SEOと文字数はそもそもなぜ関係があるのか?最適な文字数設定の極意2つ

関係なし

「SEOと文字数には関係があるとかないとか言われているけど、実際のところどうなの?」

サイトや記事を検索上位に表示したいと思った時に、文字数はどのくらいが適切なのかは誰しも気になるでしょう。
結論ですが、Googleは文字数でサイトを判断しているわけではないので、SEOと文字数に直接の関係はありません。

 

ですが、弊社ではライバルサイト調査というものを行っており、狙うべきKWですでに上位表示しているサイトの文字数も調査します。

数年間行っているサービスなのでかなりの数の調査を行いましたが、感覚的に言えるのは、上位表示しているサイト(記事)の多くは、文字数がダントツで多いという事実です。

 

本記事では、なぜ長文の記事が上位表示されているのかなど、SEOと文字数の関係について解説していきます。

SEOと文字数に直接の関係はないが…

上位表示(SEO)とコンテンツの文字数について、googleが「文字数は多いほうが有利と」と述べている記述は見当たりません。

従いまして、SEOと文字数には直接の関係はないのでしょう。
ではなぜ実際に、長文の記事が上位表示されているのでしょうか。
それは、単純に長文の記事には「ユーザーの知りたい情報が載っているから」という見解です。

長文SEOが上位表示されるのはユーザーの知りたい情報が載っているから

上位表示されている長文の記事は、ユーザーの知りたい情報が記載されている可能性が、自ずと高まると考えられているからです。

Googleがユーザー第一にアルゴリズムを更新している事を知らない人はいません。
あくまで上位表示している長文の記事は、上位表示していない短い記事よりも、滞在時間などのgoogleが設定しているユーザー満足度を図る多くの指標を満たしていると考えられます。

  • 文字数のために書いた長文記事は評価はされない
  • ユーザーのために情報を載せた結果、長文になった記事は評価される
  • 文字数はあくまで過程であり、Googleが見ているのは「ユーザーのためになっているかどうか」

これは逆に考えると、ユーザーの知りたい情報が載っているのであれば、文字数が少なくても評価されるということです。
例として、「辞書サイト」があります。

なぜ辞書サイトは少ない文字数で上位表示されているのか

「辞書サイト」の1記事あたりの文字量は、他の上位記事と比べてかなり少なめです。
それこそ500文字以下のページがほとんどでしょう。

こういった記事が上位表示されているのは、もちろんサイト自体のパワーが強いからとも言えますが、ユーザーニーズにマッチしているからとも言えます。

ここでいうユーザーニーズとは「言葉の意味をすぐに知りたい」です。
このニーズに対しては、少ない文字数でコンパクトに言葉の解説する方法が適しています。

では、「言葉の意味をすぐに知りたい」というユーザーに向けて5000文字で言葉の解説がされていた場合は、googleはどのような評価をするのでしょうか。

ユーザーがその言葉の意味を知った後、5000文字の記事を読み進める人が多ければ、その検索ニーズは「単純に言葉の意味を教えてあげるだけではない」と判断され、5000文字の記事は評価されていくでしょう。
反対に5000文字の記事の最初の2,3行ほどしか見られず、滞在時間も5秒など極端に短い場合、その検索ニーズは「言葉の意味が知りたいだけ」という事になり、あとの4,500文字は不要で、無駄なページと判断されるかもしれません。

googleはSEOと文字数の関係について一切言及していない

googleは公式でもフォーラムでも、文字数に関係があるとは一切述べていません。

代わりに、下記のような事が述べられています。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

引用:Googleが掲げる10の事実

また、以下のようにも書かれています。

「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである。」

引用:Google検索

この記述からもGoogleがユーザーを第一に考えていることは言うまでもありませんね。
今なお進化し続けるGoogleのアルゴリズムですが、向かう先は決まってユーザーファーストです。

なので、ライティングする際に重要なのは、小手先のSEOではなくユーザーのためを思った記事を書くことなのです。
本当にユーザーのためを思って書いた記事は、ユーザーにもGoogleにも評価されるのです。

このKWで検索するユーザーは、こんな関連情報もほしいはず。

別ページに記載してあるから、記事を長くする事はせずに、内部リンクで誘導しよう。などです。

SEOで被リンクが大事なのはユーザーファーストだから

SEOと聞いて一番最初にイメージするのは、「被リンク」ではないでしょうか。
被リンクとは、他のサイトから自分のサイトに対してリンクが貼られることです。

被リンクはSEOと密接な関係があり、今なお検索順位に大きく関係しています。

※関係ないという方もいらっしゃいますが、弊社ではナチュラルリンクの獲得を推奨しています。

中身のないサイトへの被リンクではなく、あくまで被リンクを獲得出来るようなコンテンツ(誰かに教えてあげたくなるようなコンテンツ)を目指します。

ではなぜGoogleは、被リンクを大事にしているのでしょうか。

多くの方は被リンクが大事ということだけは理解していますが、その根本は理解出来ていないかもしれません。
Googleが検索結果の順位に被リンクを参考にしているのは、ユーザーのことを第一に考えているからです。

GoogleはSEOについて以下のように述べています。

興味深く有益なサイトにする
人を引きつける有益なコンテンツを作成すれば、このガイドで取り上げている他のどの要因よりもウェブサイトに影響を与える可能性があります。ユーザーは閲覧したときに良いコンテンツだと感じると、他のユーザーに知らせたいと思うものです。その際、ブログ投稿、ソーシャル メディア サービス、メール、フォーラムなどの手段が使われます。
自然なクチコミの評判は、ユーザーと Google の両方でサイトの評判を高めるのに役立ちますが、質の高いコンテンツがなければ生まれません

