あなたがよく聞くSEOの11用語を徹底解説!

Webマーケティングやブログ運営、サイト運営をしている人が成果を出すために必ず必要となるSEO対策についてSEO用語集としてまとめて解説しています。初心者から上級者まで幅広くわかりやすく解説を紹介しているので、SEOについてわからない人やもっと知識を深めたい人は参考にしてください。

SEOの基礎編

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略称で、「検索エンジンの最適化」という意味になります。ユーザーがGoogleなどの検索エンジンを利用するにあたって、いかに検索窓に入力したキーワードに対して満足のできる回答を提供できるかがSEO対策であり、クローラーは最適化するうえで最も関連性や信頼性の高いサイトを表示していきます。

オーガニック検索

検索エンジンにおける「自然検索」を指します。ユーザーがキーワードを検索エンジンの検索窓に入力して検索し、検索結果に表示されるページリンクから流入するとオーガニック検索によるアクセスがカウントされます。アクセスにおける大半がオーガニック検索によるものなので、新規ユーザーを獲得できる方法としてSEO対策を行ううえで重要な要素となります。普段何気なく検索したいとき、その瞬間にオーガニック検索は発生しているわけですね。

検索クエリ

検索クエリとは、ユーザーが検索するときに、検索窓に入力したワード、フレーズを指します。対して「キーワード」はサイト運営者が強調したい単語や文章です。ユーザーに示したいメッセージや、紹介したい商品・教材などを指します。検索結果で上位表示させたい場合に使用するものがキーワードであり、ユーザーが入力するフレーズは検索クエリとなるため、よく誤解されながら利用される用語ですがSEO的には異なる意味となっています。

また、検索クエリは下記の3つのクエリに分類できます。それぞれユーザーの方向性を見極めることに役立つので、検索意図を知りたい時に活かせます。

トランザクショナルクエリ:トランザクション(取引)を目的としたクエリです。何らかの取引をしたい、と考えるユーザーが、取引場所を探すために入力したフレーズとなります。

ナビゲーショナルクエリ:目的とするサイトへ移動するためのクエリ</span>です。サイト名やアプリ名などの固有名詞が該当します。

インフォメーショナルクエリ:情報を手にするためのクエリです。例えば、「東京 和食 おすすめ」「和食 種類」などのユーザーのニーズに応えるための情報に直結するクエリです。

参考元:検索クエリの3つの種類

私たちが検索している単語は組み合わせや内容によってクエリに分類分けされてサイト運営者側からすると検索意図を分析されているということですね。

ダイレクト流入

通常の検索方法とは異なり、流入元が不明な場所からページアクセスされる時に扱われるものを指します。下記のようにブックマークやSNS、まとめサイトのリンクからアクセスされた場合、参照元のページがない、もしくはわからないセッションです。

ダイレクト流入として該当するもの
URLを直接入力してサイトにアクセス
URLを入力した際に表示されるサジェストからアクセス
ブックマーク登録からアクセス
SNSなどのアプリからアクセス
ショートカットからアクセス
ExcelやWordからリンクをクリックしてアクセス
Eメールからのアクセス
QRコードを読み取ってアクセス
 httpsページからhttpページへアクセス

お気に入り登録や広告などの外部からアクセスした時点でダイレクトとして扱われるということですね。

クローラー

クローラーとは、インターネット上にあるWebサイトや画像などの情報を巡回しながら取得し、自動的に検索データベースを作成するプログラムのことです。「Web上を這う」という意味から「クローラー」と呼ばれています。

クローラーの機能は検索エンジンの仕組と関係しており、 現在の検索エンジンのほとんどがクローエう機能を持っています。クローラーは主に下記の行動をしています。

Web上にあるページ情報を収集してデータベース化する
検索エンジンのデータベースに登録されたページのランク付けする
 インデックスする並び順を検索結果を表示する

「Webサイト上のページ情報をデータ取得する」こと目的として動いているのがクローラーです。また、検索エンジンの検索結果で表示されるにはクローリングされたい自分のサイトを検索エンジンに対して認識させる必要があります。

検索ユーザーの見え方とクローラーの見え方は異なるので、ページ制作をする場合は両方の視点を重視しながら作っていく必要がありますね。

参考元:Google のクローラ(ユーザー エージェント)

サーチコンソール

Googleが無料で提供している、 Google面における分析ツールです。ページのインデックスリクエストやサイト内の検索パフォーマンスの分析、Googleからの警告の確認やSEOに必要な設定やペナルティ解除申請などができるのでWebマーケティングをしたり、サイトの運営をする人にとって必須のツールです。

2019年3月28日を以って従来のサーチコンソールがバージョンアップされ、現在は「URL検査ツール」として運用されています。新しいサーチコンソールではGoogleアナリティクスのような仕様となっており、Googleにおける可視化したデータを閲覧し、今までになかった機能を新たに搭載して利用できます。対して従来使えた機能が使えなくなったという項目も多く、完全に使いこなせば最新のGoogleアルゴリズムに適したSEO対策を取れると言えます。

