読み続けたくなる記事構成のポイントをライティングのプロが伝授

記事構成

読みたくなる記事は記事の構成がしっかりしています。執筆を始める前に何を伝えたいのかを明確にしてから、リード文を含めた記事構成を練ることで、より読みやすくて読者を惹きつける記事を作成することが出来るでしょう。読み続けたくなる記事構成を作成するためのポイントを解説します。記事構成の基本的な型から、実際の構成例をご紹介しましょう。

読み続けたくなる記事構成の型

読み続けたくなる記事構成は基本的な型に基づいています。書籍や新聞、雑誌などメディアでもこの型に基づいているため、多くのユーザーを集めることが出来ているのです。4つの構成の型をご紹介しますので、Webライティングの参考になさってください。

三段構成

1つめは三段構成でなっている記事構成です。この型が最もスタンダードでよく使われています。文章は序論・本論・結論の3つに分かれて作成されており、結論や主張をはじめから提示したいタイプの記事に向いている構成であるといえます。

序論では、誰をターゲットとしていて何を目的として記事を書くのかを検討し、それを書きます。記事の題材となっているものや、何を主張したいのかも序論で提示します。この序論で主題としているものをそのままタイトルに使うことで分かりやすい記事構成となるでしょう。

本論では序論で提示した主張の根拠を提示します。説得力のある文章にするために実際の体験談やデータを使用します。また、なぜその根拠を使用しているのかに関する文章も必要です。本論ではただ意見を主張するのではなく、序論の裏付けをするためのパーツであるとみなしましょう。

結論では、序論と本論で述べたことを総括するパーツです。ここでまた主張と根拠を述べ始めると長々とした文章になるため、簡潔明快であることを意識しましょう。結論まで読み進めた読者が、最後に納得して行動に促されるように文章を作りましょう。

例:
集客率の高いサイトを作るにはSEOマーケティングが必要です。
SEO対策のサポート会社と提携し、実際にSEOマーケティングを行った結果、数カ月で○○だった登録者数が▽▽にまで伸びています。
SEOマーケティングを行うことによって効率よく集客率を上げることが出来ます。

起承転結

2つめにご紹介する記事構成の型は起承転結です。起承転結は尾括構成とも呼ばれています。主張したい内容を最後に提示する方法で、徐々に読者の関心を高めていきます。文章の至るところで起承転結を使うことによって、抑揚がつき、メリハリのある読み応えのある記事になります。

「起」の部分では読む前に知っておいてほしい知識や情報を紹介します。記事の冒頭部分では踏み入った詳しい内容を書かないようにします。最初から主張が飛び出ていたり、難しいデータが羅列されていたりすると、最後まで読者の注意を惹きつけておくことは難しいでしょう。読者を引き付けるための文章を書きます。

「承」の部分では「起」の部分で紹介した前提知識や情報を詳しく説明していく部分です。内容はほぼ変わりませんが、さらに詳しく解説するために、事例やデータ、体験談など根拠となる情報を提示すると良いでしょう。

「転」の部分では、これまで述べてきた情報をもとに主張をはじめて提示するところです。最初の「起」「承」の部分で高めた読者の関心をさらに高め、記事で伝えたい内容を理解し、納得してもらえるように文章を作ります。

「結」の部分ではこれまで展開してきた主張をまとめます。結局一番伝えたいことは何なのかを簡潔に要約しましょう。「結」に至るまでに読者の関心を高め続けるため、かなり引っ張っていますので、最後は興味関心を削がないように分かりやすく、簡潔な言葉を使います。

例;
インスタグラムでは昨年よりもユーザー数が○○万人も増加しています。
同じような、写真を投稿するSNSアプリの中でも増加率において群を抜いています。
この増加率の背後には・・・といった機能の充実が考えられます。
このように、インスタグラムはコミュニケーションツールとして成長が著しいサービスと言えるでしょう。

頭括構成

頭括構成とは記事の初めに結論を述べるという厚生方法です。主題や主張を早めに℃億社に伝え、その後、根拠を提示していきます。

英文では、この方法がスタンダードですが、日本人にとってはなじみがあまりないため、いい意味で刺激を与えることのできる構成です。早い段階で読者の興味や関心を高め、結論まで導くことが出来ます。

この構成を使用する場合は「5W1H」を簡潔にまとめて見出しや冒頭の文章で明らかにします。そしてその情報の背景やさらに必要な知識やデータを紹介するという方法です。記事をじっくり読む暇がない読者が訪問してくれるコンテンツにすることが出来るでしょう。

起承転結とは逆の構成です。同じ例文で見てみましょう。
例:
インスタグラムはコミュニケーションツールとして著しい成長を遂げているサービスです。なぜなら、一年でユーザー数が○○万人も増加しているからです。つまり主要な写真投稿アプリの中でも飛び抜けて増加率が際立っているのです。

双括構成

4つ目の構成方法は双括構成です。尾括構成と頭括構成のデメリットを補いあっている、間を取った構成の型といえます。頭括構成と同じように、冒頭で主張を明らかにします。そして知識や情報などさらに必要なデータを提供し、結論でも主張をももう一度明確にします。

事例や具体例など主張の根拠となる情報を多く伝えなければならない記事ではこの双括方法が最も効果的な構成です。冒頭と結論の両方で主張することでポイントがはっきりとします。読者もこの記事は何を伝えたいのかが理解しやすいでしょう。

