検索エンジン3つの重要な仕組みについて

検索エンジン仕組み

良いweb記事を作るためには、検索エンジンの仕組みを理解している必要があります。

しかし、Googleは検索エンジンの理念こそ発表しているものの、完全なマニュアルを発行しているわけではない為、SEO対策において憶測やデマが常に飛び交っている状況です。

このようなデマに飛びついた結果、その場限りのSEO対策を施してしまい、大型アップデートで多くのサイトが検索上位から消えていきました。

本記事では、googleが発表している事柄を元に、検索エンジンの仕組みについて紐解いていきたいと思います。

検索エンジンの仕組み…の前に

検索エンジンの仕組みについて、googleはページの一番始めの一行目で下記のように述べています。

ユーザーが求めているのは的確な回答であり、何十億件ものウェブページではありません。

引用:Google検索:検索アルゴリズムの仕組み

この的確な回答こそが、ユーザーファーストであるgoogleの検索エンジンといえます。

 

また、検索エンジンについて知ろうとした時、yahooではなくbingでなくgoogleを見なければいけないのは、検索エンジンの中でgoogleが大きなシェアを獲得しているからです。

スマホではグーグルのシェアが69.57%、ヤフーが29.4%。パソコンでもグーグルが67.54%、ヤフーは23.2%

引用:Business Journal ヤフー、揺らぐ「圧倒的王者の座」…検索はグーグルに完敗

それに伴って2010 年 7 月 27 日からヤフーはgoogleの検索エンジンのライセンス提供を受けているので、googleの検索エンジンを知る事が、検索エンジンの仕組みを知る事とイコールになります。

参照:Google JAPAN Blog Yahoo! JAPAN のより良い検索と広告サービスのために

検索エンジンの仕組みについて

Google検索エンジンの仕組みを理解する時、大きく分けて下記3つを理解する必要があります。

クローリングして

インデックスされて

ランキングされる

1.クローリング

世界中で生まれるサイトや記事を発見する巡回プログラムを「クローラー」と呼んでおり、その巡回行為を「クローリング」と呼んでいます。

  • XMLサイトマップの送信
  • リンクが集まるコンテンツページを作成する

この2つの行動を行うことでGoogle検索エンジンのロボット「クローラー」はあなたのサイトを何度も巡回していきます。

つまりこの「クローラー」に発見されて初めて、検索エンジンの土俵に上がれる事になります。

新しく作ったWEBサイトの記事がインデックスされるまでに時間がかかり、すでに運営しているサイトの記事が公開後間もなくインデックスされるのは、クローリングされる頻度が多いからです。

2.インデックス

「クローラー」が集めたページの情報をGoogleのデータベース上に登録することを「インデックス」と呼びます。

インデックスの段階で重要なのは、ページの情報をGoogle検索エンジンからみた際にわかりやすく最適化することです。

後に書くのですが「インデックス」を元にGoogle検索エンジンは検索ランキングを作成していきますので、Googleの検索エンジンがサイト情報を分かりやすく把握するために内部の構造を最適化しなければなりません。

3.ランキング

「ランキング」はインデックスされた情報を元に各ページの順位を決定する工程のため、一番目立つ部分になります。

このアルゴリズムを作成する要素となるのは、キーワードを含んでいる等を始め200種以上の要素が絡んでくるのですが、この要素をGoogleははっきりと公開していません。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

引用:Googleが掲げる10の事実

上記はGoogleが掲げる10の事実に記載されているものですが、やはり重要なのは「ユーザーの利便性」であることが再確認できます。

ランキング=検索順位はSEO対策を行っている全てのメディアが注目する項目で、大事なのは「ユーザーの利便性」であることを忘れてはいけません。

検索エンジンの仕組みは1日に何度も進化(変化)する

検索エンジンがどの様な仕組みかおおよそわかったところで、Googleの検索エンジン評価アルゴリズムの精度は気になる部分です。

確かに「ユーザーの利便性」を第一に考えてコンテンツを作成したとしても、他サイトが小手先のテクニックで検索上位を占領していたら、とてもやるせない気持ちになりますよね。

