文章は1行目が命!読んでもらえる書き出し8つのポイント

読んでもらえる文章の書き出し 

文章を読んでもらえるか読んでもらえないかの勝負は、1行目で決まります。これは、小説だけではなく、WEB記事の導入文でも同じです。

最初の1行目はその文章が読みやすいか、知りたい情報を提示してくれているかを知るために誰でも読むでしょう。しかし、もしその1行目で興味がわかなければどうしてその次を読み進めようと思うでしょうか。

書き出しの1行目で読者は先入観を形成します。批判的になるか好意的になるかも書き出しの1行目ですべてが変わります。最初の1行目で読者の興味を掻き立てることが出来れば、その記事を最後まで読んでもらえるでしょう。

今回は、読んでもらえる書き出し8つのポイントを解説していきます。

書き出しで記事から得られる情報を明確にする

文章の書き出し8つのポイント

まず1つ目は、導入文の書き出しで、読み手が得られる情報をパッと明確に示すことです。

読み手は、自分が求める情報がこれから読む記事に含まれていると分かれば、必ず記事を読み進めてくれます。

 

例文で解説いたします。

まずはおすすめできない例として、情報を明確にしていないあやふやな書き出しを見てみましょう。

【例文:記事の情報を明確にしない書き出し】

ほうれい線をどうやってケアしたら良いかご存知でしょうか。

ほうれい線があるととたんに老けた印象になってしまいます。

多くの女性を悩ますほうれい線について見ていきましょう。

このような書き出しでは、記事本文で得られる情報が何なのかが曖昧で、その記事を読み進めようという気持ちにはならないでしょう。

 

上の例文を、記事の情報が明確になるように書き直してみましょう。

【例文:記事に書かれている情報を明確に示す書き出し】

ほうれい線にお悩みの方のため、自宅でできるほうれい線セルフケアケアの3つの方法と、美容外科で受けられる4つのケアをお伝えします。

セルフケアだけでは効果が弱いと感じる方は、気軽に美容外科に相談してみましょう。

ほうれい線におすすめの美容外科3選も合わせてご紹介いたします。

 

このように記事に書かれている情報が導入文で明確に示されていると、

「お、この記事には知りたいことが書いてあるぞ」

「この記事の内容は役に立ちそう…」

といった具合に読み手の興味を引くことができます。

 

問題提起をしてどのように疑問を解決するかを明記する

2つ目は、問題提起する、というものです。

体験から生じた疑問などを書いたのちに、記事がどのようにその疑問を解決してくれるのかを明記します。そうすれば、同じ疑問を抱いている読者は記事を読み進めてくれることでしょう。

【例文:問題提起と疑問の解決を明記した書き出し】

「糖質ダイエットをしているのに痩せないのはなぜ?・・・」

そんなふうに感じる方は少なくありません。実は、糖質ダイエットをしても痩せないのには、3つの理由があるんです。

今回は糖質ダイエットをしても痩せない3つの理由を分かりやすく説明し、上手な糖質の摂り方もご紹介いたします。

このように読み手の疑問を代弁すると、「私もそれが知りたい!」と、読み手の興味を引きます。

さらに、読み手の疑問を解決する答えが記事中にあることを示しましょう。内容までしっかり読み進めていただけるようになりますよ。

 

ユーザーの悩みを代弁する

3つ目のポイントは、ユーザーの悩みを代弁する、というものです。

多くの人が抱えていそうな悩みを代弁することで、それに共感したユーザーがページに訪れてくれます。

例えば、セリフを使った書き出しで親しみやすさを感じさせることが出来ます。

【例文:悩みを代弁する書き出し】

「脱毛サロンに通いたいけれど恥ずかしい」

そんな理由で脱毛サロンに通いたいけれど躊躇してしまう人はとても多いんですよ。

脱毛サロンではお客様のそんな気持ちに対処するよう、できるだけ恥ずかしさを感じない方法で脱毛を行ってくれます。

今回は、脱毛サロンに通うのを躊躇する方のため、一般的な脱毛サロンで行われる脱毛の手順と、実際に脱毛サロンで脱毛をした◯人の方の体験談をご紹介します。

 

このように、まず多くのユーザーが抱える悩みを代弁します。すると、読み手は「この記事は自分に関係ある」と感じます。その上で、記事がその悩みを解決できることを明記しましょう。

書き出しで自分の悩みを解決してくれる記事だと分かれば、読み手は記事を読み進めてくれますよ。

 

記事タイトルに対する答えを提示する

4つめのポイントは、記事タイトルに対する答えを提示することです。

ユーザーは気になるキーワードを検索し、検索上位に挙がってきた記事の中から読む文章を選びます。この時の基準となるのはタイトルです。タイトルで興味を持たせることが出来たら、書き出しでタイトル詐欺を感じさせないように直接的な情報を伝えます。

では、例文を見ていきましょう。

【例文:記事タイトルに対する答えを提示する書き出し】

タイトル:災害発生時に役立つ◯つの連絡手段

災害発生時の連絡手段には、「災害用伝言サービス」が役立ちます

災害発生時には安否確認の通話が集中して電話が繋がりにくくなります。そんな時に活用できるのが災害用伝言サービスです。

今回は、携帯、スマートフォン、WEBによる災害伝言サービスの◯つの利用方法をご紹介いたします。

利用方法を確認して、万が一の事態に備えましょう。

上の例文では、タイトル「災害発生時に役立つ◯つの連絡手段」に対して、書き出しから「災害発生時の連絡手段には、『災害用伝言サービス』が役立ちます」という答えを提示しています。

