コンテンツマーケティングにおける記事の効果について徹底解説

コンテンツマーケティングを始める時に、ブログやオウンドメディアで記事を投稿してWeb検索からのユーザー流入が最も一般的な方法となります。

実際、多くの企業が新規でコンテンツマーケティングを行う時にはブログを解説してユーザーを獲得していっていますね。

今回はそんな記事よるコンテンツマーケティングにおける効果について様々な面を詳しく解説していきます。

記事はスマホ時代のいまだからこそ効果がある

ブログ記事は企業の商品やサービスをWebを通して不特定多数にアプローチできる大きな効果を持っています。

スマホが普及している現在ではいつでもどこでもWeb検索をおこなえることから、企業としては既存のサービスや新規のサービス、商品について認知の範囲や顧客獲得の幅を広げる機会となり、更新をしていけば企業のブランド力を高める媒体となるのもメリットのひとつです。

本記事もコンテンツマーケティングをおこなう方々にとって有益な情報を提供し、記事を作りたい人にもSEOに強い質の高い記事を作成しておりますので、そういう意味では価値あるものと捉えていただけると幸いですね。

顧客層を明確に把握できる

記事にはどんな媒体においても閲覧する人たち、すなわち顧客層(ターゲット)とされるものがあり、どのような人たちに向けて作成しているかも内容を読めばわかります。

例えば、ダイエット系の商品の記事を紹介している場合、多くはこれからダイエットをしたい人、効果のあるダイエット関連の情報を知りたい人がペルソナ像として想定されるので記事としてはダイエットに関して有益な情報を満遍なく掲載します。

短期間でこれだけの効果がある、のように実際の効果について載せている場合は、その記事は「すぐに効果が出るダイエット商品を知りたい人」というターゲット層がわかりますね。

ターゲット層を把握すると記事の制作側の意図とユーザーの検索ニーズがどれくらい合致しているのか明確にわかるので、周知したい商品やサービスに関してCVへつなげる施策を練られます。新商品などを出すときにはとても重要な要素ですね。

質の高い記事であれば文字数が少なくても効果は出る

ブログ記事はSEOにおいては文字数の重要性が従来から提起されていますが、最新のGoogle検索アルゴリズムにおいては内容の「質」を重視するようになりました。

文字数を無作為に多く稼いでも、検索ユーザーが求めるニーズに沿っていなければ価値のない記事になってしまうということですね。

たとえば、通販などのECサイトの場合、記事には主に商品ページのみだとします。
商品ページには、要約された紹介文が添えられているだけで詳細は別ページにあるとすると検索結果では上位表示されるでしょうか。

答えは「イエス」です。記事自体の文字数が1000文字程度だとしても、検索上で頻繁に検索される内容であればGoogleもニーズに応じて上位表示させます。

Googleも品質の高い記事に対する明確な判断材料を下記で問いています。

・あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?

・この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
・サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
・あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
・この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
・このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
・この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
・同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
・コンテンツはきちんと品質管理されているか?
・この記事は物事の両面をとらえているか?
・このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
・次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
・コンテンツが外注などにより量産されている
・多くのサイトにコンテンツが分散されている
・記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
・健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
・サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
・記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
・記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
・ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
・記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
・記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
・記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
・ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
・このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

参考元:良質なサイトを作るためのアドバイス

これらの記事には、SEOに最適化されたページでもあるので、HTML改善がされたページ、適切なリンク配置などされたコンテンツが多いです。

仮に私が検索エンジンだったら、このサイトは検索ユーザーに紹介したいと思える記事はなるべく検索意図に合ってるとされる内容であれば文字数の少ないコンテンツでも表示しますね。

さまざまなアプローチができるのが最大の強み

記事制作する上でさまざまな方法を試せる利点のある記事によるコンテンツマーケティングは、検索エンジンからの更新トラフィックを向上させたり、多少は意図的にキーワード検索順位を改善させることもできます。

その反面、記事の更新を滞らせたり、記事のニーズが検索ユーザーのニーズから逸れてしまうとあっという間にPV数やセッション数、CVまでもが変動してしまうこともあるため継続的に改修をしていく必要があることを忘れてはいけません。