常に変わり続けるウェブに対応して進化する検索
ウェブは絶え間なく変化しており、何百もの新しいウェブページが 1 秒ごとに公開されています。この状況は、Google 検索に表示される検索結果にも反映されます。Google では絶えずウェブを再クロールし、新しいコンテンツをインデックスに登録します。クエリの内容に応じて、検索結果ページはすぐに更新される場合とあまり変化しない場合とがあります。たとえば、ユーザーが最新の試合結果を検索した場合、検索結果は最新情報で更新する必要がありますが、歴史上の人物に関する検索の場合は、何年間も検索結果が更新されていない可能性もあります。
Google では現在、毎年何兆件もの検索を処理しています。Google が毎日処理する検索クエリの 15% はそれまでに見たことのないものです。これらすべての検索に対して最適な検索結果を返すことができる検索アルゴリズムを構築することは、継続的な品質評価テストや投資を必要とする複雑な課題の 1 つです。

引用:Google検索

この様にGoogleの検索エンジンは日々進化し続けており、検索アルゴリズムは変化し続けています。

過去には小手先のテクニックにより検索順位を独占していたサイトもありますが、Googleがアルゴリズムを変更することで、「ユーザーの利便性」を考えているサイトは上位表示されるよう改善されていますのでGoogleのアルゴリズムは信じるに値するものといえます。

検索エンジンを理解する為にGoogleの理念を把握しよう

Googleの検索エンジンは、「Google」の理念を理解すると、より理解が深まると言えます。

何故なら、検索エンジンサービスはGoogleの理念から生まれたサービスですから、SEO(Search Engine Optimization)対策、つまり「検索エンジン最適化」をするにはGoogleの理念を知らなければ本質的な対策は出来ません。

Google創業者で現株式会社アルファベットのCEOであるラリーペイジ氏は下記の様に述べています。

「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである。」

引用:Google検索

また「Google検索」のページにおいては

長期にわたって実施しているテストでは、ユーザーが質問に対する答えをすぐに手に入れたいと考えていることが一貫して示されています。そのため Google では、最も関連性の高い回答を、より速く、ユーザーが探している情報のタイプに最適な形式で提供するためにさまざまな改良を重ねてきました。

引用:Google検索

こちらでも「ユーザーが真っ先に求める情報」をより早く提供することが大事だという意味が記載されていますので、GoogleにおけるSEO対策で一番重要な点は「ユーザーが求める答えを最速でユーザーに届ける事」といえるでしょう。

しかし、これらと反対の事、つまりユーザーを無視したSEOが横行する時代がありました。

  • ページを覆うほど大きな広告や多数の広告を設置する行為
  • タイトルで釣って中身のページは全然違う内容
  • 自作外部リンクの大量貼り付け

しかし、上記施策を行うサイトは一時的に検索上位に表示されたとしても、遅かれ早かれgoogleの検索アルゴリズムの改善によって順位は下がってしまいます。

ユーザーが不満を抱くページを上位表示していては、ユーザーはgoogleから離れてしまいますからね。Googleとして一番避けなければいけない事でしょう。

従いまして、ユーザー本位を本当の意味で考えているサイトを作成することが、長期的にSEO対策で勝つ戦法であるといえます。

検索エンジン最適化の具体的な方法とは

ご自身のサイトをGoogle検索最適化し、検索順位を上げるためには検索エンジンの仕組みそれぞれに対策を行う必要があります。

クロール最適化

サイトを発見する「クローラー」のサイト巡回頻度を高めてもらうことで、サイトの情報をより正確に知ってもらうことが「クロール最適化」です。

クロール最適化を行う為には自分でサイトマップをGoogleに送信する事も重要ですが、他のサイトにリンクを貼ってもらうことも重要な項目となります。

この「クロール最適化」を大量のサイトからの自作リンクで自演した対策が「ブラックハットSEO」と呼ばれる手法で、2014年前後までSEO業界では効果的な手法とされていました。

当時からgoogleはこれを違反行為としていましたが、googleのアルゴリズムの精度が今ほど高くなかったため、ナチュラルリンクがたくさん集まっている様に見せる事で、googleを騙して上位表示されていました。

当然ながら、現在では自作自演リンクで対策するサイトはほぼ聞かなくなりました。

あくまでも他のユーザーが自然に「誰かに教えたい!」「このサイトを見て!」という行動を取る事が、リンクを貼るという行為ですから、「誰かに教えたいほど面白い」「すごくわかりやすい」記事やサイトを作る事が自然リンクの獲得に繋がります。

