サーチコンソールの検索パフォーマンスを使ってできるSEO対策を徹底解説

検索パフォーマンスで導線の成果がわかる

検索パフォーマンスはGoogleが提供する解析ツール「サーチコンソール」の機能であり、Webサイト、Webページにユーザーのアクセスを導くためにどのような導線を作れているか分析できるツールです。

検索パフォーマンスの機能を使うと、下記のデータについて確認ができます。

サイトがGoogleにおいてどんなクエリで検索結果に表示されているか
ページ別の表示回数
ページ別のクリック数
ページ別のCTR率
サイトのGoogle検索順位
端末別の検索データ
地域別の検索データ
検索タイプ別の検索データ
期間別の検索データ

このように、検索パフォーマンスを使うとユーザーがどんなキーワードで検索をしているのか、どんなページに流入しているのかといったことが分かります。他にもフィルタをかけて条件で絞ることで、クリック率の改善などに役立つデータを取得することが可能です。

検索パフォーマンスの使い方

続いて、検索パフォーマンスの使い方について解説します。

Googleサーチコンソールでは、最長で過去16か月までの履歴データを遡ってデータ確認することができます。検索アナリティクスの使い方は、以下のとおりです。

検索アナリティクスの使い方
1.サーチコンソール内の左にあるダッシュボード内の「検索パフォーマンス」をクリックする
2.確認したい項目(指標)を選択する
3.指標がクリック数・表示回数・CTR・掲載順位で表示されていることを確認
4.フィルタをクリックする
5.フィルタ内にある検索タイプ・日付・検索キーワード・ページ・国・端末・検索での見え方の中から確認したい項目を設定する

参考元:検索パフォーマンス レポート

検索パフォーマンスの見方

続いて、検索パフォーマンスの指標やフィルタについて基本的な見方を解説していきます。検索パフォーマンスの基本的な見方としては、それぞれの項目における指標やフィルタが意味することを理解しておく必要があります。

検索パフォーマンスを使用して確認できる項目は、クリック数・表示回数・CTR・掲載順位の4つとなります。それぞれの指標については、以下の通りです。

1. クリック数

クリック数とは、WebサイトがGoogleの検索結果で表示されたうえで、検索ユーザーにクリックされた合計回数を指します。つまり、Googleの検索結果からサイトにクリックしてアクセスした回数のことです。検索ユーザーが最初に起こすアクションと言えるでしょう。

2. 表示回数

表示回数とは、Google検索の検索結果に自社サイトへのリンクが表示された回数を指します。クリックされたかは関係なしに表示されるだけで回数に含まれます。また、ナレッジパネルや強調スニペットに表示された分も含まれます。

3. CTR

CTRとは、クリック率の平均を示しています。Googleの検索結果で表示された回数のうち、実際にユーザーがクリックをした回数の割合です。検索結果の1ページ目のページCTRは目に止まる機会が多いことから必然的に高く、2ページ目以降のページCTRは見られる機会も少ないことから1%以下になってしまいます。

4. 掲載順位

掲載順位とは、Google検索の結果画面におけるサイトの平均掲載順位を指します。複数の検索キーワードからユーザーがサイト訪問した場合、1つ目が2位、2つ目が6位、3つ目が7位という検索順位だとすると「2 + 6 + 7 ÷ 3「検索キーワードの数」で掲載順位は5位となります。

検索パフォーマンスの応用

ここまでは検索パフォーマンスの基本的な使い方について解説をしました。以下では、検索パフォーマンスの機能を生かした応用について紹介します。

検索パフォーマンスのデータは、他サイトの影響を受けやすいものでもあるため、こまめにデータ確認するべきです。特にキーワードの掲載順位やCTRデータについて確認することで、ユーザーの検索意図や行動などの動線の把握ができます。

ユーザーの行動が分かると低迷してるページの改善すべき課題をデータから推測することができるので、必要なキーワードや内容に対する情報の網羅性を高めないといけないページなど、サイト流入を増やすためのミッションを洗い出すことができます。

検索パフォーマンスのデータで注目すべきキーワードは、主に以下の4項目です。

検索順位は低くても表示回数は多いキーワード
意図せず表示回数が多いキーワード
検索順位は高くてもCTRは低いキーワード
検索順位は低くてもCTRは高いキーワード

 検索順位は低くても表示回数は多いキーワード

あるキーワードで掲載順位が低いのに表示回数だけが多い場合、ユーザーが検索結果の上位ページに満足されてなかったり、ユーザーが探している情報のコンテンツが表示されていないということが考えられます。

このような場合はユーザーが求める情報コンテンツを見せるページを用意できれば自ずと流入数を増加させるチャンスとなります。

検索順位は低くても表示回数は多いキーワードからできるSEO対策
キーワードで検索をして、どのようなページが上位表示されているのかを確認する
上位表示されている競合サイトと自分のサイトのコンテンツ内容を比較する
不足している情報を追加してユーザーのニーズに応えるページにする

意図せず表示回数が多いキーワード

サイトを更新していると注視して改修・制作をしてないのに、表示回数が非常に多いキーワードなどが出てくることがあります。

このような場合、対象のキーワードは競合性の少ない可能性が考えられるので、柔軟に対策をすれば、想定外のユーザー層を獲得できるチャンスになります。

狙っていなくて表示回数が多いキーワードからできるSEO対策
キーワードで検索をして、どのようなページが上位表示されているのか、自分のサイトはどのページなのかを確認する
自然な感じの文章でキーワードをタイトルに組み込む
キーワードをコンテンツ内に不自然にならないようにバランスよく入れる
検索ユーザーが何を知りたいのかを想定しながらコンテンツ作成をする

検索順位は高くてもCTRが低いキーワード

検索結果に表示される順位は高くても、CTRが低いキーワードの場合は見たいと思わない、探してる情報はないかもしれないという関心を持たせないことをユーザーが判断していると思われます。

この場合は、検索ユーザーの検索したキーワードに対してどんな情報を求めているのかを想定して検索結果に表示されるタイトルとディスクリプションをリライトすることでCTRの改善を期待できます。

検索順位は高くてもCTRは低いキーワードからできるSEO対策
クリックしたいと思わせる目を引くタイトルやディスクリプションを設定する
コンテンツに合う最適なタイトルやディスクリプションを設定する
上位表示されている他のサイトのタイトルやディスクリプションを参考にしてみる

検索順位は低いがCTRは高いキーワード

検索順位は低いのに、CTR(クリック率)が高いキーワードは、ユーザーが求める記事が1ページ目では見つけられず、2ページ目以降まで検索してなんとか目的のページを見つけた場合など、検索の手間をかけさせるほどとてもニーズのあるキーワードであることがわかります。

ニーズの高いキーワードは効果的なSEO対策をして上位表示させることで、より多くの流入数を見込めます。

検索順位は低いが、CTRは高いキーワードからできるSEO対策
上位表示されている他サイトのコンテンツと、自分のサイトのコンテンツを比較する
ページ内コンテンツで不足しているコンテンツを追加する
ユーザーが本当に求めている情報を増やす

まとめ

サーチコンソールの便利な機能の中でも、検索パフォーマンスはSEO対策やユーザーに対してどのような行動に繋げられたのか確認する重要な機能です。サイトページ改善をしてアクセス数を効果的に増やすためにも、検索パフォーマンスを応用してサイト強化をどんどん進めていきましょう。

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です