この構成の型も②の例文を活用してみましょう。
例:
インスタグラムはコミュニケーションツールとして著しい成長を遂げているサービスです。なぜなら、一年でユーザー数が○○万人も増加しているからです。つまり主要な写真投稿アプリの中でも飛び抜けて増加率が際立っているのです。このようにンスタグラムはコミュニケーションツールとして著しい成長を遂げているサービスといえるのです。

読み続けたくなる記事構成のポイントを伝授

読みたくなる記事構成の基本的な型をご紹介してきました。では、記事構成をよりわかりやすく、読みやすいものつるためのポイントを4つ解説します。

最適なキーワードの設定

まずは、記事のキーワードを設定しましょう。ある特定の分野で専門性を高めるための記事にすることもできますし、その分野での情報を総括していることを強みにすることもできます。

まずは、ユーザーに見つけてもらいやすいキーワードを選択します。そうすれば、そのキーワードで検索したユーザーの目に留まりやすくなるからです。このキーワードを設定し、構成を作るさい見出しにすべてそのキーワードを含めることができると、読みたくなる記事構成の第1歩となります。

リード文に含める要素を決定

2つ目のポイントはリード文に含める要素を決定することです。リード文はサイトを開く前に検索結果に表示される文章です。その記事を開いて読み進めるかどうかを読者が決める大きなポイントです。

このリード文では、記事が読者にとって得となること、ほかの記事よりも詳細を知れることをアピールしましょう。そして読者の好奇心を刺激して、ぜひこの記事を読んでみたい、と思わせることが大切です。

見出しで本文を予測できるようにする

見出しは記事構成の中でも特に大切な存在です。記事構成を作るときは見出しから作り始めるからです。見出しの設定がきちんと行えればメリハリのある分かりやすい記事を作ることが出来ます。

大きな見出しだけではなく、その見出しに関係する小見出しを付けるようにすると読みやすく、記事全体の流れを読者が把握しやすくなります。記事を作成していくためだけではなく、読者にとっても記事の中身を簡単にイメージできる見出しを作成しましょう。

例えば以下の見出しではどちらが記事全体を把握しやすいでしょうか。

例1)
【朝早く起きるにはどうする?早起きは三文の徳と言える理由を解説】
朝早く起きるのが苦手な人が多い理由
早起きは三文の徳
まとめ

例2)
【早起きしたら三文の徳って本当?健康・美容・脳へのうれしい影響とは】
早起きは三文の徳の意味とは?
早起きで健康な体に
早起きで美しくなれる
早起きすると脳がすっきり
早起きしたら体も心も徳ばかり

読み続けたくなる記事構成の見出しは「例2」です。
タイトルでもシンプルに記事の内容を紹介し、タイトルで提示した質問に対する答えを直ぐに見出しで提供しています。そして、より具体的な例を見出しにして伝えることにより、読者は記事を読み進めたくなるのです。

結論は内容に沿ったものにする

4つめのポイントは記事の内容に沿ったものにするということです。冒頭と結論で内容がずれてしまっていた、ということにならないように、初めに設定した記事の目的を結論で再提示するようにしましょう。結論はだらだらと文章を書く場所ではありません。簡潔に、記事全体をまとめ上げた文章が必要です。

なぜWebライティングに記事構成が必要なのか

Webライティングを行っている人の大きな悩みどころとなるものは、文章を最後まで読んでもらうにはどうすればいいか、という点です。最後まで読ませるための仕掛け、それが記事構成です。

一方的な情報発信では共感を生むことが出来ず、最後まで記事を読んでもらうことが出来ません。ですから工夫して、より多くの人がじっくり読みたいと思えるような記事構成を練らなければならないのです。

集客率の高いウェブサイトの記事は、質が高く分かりやすく信頼できるコンテンツを提供しています。そのような記事にするために何についての記事なのか、どんな読者に向けられているのか、どんなことを伝えたいのかに関しての情報を明確にし、記事全体で筋の通ったものに構成しておくべきなのです。

これをすれば読み続けたくなる記事構成ができる

読みたくなる記事構成を作るための簡単なコツを2つご紹介します。

テーマの明確化

まず、テーマを明確化しましょう。ここで気を付けてほしいのは、あれもこれも伝えたい、と考えて情報量がパンパンになってしまわないようにすることです。テーマは一つに絞りましょう。その方が専門性を高め、検索ユーザーに見つけてもらいやすくなります。何についての記事を書くのかをはっきりさせ、どんなキーワードで検索してくるかを予測して構成を作りましょう。

ターゲットと目的の明確化

2つ目のコツはターゲットと目的を明確化することです。ターゲットにする読者層や伝えたいことをはっきりさせましょう。ある専門分野に関する記事であれば、その分野で特化した知識を持つユーザーが読者となるため、構成を作る際、専門用語を使用するとよいでしょう。また、幅広い検索ユーザーを対象にしたいのであれば、かみ砕いた表現や友達のような感覚での文体の見出しを作るのがおすすめです。

より多くの人が読み続けたくなる記事構成でWebライティングを行おう

読み続けたくなる記事構成の型とポイントを伝授いたしました。記事構成はWebライティングの質を高めるために欠かせないものです。記事構成を作り始める前に目的とターゲットを明確にしましょう。そうすることで記事全体の流れを把握したうえで構成を練る鵜事が出来るからです。そして、読者がすぐに記事全体をイメージしやすい見出しを付けるようにしましょう。そうすれば読者の関心を引きつけることができます。今回ご紹介したポイントやコツを活用して、最後まで読み続けてもらえる記事構成を作成しましょう。