参考元:Googleサーチコンソール

アナリティクス

Googleアナリティクスとは、Googleが無料で提供するWebサイトのアクセス解析ツールです。無料で利用できるので通常は正式なサポート等が整っておらずマニュアルもないので、利用者が任意で情報収集をして、利用方法を学ぶ必要があります。
専門の書籍や紹介しているサイトは存在しますが、不定期にUIや機能の仕様が更新されるため、常に最新情報を知るする必要があります。

ある程度使いこなせると、検索ユーザーが数値やグラフなど可視化した形で閲覧できるので、ページ改修やSEO対策をしていくうえで欠かせない分析ツールとして活用できます。

参考元:Googleアナリティクス

SEOの応用編

SEO対策には日々のユーザー検索やニーズで常に変化していくトラフィックの関係で正解はありません。数多くのアップデートや内部対策、外部対策が行われており、複数の対策を応用していくことでより最適化したページをGoogleとユーザーに発信し、評価を得ることでCVに繋げることができます。

リダイレクト

リダイレクトとは、任意のURLに対するアクセスを、他のURLへ遷移させることを指します。リダイレクトは従来はドメインパワーを下げる懸念点がありましたが、近年のSEOでは検索順位に悪影響になるとは限らないとされ、重複コンテンツや不要なコンテンツを削除する時には指定のページへリダイレクトしていくことが推奨されています。

しかし、多くのリダイレクトページは自動的に目的のページに遷移されますが、リダイレクトページの多いサイトや目的のページに遷移する速度が遅い場合などは逆にページ離脱される要因にもなるので、なんでもすぐにリダイレクトをせず、改修できるページは改修してさらに質の高いコンテンツを提供しましょう。

参考元:ページの URL の変更と 301 リダイレクトの使用

ホワイトハットSEO

ホワイトハットSEOとは、Googleの規約とガイドラインを守りながら行うSEOです。あくまでもGoogleに対して正しくSEOを施行していくため、検索順位の上位表示狙いやPV/セッションを伸ばす方法として望ましいですが、即効性があるわけではありませんので、コツコツ更新や改修をしていく必要があります。

競合サイトとの順位を競うとどうしても「すぐに結果を出したい」と考えてしまう人は多いですが、正しいSEO対策を堅実に取り組んでいくことが最も最善な方法であることをホワイトハットSEOは示しています。

違反とされるSEO

GoogleにおけるSEOでは、過去には手っ取り早く検索上位を狙って意図的にリンクを増やしたり、キーワードの詰め込みで短期的に効果を出す人がいました。現在はGoogle公式のガイドラインが規約として存在しており、違反した場合はペナルティや無効化するようにしています。

参考元:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

ブラックハットSEO

ブラックハットSEOとは、検索エンジンの規約やガイドラインを無視して短期的に検索結果で上位に表示させるためのルール違反とするSEOです。ページ内における隠しテキスト、コピーコンテンツやクローキングなどが該当します。

現在はガイドラインで規制事項となっていますが、検索エンジンの評価の精度が低かった時はブラックハットSEOが効果的で横行していましたが、 徐々に検索エンジンの改良が進んでほとんどが無効化、ペナルティの対象となっています。

ワードサラダ

ワードサラダとは、すでにある単語や文章を機械的に自動生成させて組み合わせて作った文章を指します。一見して人間が書いた文章のように見えますが、人が読んでも文章として意味がありません。

大量のページを自動生成して、検索エンジンのプログラムから見ると問題のない文章であるかのように見せてリンクもオーガニックリンクとして取り扱わせるために使われる、ブラックハットな手法の1つです。

グレーハットSEO

ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの中間の意味を指し、原則としてルールは守っていながらもNGだと明示されていない手法に関しては多少ブラックハットSEOの要素に近い手法で行う行為があるSEOになります。

明確に反する部分があまりなく、クローラーからも違反を検知されにくい方法を用いるので厳密に見ないとわからないことが最も危険なSEOです。特にキーワードの詰め込みは、現在はスパム行為ですが、Google側がキーワード詰め込み部分を除いてコンテンツの質を評価できるようになっているので、残りの部分の質が高ければ検索結果上位表示も十分可能です。

グレーハットSEOの方法はズル賢く、正当なSEO対策を行っているサイトからしたら非常に厄介なためGoogle側に報告されることもありますので「抜けがけ」行為はやめましょう。

まとめ

Googleは時代やユーザーのニーズによって常に変化しており、新しい要素や機能を搭載されてアップデートを続けています。これからのSEO対策を行っていくにあたり、これまでのSEO対策や分析ツール、専門用語について理解を深めていくことは必要不可欠です。正しいSEO対策をしていき網羅性のあるコンテンツ、権威性のあるコンテンツを作っていくことで、ユーザーにとって信頼できるサイトになるほか、自社にとってもCV目標を達成する効果も期待できるでしょう。

 

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です