サイトターゲットを目的やコンセプトから上手に設定するコツ

ターゲットイメージ

WebサイトやWeb記事を作成する際、ターゲットユーザーを設定することは大切です。

ターゲットユーザーを設定することによって、誰に向けたコンテンツなのかを明確にすることができます。サイトや記事を見てほしい相手がどのような人なのかが明確になっていることで、必要なコンテンツが分かるようになります。

それだけではなく、ターゲットユーザーに合わせて、適切なデザインや口調などを検討することができるようにもなるのです。

この記事では、まずターゲットユーザーを設定することが必要な2つの理由を説明し、サイトターゲットを目的やコンセプトから上手に設定するコツをご紹介します。

ターゲットユーザーを設定することが重要である2つの理由

ターゲットユーザーを設定することが大切という理由には、次の2点が挙げられます。

  • 誰にでも刺さるように作られた記事は誰にも刺さらないから
  • ターゲットユーザーが明確だと記事が上位表示されやすくなるから

以下でそれぞれを詳しくみていきましょう。

理由1. 「誰にでも刺さるように作られた記事」は誰にも刺さらない

自社のWebサイトに掲載する記事を作成する際、「どんな人が読んでも納得できるような文章にしよう」と、あえてターゲットユーザーを設定せずに取りかかっている担当者様もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ターゲットユーザーを設定しないと、誰にも刺さらない文章になってしまうものです。

例えば、脱毛サロンの記事を作成するとしましょう。

一般的には脱毛サロンに通うのは、10代~20代の女性です。ただ、最近では40代~50代の女性が、介護されるときのことを考えて、脱毛に通うようにもなっています。

そこで、10代~50代の女性に向けて文章を作成しようとすると、失敗してしまいます。なぜなら、ターゲットとなるユーザーによって、書くべき内容は異なるからです。

10代~20代女性に向けた文章なら以下のようになります。

例文1:
「2019年こそは、水着を着て海で思いっきり遊びたい。でも、毛が濃いから、水着からはみ出ないか心配…」こんなふうに考えている方は、1月のうちに脱毛を始めておくことが大切です。なぜなら、脱毛効果が出るまでには、少なくとも半年以上かかるからです。今始めておくことで快適な夏が過ごせますよ。

一方、40代~50代女性に向けた脱毛記事の文章を書くのであれば、以下のようになります。

例文2:
介護脱毛という言葉をご存知でしょうか。最近では介護に備えて、脱毛する40代~50代女性が増えてきています。健康で元気なうちに脱毛を始めて、介護生活になっても快適に過ごせるように準備しておきましょう。

このように、ターゲットが違えば、伝えるべき内容はここまで変わるものなのです。

ターゲットを明確にすることで、ユーザーに適した情報を提供することができます。反対に、ターゲットユーザーを設定しないと文章がぶれて、誰にも刺さらないような内容になってしまいます。

理由2. ターゲットユーザーが明確だと記事が上位表示されやすくなる

ターゲットユーザーを明確にしておくことで、記事の読みやすさや伝わりやすさが変わります。

ターゲットに適していない文章やサイトを作成すると、ユーザーは、この記事は自分が探している記事ではないと考えて、離脱していきます。その結果、離脱率が上がって、滞在時間は下がり、Googleからのサイトの評価も下がります。

Googleが掲げる10の事実にも、

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる

引用元:『Google が掲げる 10 の事実』Google

と記載されています。

ターゲットとなるユーザーを明確にして、その人に向けた文章を書くことで、滞在時間、PV数などが増加して、Googleの評価が上がり、上位表示しやすくなるのです。

ターゲットユーザーを設定するコツ

サイトターゲットを目的やコンセプトから上手に設定するコツ

ここからは、実際にターゲットユーザーを設定する際のコツについて、ご紹介していきます。

以下のポイントを参考にして、作成を行うWeb記事や、開設しようとしているWebサイトのターゲットユーザーを設定してみてください。

年齢・職業・悩みなど ターゲットユーザーはできる限り細かく設定する

ターゲットとなるユーザーは、可能な限り細かく設定しましょう。

年齢、性別、職業、家族構成、抱いている悩みといったように細かく設定することで、刺さりやすいコンテンツを作成することができます。

1人に刺さる文章は、結果的に多くの人に刺さるものです。「身近にいる友達たった一人に向けて作る」ようなイメージをもって取り組むことが重要です。

Q&Aサイトから「ターゲットの悩み」を把握し解決に必要なコンテンツを考える

ターゲットとなるユーザーがどのような悩みを抱いているのかを把握しておくことも大切です。その悩みを知るために、「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」といったQ&Aサイトで、狙うキーワードを検索してみてください。

どのような悩みを抱えているのかを知り、その悩み解決に必要なコンテンツが何かを考えましょう。

ターゲットユーザーに最適なページを作成するコツ

ターゲットとなるユーザーに最適なページを作成することで、上位表示を狙うことができます。ここからは、どのようにして、Webページの最適化を行ったらよいのか、その方法をご紹介していきます。

上位サイトを分析する

狙ったキーワードで上位を獲得することができているサイトは、そのキーワードに最適なコンテンツを提供しているページといえます。

そのため、上位ページをチェックし、必要なコンテンツ、文章の口調、サイト構成などを分析することで、ターゲットユーザーに適したページを作成できるようになります。

商品やお店のLPを参考にする

ターゲットユーザーに最適なページを作成するためには、狙ったキーワードで上位表示したときに、紹介する商品やお店のLPを参考にすることも大切です。

商品やお店のLPは、その広告主がターゲットユーザーに向けて作成したもの。どのような内容を伝えたいのか、どんなメリット・デメリットがあるのかといったことを入念に検討した上で作成されているページです。

したがって、LPも参考にして、自社のサイト・文章に必要なコンテンツを検討し、活かすことで、ユーザーが必要としている情報をより細かく入れ込んでいくことが可能になるのです。

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。