読み手は待たされることなくタイトルの答えが分かり、ストレスなく文章を読み進められます。

もしもタイトルと内容に違いがあると感じると、読者は書き出し以降を読んでくれなくなるでしょう。ですから書き出しは回りくどい文章ではなく、タイトルに対する答えを明記することが必要です。

 

[参考元]総務省/災害時には「災害用伝言サービス」やメールを御活用ください

 

最初の文章で結論をシンプルに述べる

文章の書き出しで結論を述べる

5つ目のポイントは、結論を最初に述べることです。

要点が分からないままだらだらと続く文章をいつまでも読み続けたい人などいません。読者の気持ちになって、短い時間でも要点がシンプルに伝わるような書き出しにしましょう。始めに結論を述べるなら、記事の意図や目的を理解してもらうことができます。

例文で見ていきましょう。

【例文:最初に結論を述べる導入文】

肩こりの多くは、姿勢の悪さ、冷え、ストレスによる血行不良によって引き起こされます。

血行不良になると乳酸が蓄積し、末梢神経を刺激して痛みが生じるためです。

今回は、肩こりを引き起こす血行不良を改善する3つのテクニックをご紹介します。

 

上の例文なら、読み手は肩こりの原因が何かを真っ先に知り、続く導入文で記事に解決法が載せられているのも分かります。

結論を知りたいという読み手の立場に立ち、結論は先延ばしせずに記事の冒頭でシンプルに述べましょう。

 

意外な情報を提示して読者の興味を引く

6つ目のポイントは、意外な情報を提示する、ということです。

一般的な認識とは違う考え方を書き出しに持ってくることで読者の興味を引くことができます。そして、そのあとにすぐに具体的な情報を載せることで、読者をサイトに滞在させることが可能になります。

例文を見ましょう。

【例文:意外な情報を提示する書き出し】

ヘルシードリンクとされるグリーンスムージーですが、実は豆乳ラテよりも太りやすいんですよ!

グリーンスムージーを作る時にはフルーツも使用しますよね。フルーツにたっぷり含まれる果糖は血糖値を急上昇させ、肥満の原因になります。

今回はダイエットに良いと思われている◯つの食品について効果の是非を検証いたします。

一般的な認識と違う情報を提示すれば、「そうだったんだ!自分が知らない情報がもっとあるかな」という読み手の興味を引き起こします。後は、記事の内容を充実させて読者に読み進めてもらいましょう。

 

強烈な一文を置いて読者を引き込む

7つ目のポイントは、「え?なにそれ!」「びっくり!」と思わせる強烈な一文を書き出しに置くことです。

思わず読者が引き込まれ、注意を向けたくなるような文章を書き出しに置くのです。

例文で見てみましょう。

【例文:強烈な書き出し】

スマホを1日3時間以上見ると、2時間の勉強が無駄になります。

東北大学の調査によると、「1日2時間以上家庭学習をするがスマホの使用時間が3時間を超える生徒」は、「勉強しないがスマホを見ない生徒」よりもテストの点数が低いという結果が出ました。

今回は、お子さんのスマホ使用が学力に与える影響が心配な保護者のため、上手なスマホの使い方についてご説明いたします。

例文ではスマホが学力に与える悪影響の深刻さを、具体的な情報として1文目に置いています。情報を知らなかった読み手にとってはかなりショッキングな内容となるため、注意を集めることができます。

「そうなんだ!…ではどうしよう」といったふうに、記事の内容へと読み進んでもらえます。

 

参考元:東北大学/スマートフォン・携帯電話の長時間使用が学力に悪影響を与える![pdf]

 

映画や小説などで有名な台詞を引用する

8つ目のポイントは、有名な台詞を引用して、読者の心をつかむことです。

名作といわれている映画の1シーンや小説で有名な台詞などを取り入れると、読者は興味を引かれます。ブログや何かの商品紹介をするサイトであっても、書き出しで引用を用いることで読者にとって続きが気になって仕方がない!という記事にすることが出来るのです。

例文で見ていきましょう。

【例文:有名なセリフを引用した書き出し】

「やってみる、ではない。やるか、やらないかだ」とは有名なスターウォーズのヨーダ様のセリフです。

お金持ちになりたい!と思っても実際にそのためのノウハウを実行する人はなかなかいません。

こちらの記事を参考に、「やってみる」ではなく、是非「やる」という強い行動をとりましょう。

名言を引用することで、読み手の心を動かしやすくなります。

日頃から、素敵だと感じるセリフを自分の中に蓄積して、必要な時に取り出せるようにしておきましょう。

 

最初の1行で読者を引きつけるライターになろう

書き出しの1行はWebライティングにおいて命です。記事を読んでもらえるか、読んでもらえないかは最初の1行で決まってしまいます。

読者を引きつけて最後まで記事を読み進めてもらうためにも、ご紹介した8つのポイントを活用してください。バリエーションに富む書き出しでもっと多くの読者の心をつかみましょう。

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。