記事のコンテンツマーケティングで気をつけること

数打てば当たるわけではない

記事数が多いほど、サイト評価は上がっていくことは間違いありませんが、単に記事の生産だけをすれば確実に伸びるわけではありません。「数を打てば良い」というものではない、というのが記事におけるコンテンツマーケティングの難しいところです。

コンテンツマーケティングの質は、その量に比例せず、ユーザーのニーズを前提とすると記事によるコンテンツマーケティングという手法がいつでも正しいというわけではありません。

成果が出るまでには時間もかかる

ブログなどの記事によるコンテンツマーケティングは、実際の成果が表れるようになるまでは非常に時間がかかることが多いです。多くのサイトでも、安定したトラフィックを得るまでにはおおよそ半年あまりかかるとされ、経過状況として数字に波があったとしても継続的にコンテンツを更新し続けて1年以上から、Googleの評価やユーザーアクセスが伸びると考えられています。

一朝一夕にはいかないことは当然ですが、日々の計測でなかなか伸びなかったり、低迷することもあることは成果を出すまでの改善策を見つけるための乗り越える壁と言えますね。

記事は誰でも簡単に始められる便利なコンテンツ

新たなプラットフォームを使用してブログサイトを運営しようと考える理由のひとつとして、ブログの立ち上げは意外と難しくないことも魅力な点です。

仮にWeb構築が得意でなく専門的なコーディング作業ができない場合でも、例えばWordPressのようなプラットフォームツールを使用することで簡単にブログ始められます。事前にブログサイトを保存するサーバー環境は用意する必要がありますが、簡易的なレンタルサーバーを使うだけですぐに立ち上げの準備ができます。

WordPressで始めるのがおすすめ

ブログやオウンドメディアで記事制作をしていくことに最もおすすめなWordPressには、無料で使うことができるテーマやプラグインの数などが豊富にあるという点です。設定するときには多少の調整は必要ですが、自社のイメージにあったデザインのテーマを決められるのは魅力的ですね。

また、コンテンツマーケティングをする際に必要不可欠な分析ツールや、all in one seo packをはじめとしたSEOツールもプラグインとして有効です。

プラグインはテーマと相互性を重視する

しかし、注意する点として、プラグインは多く入れれば入れるほどテーマやプラグイン同士でコーディングのぶつかりあいが起きて、サイト表示エラーの原因となってしまいます。一般的にはテーマには相互性を確認したプラグインのリストが付いていますので、テーマやプラグインを決めるときには一度必要なものをリスト化をして相互性のあるものを選ぶようにすることが大切です。

また、プラグインを選ぶときには使用しているユーザーのレビューを参考にすると良いでしょう。プラグインダウンロード画面では、そのプラグインを使用しているユーザー数も確認することができます。

さらに、プラグインの制作者がアップデートをどれくらいの頻度で更新しているかどうかも確認すると良いでしょう。一般的には多くの人が利用しているプラグインであればレビュー評価も高く、後に機能面でエラーが発生することは起こることが少ないと考えられます。

敷居こそ低いがやることは多いのが記事を利用したコンテンツマーケティング

ここまで、記事を利用したコンテンツマーケティングにおけるメリットやデメリットに関して解説してきました。

レンタルサーバーを使用して準備さえすれば誰でも簡単に始められるというハードルの低さこそ最大の魅力であり、発信する情報は後々サイトの財産となって多くのユーザーを獲得し、CVに繋げる王道とも言えるものではありますが、SEO対策や日々の更新、数値分析など毎日欠かさず徹底した施策を行うことを継続できるかが大きな壁にもなります。

さらに多くの企業や個人がすぐに始められることから競合性も高いコンテンツマーケティングの一環ですが、スマホ社会となっている今だからこそできる方法として活用すべきでしょう。

これからブログ記事やオウンドメディアを立ち上げたいと考えている人は、SEOに強い記事を制作している記事作成代行屋へぜひご相談してください。

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です