影響は出ると考えられます。

しかし、単純にスマホ対策をするのが良いわけではないので、ユーザーにとって使いやすくわかりやすいモバイル対応をする必要があります。モバイル端末用のページがインデックスされたということは、スマホユーザーがどのような体験をするかが検索順位に強く影響します。そのため、スマホユーザーが読みやすい、理解しやすい、使いやすいページが検索結果の上位に来るようになるでしょう。

使いにくいかったり、わかりにくいスマホ対応ページよりも、PCページでもユーザーが満足しているとクローラーに判断されたページが上位にくることもあります。ただし、ユーザーの多くはスマホページやアプリを利用することが多くなればなるほど、使いやすいスマホ対策ページがSEOにおいても優位になるでしょう。

そのため、モバイルフレンドリーなページが検索結果において上位表示されることになります。

参考元:モバイルフレンドリーアップデートについてのよくある質問

サーチコンソールで推奨されるモバイルユーザビリティについての7つの項目

サーチコンソールでモバイルフレンドリーに対応していない場合、エラー表示されます。もしエラー表示があった場合、詳細の項目に基づいて早急にモバイルフレンドリーを意識したページ改修をしましょう。

参考元:モバイルユーザビリティレポート

1.文字が小さい

スマホで表示する時に閲覧するたびにテキストサイズを大きくしないと読めない場合、読み手のコストを増してしまい不満を抱かせてしまいます。

ユーザビリティの低下にもなってしまうため、テキストサイズは項目ごとに統一して見やすいページを心掛けましょう。

2.タップする要素同士が近すぎる

スマホの場合、マウスでクリックするのではなく指先でのタップ操作に中心です。ページをスワイプして閲覧する際、触れると動作するリンクが近すぎて、何度もクリックミスさせてしまうとユーザーにとって不満を抱かせてしまいます。

導線やページ回遊目的のリンク設置は本来、次の行動としてサイト内のユーザビリティを向上させるものであり、ユーザー思考を意識する必要がありますので、ページ制作する際はボタンやテキスト、画像の配置についてあまり近くに設置しないようにしましょう。

3.Flashなどスマホ対応でない表現を使用

スマートフォンの多くはFlashに対応していません。閲覧したいと思ったサイトで「サポートされていません」と表示が出たら、ユーザーも不満を持ち離脱だけでなく、回帰することもなくなります。

動的コンテンツを入れたい場合は、CSSで埋め込んだり、動画リンク、gif形式で表示することがおすすめです。

4.ページの横幅が大きく縦スクロールのみで閲覧できない

スマートフォンは基本的には縦にスクロールして見ていくものであります。しかし、横長の表や横長の画像を使用し、横にスクロールさせようとするサイトも存在します。ページ閲覧時に画面の中に情報が収まっていないのでわかりにくくなりますし、違う動きを要求してしまうとユーザーにとってストレスになります。

特に画像は内容によって横画像を使用する必要がありますが、その際は挿入前に横幅を指定のサイズに統一して使用することで読み手に対するストレスも軽減されます。

5.インタースティシャル広告を使用している

インタースティシャル広告とは、コンテンツの上に大きく被る形で表示される広告を指します。本来の目的であるコンテンツに広告が被ることでユーザーのコンテンツ閲覧の邪魔になるため、モバイルフレンドリーではなくなります。

6.モバイル端末用のビューポートが設定されていない

サイトにビューポートが設定されていない場合、スマホの画面にPCと同じようにページが表示されてしまいます。情報が全体に小さく表示されることになり、ユーザーにとって閲覧やページ操作しにくくなってしまいます。

サイトのビューポートをHTMLファイルのmeta要素のname属性値を設定してスマホで正しく表示できるようにしましょう。

7.ページ表示スピードが遅い

サイトのページの表示が遅いことで、表示を待てずに別ページに離脱されてしまうことは少なくありません。ページ離脱の原因のひとつが表示スピードの遅さであり、特にスマートフォンの場合は表示スピードの速さはユーザーの利便性に直結してますので1秒以内に表示されないと離脱されてしまう可能性が非常に高くなります。

サイトコンテンツで画像や動画などの容量が多い場合は表示速度も低下してしまうので、動画を圧縮処理したり、画像の拡張形式を変更して使用しましょう。

サーチコンソールでモバイルフレンドリーの通知がある

サイト運営者やブログ運営者はサーチコンソールを日常的に利用されますが、利用者の多くがモバイルファーストインデックスに切り替わるという通知を受け取る方が多かったようです。いわゆる「スマホファースト」が重要視されたことがクローラーにも評価材料として明確になりました。

新規ドメイン取得したホームページはスマホ版の検索順位が適用される

Googleの公式発表では、今後モバイルファーストインデックスが新規ドメイン取得時にデフォルトとして適用されると発表されました。現在は2019年7月1日以降は新規ドメインを取得して制作したホームページは、スマホ版の検索順位が全体に適用されています。

徹底したユーザー思考の尊重がこれからのモバイルSEO

モバイルファーストインデックスは絶対的な評価材料ではないものの、ユーザーの利用傾向を十分に汲み取った結果としてGoogle検索において重要な判断材料としてクローラーに検知されたものとなりました。コンテンツの質が高くてもPCサイトであること自体が評価を下げることはありませんが、スマホ対応させることでより検索結果に最適化されたページとして上位表示を狙える要素といえます。

Google側もこれまでアルゴリズムを多くアップデートしていき、機械的な判断基準からよりユーザー思考を尊重した判断材料を含めたことで愛のあるページが検索ユーザーへの最高の回答として提供することを目指していると考えられます。このことから、これまでサイト運営してきた人や、これからサイト運営を始める人はスマホ対応を意識しつつ質の高いコンテンツ作りを取り組んでいきましょう。

 

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です