最新のサーチコンソールを利用する目的とSEO対策にも活かせる3つのポイント

WEBマーケティングやサイト運営でよく用いられるツールであるサーチコンソールの利用する目的とSEO対策にも活かせる3つのポイントをまとめて紹介しています。新たにバージョンアップされたサーチコンソールで確認できることや、旧サーチコンソールとの違い、同じ分析ツールであるGoogleアナリティクスとの違いについても解説しているので、新サーチコンソールについて詳しく知りたい人は参考にしてください。

サーチコンソールを利用する目的

Googleサーチコンソールとは、GoogleがWEBサイト管理者向けに無料で提供している検索におけるサイトパフォーマンスを管理できるツールです。

サーチコンソールで確認できる内容は多くにありますが、主要な内容として流入状況やインデックス状況の確認、リンク状況やエラー状況を確認ができるので、サイト改善を行うときにユーザーではなくGoogleに対してのアプローチが利用する目的になります。

流入状況の把握

検索パフォーマンスから任意の期間中の合計クリック数、合計表示回数、平均CTR、平均掲載順位を確認できます。ユーザーがどれくらい流入しているかを数値だけでなくグラフで可視化されています。クリック数が多い順にクエリが並んでいるため、サイトの流入に寄与しているワードを確認できます。

また、「表示回数」「CTR」「掲載順位」などの項目をクリックすると「表示回数が多い順」などに並び替えられます。同じ項目名を再度一度クリックすると少ない順に並び替えられます。

参考元:検索パフォーマンスレポート

インデックス状況の確認・登録

インデックス状況を確認する場合、インデックスにある対象範囲をクリックするとサイト内のページがGoogleにインデックスされているか確認することができます。

Googleからの流入を増やすためには、対象ページがGoogleにインデックスされている必要があります。しかもGoogleサーチコンソーツではインデックスされていない理由も確認できます。インデックスから除外される原因は下記のようなものが挙げられます。

ページが重複しています 重複するページがあり、正規化設定がされていない。
クロールエラー クロールをした際になんらかのエラーが発生。
noindex タグによってブロックされました Googleがクロールするページをインデックス登録時にnoindexタグを検出したため、インデックスに登録しなかった。

また、個別のURL別に確認するときには、URL検査を使用します。Googleサーチコンソールのページ最上部の検索欄に調べたいURLを入力するとインデックス状況を確認できます。エラーの場合にはエラーの概要が表示されるので、何をすれば改善できるか非常にわかりやすく使えます。

参考元:インデックス カバレッジ レポート

リンク状況の確認

上位のリンクされているページ サイト内でリンクを多く集めているページ
上位のリンク元サイト サイトに多くリンクをしているリンク元サイトのドメイン
上位のリンク元テキスト  リンク時に使用されるアンカーテキスト

主にサイト内でリンク付けされているページやサイト、アンカーテキストを把握ができるので、記事やサイトが外部サイトからどのようなリンクをされているかを確認できます。Googleは、良質なサイトからリンクをされているサイトも同じく良質なサイトであるという考えを持っています。

しかし、Google Search Consoleが全ての外部リンクを検知はしていません。現在は削除されているリンク元のページが表示された状態になっている場合もあります。そのため必ずしも外部リンクされているサイトがGoogleから高い評価を受けられるわけではありません。不当に順位を上げる目的で設置されたリンクと判断された場合は、手動による対策の対象となるので注意しましょう。

参考元:リンクレポート

エラー状況の確認

モバイルファーストが推奨される現在のGoogleでは、スマホなどのモバイル端末でサイトやページを見たユーザーが行動において損なっていないか確認できます。

基本的に「有効」は問題ありませんが、「エラー」表示のURLはエラー検出理由が確認できるので、ページ内の問題点は早急に改善しましょう。

参考元:モバイル ユーザビリティ レポート

SEO対策で活かせるポイント

1.検索パフォーマンスで記事の改善点を見つけられる
2.ページ離脱を軽減できる
3.順位変動に対する対策ができる

1.検索パフォーマンスで記事の改善点を見つけられる

検索パフォーマンスは、SEOにおける改善策のヒントを多く発見できる機能です。例えば表示回数は多いのに、クリック数が少ないクエリは流入を取りこぼしている可能性が考えられます。