引用:Search Consoleヘルプ

被リンクは、読んだ人が他の人に広めたいと思った時に生まれるもので、そのためには有益なコンテンツを提供する必要があると書かれています。

つまり、Googleは被リンクそのものを評価しているというよりは、ユーザーに共感されている事実を評価しているということです。
これはGoogleが掲げるユーザーファーストの方針に合っていますよね。

なので、たとえ被リンクを購入したとしても、短期的な効果はあるかもしれませんが、長期的に見るとGoogleのユーザーファーストの方針に合っていません。

価値のない被リンクはペナルティの要因にもなりますし、今後はより一層厳しくなってくることが予想されます。
ですので、被リンクの購入はやめるべきですし、ユーザーのためになる記事を書いてシェアされることが最適なSEOになるでしょう。

さて、ではユーザーのためになる記事の最適な文字数は、何文字なのでしょうか。

最適な文字数は、安易なイメージで判断してはいけない

ある題材について、まず、何文字で作成しようかと考えます。

その際、「このくらいかな?」という、一人の人間のイメージだけで判断してはいけません。

googleは日本語検索という意味では1億人の検索データ

例えば、ユーザーが「最新のiPhoneの機種について知りたい」という悩みを持っているとしましょう。

以下の2パターンで考えてみます。

A:最新のiPhoneについての情報を全て無駄なく盛り込んだ記事:2000文字
B:最新ののiPhoneについての情報を全て盛り込んだ記事:5000文字

この場合、ユーザーのためを思った記事はAの2000文字の方です。
同じ情報を入手できるのであれば、文字数が少ない方が読みやすく、ユーザーのためを思った記事と言えるでしょう。

同じ情報が書かれているのに、3000文字も多い方の記事を読もうとは思いませんよね。
また、Aの方がユーザーにとってわかりやすくまとめられていれば、シェアされる確率もAの方が高くなります。

文字数はあくまで、伝えたいことを記述したときの副産物のようなものです。
文字数のために文字を追加するという考えは全く意味がないので、ユーザーファーストを考えて記事を書きましょう。

最適な文字数にするための2つの極意

最適な文字数は、「ユーザーの知りたい情報を、無駄なく書いたときの文字数」と述べてきましたが、その文字数はどうやって判断すれば良いのか悩みますよね。
そこで、最適な文字数設定の極意を2つ紹介します。

  • ターゲットを決める
  • 何文字書くという考えを捨てる

どちらも意識すれば今日から使えるので、ぜひ参考にしてください。

1.ターゲットを決める

1つ目の極意は「ターゲットを決める」ということです。
ターゲットを決めることで、最適な文字数が見えてきます。

そして、ターゲットはできるだけ細かく決める必要があります。

例えば、「青汁」を紹介したい場合を考えてみましょう。

「青汁」を購入する人でも、様々な人がいます。

  • 美肌になりたい人
  • 健康のために飲む人
  • ダイエットしたい人

このターゲットが定まっていないと、不要な文字を長々と書いたユーザーのためじゃない記事が完成します。
そういった記事は、読み手の心に響かずシェアもされません。

なので、まずはターゲットをしっかりと定めることが大切です。
「美肌になりたい人」には美肌効果をわかりやすくまとめる、「健康のために飲む人」には健康効果をわかりやすくまとめる、ということですね。

あれもこれもと書いては、単なる長文だけの記事が完成するだけで、それは最適な文字数とは言えません。
最適な文字数はターゲットユーザーのための情報を無駄なく記載した時の文字数なのです。

2.「何文字書く」という考えを捨てる

最適な文字数を考えるのであれば、「何文字書く」という考えを捨てましょう。
少し矛盾しているようですが、文字を目標にしてしまうと不要な文章が含まれてしまう可能性が高いです。

例えば、2000文字を目標に記事を書いたとします。
「1800文字で記事が完成してしまったが、2000文字を目標にしていたので、少し言い回しを変えて200文字を増やした。」

この場合、200文字は不要な文字で、ユーザーにとってはノイズでしかありません。
有益なことを200文字追加するのであれば、もちろんそれは良いことです。

しかし、文字数が足らないからといって文字数を無理に追加することはユーザーのためにならないのです。
文字数を考えずにユーザーのためを思って、必要な情報を全て書いたのであれば、それが最適な文字数ということです。

まとめ

今回はSEOと文字数の関係と、最適な文字数にするための極意を解説しました。
本記事の内容をまとめます。

  • SEOと文字数は直接の関係はない
  • 長文SEOが上位表示されているのは、ユーザーの知りたい情報が載っているから
  • 短い文章でもユーザーのニーズにあった記事であるならば、上位表示される
  • ユーザーのことを考えた記事が最も強いSEOになる
  • 被リンクはユーザーのためになっている事実を評価したもの。(購入はすべきではない)
  • 最適な文字数はユーザーファーストを考えれば見えてくる
  • ターゲットを決めることでユーザーのための文字数が分かる
  • 文字数そのものを意識して記事を書いてはいけない

再度言いますが、最も大事なのは「ユーザーファースト」です。
なので、ライティングをする際には以下のことを常に考えて書くようにしましょう。

  • この記事はユーザーのためになっているか
  • この文章はユーザーにとって必要な文章か