4500種類もあるオノマトペで文章を装飾する3つの技術

効果音

皆さんはオノマトペという言葉を聞いたことがあるでしょうか。実はオノマトペは、話し言葉でも書き言葉でも、非常に身近な存在です。言葉は聞いたことがなくても、日常生活でそれと知らずに使っていることがほとんどです。

このオノマトペは4500種類もあり、豊かに文章を装飾するには3つ技術があります。

この記事では、オノマトペの概要と、簡単に解説した上でオノマトペを使って文章を装飾する方法についてご紹介します。

オノマトペは擬音語と擬態語の総称

オノマトペは音や状態を表す言葉です。オノマトペには擬声語(ぎせいご)と擬態語(ぎたいご)の2種類があり、それぞれで特徴が異なります。

擬音語は物音を言語化した表現

オノマトペのひとつである擬音語とは、虫や動物の鳴き声や、自然界などのさまざまな物音を言葉で表現したものです。

例えば、雨の降る音のザーザー、風が吹く音の「ビュービュー」、猫が鳴く声の「ニャーニャー」などは代表的な擬音語です。

オノマトペは直感的で記憶に残りやすく、幼児が言葉を覚えるプロセスで最初に発語します。また、国や地域によって人々の聞こえ方が多少異なることから、同じ物音についても異なる擬音語が発達したりもしています。例えば、鶏の鳴き声は日本語では「コケコッコー」ですが、アメリカでは「クックドゥドゥドゥー」ですね。

擬態語は

一方の擬態語は、擬音語とは違い実際の音声には現れないモノや事の様子を、音で表現したものです。日本語には様々な種類の擬態語があり、日本人の豊かな感性を表現しています。

例えば、なめらかな赤ちゃんの肌を「スベスベ」と表現したり、星が光る様子を「キラキラ」というような表現は、擬態語となります。

オノマトペを使って文章を和らげたり短くしたりできる

オノマトペは基本的に副詞として使われますが、時折形容動詞としても使われます。

(例)
副詞:「頭が【ずきずき】と痛む」
形容動詞:「頭の痛みは【じんじんだ】」

このようにオノマトペだけで話が伝わることもあるので、文章を短くしたり、かしこまった文体から柔らかい雰囲気へと変えられます。

文章が固い時に取り入れる

文章が固くなりがちだったり、平坦な印象になってしまったりするときにオノマトペを織り交ぜてみましょう。

リズミカルな擬音語や擬態語が入ることで、文章の印象にメリハリが生まれるためです。

カタカナとひらがなを使い分けてみる

ひらがな

2つ目の技術として、文脈によって平仮名と片仮名を使い分けてみましょう。オノマトペをカタカナで書いた方がしっくりするときもあれば、平仮名の方が馴染むこともあります。

どちらが正解ということはないことがほとんどですので、感性を磨いて、自分の文章に馴染むオノマトペを探してみましょう。

長い文章を短くしたいときに使う

文章が長い時に、形容詞や副詞と代用するという技術があります。

形容詞や副詞を多用して説明しようとすると、冗長な文章になってしまうこともあります。そんな時に、ぴったりのオノマトペを使うと、文章を短く端的かつ軽妙にすることができます。

例えば、風に木の葉が揺れている様子を描写しようとして、

「木の葉が左右に揺れながら舞い落ちます」

と書くよりも、

「木の葉が【ひらひら】舞い落ちます」

と書いた方が伝わりやすいですよね。

「左右に揺れながら」が「ひらひら」というたった4文字で収まっているのも分かります。

長い文章はなかなか読み手に読んでもらえないという欠点があるので、適度にオノマトペを取り入れてみましょう。

オノマトペの使いすぎに注意

このように効果的なオノマトペですが、使いすぎには注意しましょう。あまりに乱発すると、文章が幼稚な印象になってしまい、締まりがなくなることもあります。

「弟が引き出しを【がらっと】開けた後、プリントを【ビリビリ】破きました」

という文章は、やや幼稚な印象を受けますよね。絞って使うことにより、オノマトペの効果は発揮されます。

新しいオノマトペは日々生まれる

動物の鳴き声が国によって違うように、オノマトペはその国や時代などの文化背景の影響を大きく受ける表現です。時代の変遷とともに、かつてよく使われていたオノマトペが死語になることもあれば、新しいオノマトペが生まれることもあります。

新聞やテレビ、インターネットニュースなどに着目していると、新しくよく使われるようになりはじめたオノマトペに早く気づくことができるでしょう。

例えば、最近の流行りの食べ物などのコマーシャルに取り入れられる「もっちり」というようなオノマトペは、比較的新しいものです。新しいオノマトペも随時取り入れて、新鮮な文章を書きたいですね。

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。