また、「noindex」タグを使用することでサイトにクローラーが入らないよう設定し、インデックスしない方が良いページやクロールを最適化するためにサイトを最適化することも一つの手法となります。

下記2つに比べて対策を怠りがちな対策だと思いますので一番始めにご紹介しました。

インデックスやランキングへの最適化

HTML構造やページ速度といった部分を最適化することで検索エンジンからみて良質なインデックスページと評価されます。

多くの対策項目があり、

  • ページ速度を速くする
  • 全てのページが、TOPページから2クリック以内に閲覧できるようにする
  • URL(パーマリンク)の最適化を行う
  • SSL化を行うことでhttpsのURLへ変更する
  • h1やh2といった見出しタグを正しく使用する
  • タイトルにはキーワードを含める

多くのページで気を付けることはありますが、「インデックスやランキングへの最適化」はユーザーというよりは検索エンジンへ向けた対策といえます。

最近までは上記2点の対策を行うだけでも検索上位にくることが多かったのですが、現在は、次に紹介します「コンテンツ最適化」が評価の大部分を占めていると考えられています。

コンテンツ最適化

3つの中でも一番重要な立ち位置となる最適化項目がこの「コンテンツ最適化」になります。

何故ならばGoogleの理念は「ユーザーの利便性」つまりユーザーが喜ぶページやサイトが一番重要ですので、一番評価される項目となるのは当然です。

ひと昔前までは、この「ユーザーへの配慮」が抜け落ちていたせいで、不正確な情報発信サイトが上位表示していたことにより、答えが知りたい検索ユーザーに全く必要のないアフィリエイトサイトの乱立や、2018年には「WELQ(ウェルク)事件」が起こるなどの問題が発生していました。

しかし現在ではいくつかのアップデートを経て、コンテンツの中身が評価される時代となり、かなり高精度で良い記事やサイトが上位表示する様になりました。

つまりGoogleの理念を正しく体現したサイトにこそ、相応しい検索順位になるということになります。

特に意識するのは、

  • 読者の問題を最速で解決する記事になっているか
  • ソーシャルメディアでのいいねや、他サイトからリンクをもらえる様な役立つコンテンツか
  • 情報源がハッキリしているか、また権威ある情報元か

で、つまり「ユーザーが求めているもの」を提供することです。

読者が求めているものを把握して提供する
ユーザーがコンテンツを探すときに検索しそうなキーワードを考えてみましょう。そのトピックについてよく知っているユーザーは、よく知らないユーザーとは異なるキーワードを検索クエリで使用するかもしれません。たとえば、長年のサッカーファンは「国際サッカー連盟」の略語である「fifa」というキーワードで検索し、新しいファンは「サッカー プレーオフ」のようなより一般的なクエリを使用するかもしれません。検索行動におけるこのような違いを予測し、(キーワードの語句を上手く取り入れて)コンテンツを記述するときに考慮すれば、良い結果をもたらす可能性があります。Google 広告には、新しいキーワードのバリエーションを発見し、各キーワードのおおよその検索ボリュームを確認できる、便利なキーワードプランナーがあります。また、Google Search Console では、サイトが表示される上位の検索クエリと、サイトに多くのユーザーを導いているキーワードを、検索パフォーマンスレポートで確認できます。

引用:Google Search Console ヘルプ

この様にあらゆるキーワードで検索してくる「ユーザー」を連想し、そのユーザーに対しての答えを提供し続けていく事が、最良のコンテンツ最適化となります。

検索エンジンの仕組みは、全て検索ユーザーのために存在する

Google検索エンジンの仕組みは

  • クローリング
  • インデックス
  • ランキング

の3つで構成されますが、検索エンジンにアピールする為に作成されたものではなく、あくまでも「ユーザー」が必要な情報を閲覧するための仕組みです。

Googleの理念を理解した上で記事制作を行うと、「このリード文はユーザーが求めている文章だろうか」「このタイトルを見て自分の問題が解決すると思って来てくれたユーザーに答えは提示できているだろうか」

そんな風に検索してくるユーザーを頭に描きながら、そのユーザーに語りかけるように記事を作成する事が、検索エンジンで上位表示する仕組みに沿ったコンテンツになります。

試行錯誤しながら記事作成を行えば、きっといい結果が生まれますので。

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。