この場合、ユーザーにとってクリックしやすい適切なタイトルではないことが想定されますが、CTRと掲載順位を確認すると掲載順位が高くてCTRが低いと考えられるため、対象記事のタイトルやディスクリプションをリライトしてCTR改善が必要になります。

また、掲載順位が低いにも関わらず表示回数が多い場合は、検索ボリュームが大きいビッグワードの可能性が考えられます。検索回数が多い分、順位が低くても表示回数が多いとされるので順位を上げることができれば、さらに表示回数・クリック数の増加が期待できます。

2.ページ離脱を軽減できる

ユーザーがページを離脱する理由として主にページコンテンツの質が低かったり、404エラーなどアクセスできない場合が多いです。

サーチコンソールでGoogle側におけるコンテンツの質やページのエラーを確認し、改善することでユーザーがサイトやページを閲覧するときの不満や不快感を持たずページ離脱を防げます。

サーチコンソールはGoogle視点での改善ツールもあることから、検出された結果や数値などから問題解決を進めてクエリに対応したページを上位表示してもらいユーザー滞在時間の増加やページ離脱率を減らすことに利用できます。

3.順位変動に対する対策ができる

急激に順位が下がったり、自分のサイトのインデックスが消えたりした場合、手動による対策を受けている理由が明記されています。例えば、不自然なリンクや他サイトのコピーコンテンツなどが該当します。

まずはGoogleからの指摘に対して、不自然なリンクを削除したり、コピーコンテンツを削除もしくはオリジナルなものに差し替えるなどの改修対応をしましょう。指摘された原因が解消後は手動による対策から再審査リクエストを送信しましょう。Google側に今後は問題ないと判断されやすいように、経緯や対応した内容を丁寧に書くのがポイントです。今後Googleが問題無いと判断をすれば手動による対策は解除されます。

旧サーチコンソールとの違い

Googleサーチコンソールは2018年12月13日以降、URL検査ツールとして従来の機能の一部をバージョンアップして移行されました。2019年3月28日以降は完全に移行され、これまで行なっていた「fetch as google」が個別によるインデックスリクエストのみとなり、「HTMLの改善」などのクローラーに対するrobot.txtの改善などはなくなりました。

新しいサーチコンソールでは主に検索パフォーマンスレポートやインデックスカバレッジ、サイトへのリンク、AMP、モバイル対応の項目のみとなっており、従来の管理機能やエラー改善などの設定はなく、基本的には分析に対応した検査ツールとなっています。

参考元:URL 検査ツールについて

参考元:旧バージョンの Search Console から新バージョンの Search Console に移行する

Googleアナリティクスとの違い

サーチコンソールは、自分のサイトがGoogleからどのように認識されているかが分かるツールです。Googleアナリティクスは、Google検索からの流入のみではなく、広告等の経路も含めたサイトの全体流入を確認できるものです。流入したページからのコンバージョン(CV)や離脱率など、ユーザーの動きを見ることができます。

大きな違いとして、Googleからの認識確認をおこなうものがサーチコンソールであり、ユーザーの行動を分析するものがGoogleアナリティクスであるため、それぞれ目的とターゲットが異なります。SEO対策を考えるにあたり、サイトに流入するまでの分析はGoogleサーチコンソールを使用し、サイト流入後の分析はGoogleアナリティクスと考えるとわかりやすいでしょう。

まとめ

サーチコンソールはGoogleからどのような認識をされているかを分析し、Google視点でのサイト改善を行えるツールとして利用されます。

主にサイトの品質を技術的に分析や改善ができるので、高い評価を受けるために必要な要素を洗い出したり、機械的に改善策を施行できることから、サーチコンソールを完全に習得できればSEOに強いサイトを運営できると言っていいでしょう。

また、Googleアナリティクスと並行して利用することでユーザーとGoogle双方に対してSEO対策やユーザビリティ向上ができ、質の高いコンテンツを提供できます。

 

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です