テープ起こしのタイムコード(タイムスタンプ)とは?基礎知識から表記方法までを解説

テープ起こしのタイムコード基礎知識と表記方法など

テープ起こしの「タイムコード」とは、音声データを文字に起こす際、決まった間隔ごとに時間を記入することを指します。タイムスタンプともいわれます。

 

00:00:00

(会話内容)

00:04:59

(会話内容)

 

上記のように、文章データに挿入します。

また、聞き取りできない部分に記入することもあります。

タイムコードがあることで、音声データと文章データを効率よく照合できます。

 

今回は、タイムコードについて、基礎知識や表記方法を解説いたします。

タイムコード(タイムスタンプ)とは

タイムカウント

 

タイムコードとは、音声データの時間経過を文章データに記入したものです。

たとえば、5分ごとにタイムコードの記入があれば、必要な部分を簡単に探し出せます。

タイムコードは会話の区切りで記入するため、厳密に5分ごとに記入されるわけではなく、「00:04:59」など、約5分のあたりで秒数まで記入されます。

 

【例文:タイムコードが記入された文章データ】

00:00:00

A:今日は、 Bさんをお招きして、お話を伺います。よろしくお願いします。

B :はい。よろしくお願いします。

(会話)

A:ほかにも、スッキリ暮らすために気をつけていることはありますか。

B:やはり余計な物を持たないことですね。

00:04:59

A:なるほど。

 

ほかにも、1分ごとの記入など、必要に応じて対応する場合が多いでしょう。

文章データを読んでいて、「この部分を音声データで確認したい」と思うときに、その部分をすぐに参照できるのため、とても便利です。

 

ただし、便利なタイムコードですが、テープ起こしライターには負担がかかる作業ではあります。

タイムコードを記入する場合には納品日数に余裕をもたせるよう注意しましょう。

 

タイムコード記入の間隔

タイムコード記入の間隔

 

タイムコードを記入する間隔ですが、「時間区切り」と「センテンス区切り」があります。

 

  • 時間区切り       :5分ごと・10分ごとなどに記入
  • センテンス区切り    :文章の区切れ部分にその都度記入

 

時間区切り

5分ごとの時間区切りでは、ぴったり5分ずつ記入するわけではありません。5分前後でもっとも近い文章の区切れ部分に時間を記入します。

00:04:59」の場合もあれば「00:05:15」の場合もあるでしょう。

また、記入する時間間隔が短いほど、記入箇所は多く、労力も作業時間もかかります。そのため、1分ごとのタイムコード記入であれば、割増料金で対応している会社もあります。

 

センテンス区切り

一方のセンテンス区切りは、文章の区切れ部分に、随時、タイムコードを記入します。

そのため、時間区切りよりも記入箇所が多く、労力が必要です。作業時間もかかるでしょう。

労力も時間も必要なセンテンス区切りですが、必要部分を音声データで探す際には、すぐに必要箇所がわかります。音声解析などの資料をテープ起こしする際に使用すると便利でしょう。

 

タイムコード4つの表記方法

タイムコードの表記方法を4つご紹介します。

00:00:00 ベーシックな表記方法
00時00分00秒 見やすいが作業負担が大きい
00°00’ 00’’ 00 映像のカウントに使用されることが多い
00h00m00s h=時間 m=分 s=秒

 

テープ起こしで最も使用されているのが「00:00:00」の表記です。

 

聞き取れない部分にもタイムコードを記入する

タイムコードを聞き取れない部分に記入

 

聞き取れない部分にタイムコードを記入することがあります。

 

【例文:聞き取れない部分のタイムコード】

音声データ: フランスの哲学者は困難は◯◯せよと言っています。(←◯◯が聞き取れない部分)

 

↓テープ起こし

 

文章データ: フランスの哲学者は、困難は●●(@1:27:50)せよと言っています。

 

聞き取れない部分の記入方法は、クライアント様からの指定があればそれに従います。

とくに指定がなければ、タイムコードを記しておくのがよいでしょう。聞き取れない部分の照合がスムーズです。

聞き取れない部分にタイムコードの記入がないと、探して照合するのに労力がかかってしまいます。

 

【目的】タイムコードでデータの照合が楽にできる

タイムコードの活用

 

タイムコードが記入されていると、音声データと文章データを効率的に照合できます。

わかります。

1時間の音声データがあるとして、文章データを確認していて特定の部分の音声データを確認しようとしたときに、もしもタイムコードがなかったら大変です。

1時間の音声データのなかから時間もわからないまま必要部分を探すのは非常に困難です。

ここでタイムコードが活用されます。

タイムコードが記入されていれば、確認したい部分の時間を見て、音声データのその時間の部分を再生すればよいのです。

タイムコードの記入はテープ起こしライターにとっては負担のかかる作業ではあります。しかし、データを効率よく活用するためにとても大切です。

 

1時間以上の音声データならタイムコードが必要

1時間以上の音声データなら、タイムコードをつけたほうがよいでしょう。

もし、長時間データにも関わらずタイムコードを記入していなければ、確認したいことがあったときに、必要な部分を探し出すのに手間取ってしまいます。

タイムコードの記入間隔は、5分から15分単位で、必要に応じて記入するのがよいでしょう。

5分間隔では煩わしく感じるなら10分間隔で。細かく確認できたようがよいなら5分間隔で。

そんなふうに、資料の特性や使用方法を考えて決めましょう。

 

タイムコード記入でデータを効率よく活用しよう

タイムコードの記入には次の2つがあります。

 

  • 音声データの時間経過を記入する (5分ごと、10分ごとなど)
  • 聞き取れない部分に記入する   (●●00:06:01など)

 

タイムコードの記入があると、文章データで気になる部分があったとき、音声データから確認したい部分を探すのにとても役立ちます。

文章データと音声データを照合して、効率よく活用するためにも、1時間を超えるデータにはタイムコードを記入するのがよいでしょう。

在宅ライター募集!

センターグローブ(記事作成代行屋)では良質な記事を作成いただけるライターさんを募集しています。

在宅でのお仕事ですので、ライター1本で生計をたてたい方はもちろん、お仕事をされている方の副業としてもご活用いただけます。

ご興味がございましたら、下記から詳細説明をお読み頂きまして、よろしければ応募フォームからご応募ください!