コンテンツプランニングで売れるWebメディアを作るポイント

メディアを作る

コンテンツマーケティングにおいて、Webメディアの方針を固めるときに行われるのがコンテンツプランニングです。コンテンツプランニングとは文字通り、どのようなコンテンツを発信していくかという計画を立てることを指します。

今回は、コンテンツプランニングを行い売れるメディアを作るポイントを紹介していきます。

Webメディアの目的とゴールを決めることがコンテンツプランニングの重要点

Webメディアを運営していくなかで、コンテンツが増えていくほどに方向性のブレやコンテンツごとの矛盾などが生まれることがあります。ブレや矛盾はサイトの信頼度に影響するため極力起きないことが理想ですが、コンテンツの量が増えるとどうしても生まれてしまうという側面があります。

この問題が起こる原因として、以前のデータが間違っていて今の情報が正しいというケースと、サイトの目的やゴールが明確にされていないケースがあります。それぞれのケースごとに対策をご紹介しましょう。

時間経過が原因の場合は過去のコンテンツへの追記か新規告知を行う

以前の記事が時間経過によって正しくないことが分かった場合には過去のコンテンツに追記を行うか、新たにコンテンツを作り、それを過去のコンテンツで告知することでメディア内の矛盾を防ぐことができます。

目的やゴールが定まっていない場合はコンテンツプランニングを行う

サイトの目的やゴールが定まっていない場合には、コンテンツプランニングを行うといいでしょう。Webメディアを通じてユーザーに何を感じてほしいのか、最終的にどのような行動を起こしてもらいたいのかという点が定まっていれば、コンテンツが増えても過去のコンテンツとの矛盾は起こりにくくなります。

メディアの目的とゴールが決まっていることは、SEOのベースとなるキーワード選定の場面でも良い効果があります。ユーザーがサイトを見た際にどのような感情をもって欲しいか、どのような行動をしてほしいかというゴールから、ユーザーのスタート地点を考えることでスムーズな導線のメディアづくりができるようになるでしょう。

メディアの目的とゴール

コンテンツプランニングでブレのないメディアを構築するための3つのポイント

コンテンツを作る際に、ターゲットを定めることもコンテンツプランニングの重要な点のひとつです。無駄なくターゲットを定める3つのポイントが、「誰に」「どのような内容のコンテンツを」「どれくらいの頻度で発信するか」です。

コンテンツの方向性が曖昧になってしまっていると、個々のコンテンツが良質であってもサイトの成果に直結しないことが多いため、それぞれの側面をしっかりと定義づけることがポイントです。

誰にコンテンツを届けたいのか

自社のサービスや分野をあまり知らないへ向けたコンテンツと、よく知っているがまだ購入に至っていない人、もしくは既存客へ向けたコンテンツは内容の方向性が大きく異なります。

どの層にも通じる話をしようとするとありきたりの薄い内容になり、ユーザーは記事を読んでも満足せずサイトを離脱する可能性が高くなってしまいます。そうならないためにも、コンテンツプランニングを行う際にはどの層に向けて発信を行うのかという、対象の絞り込みを最初に行ってみてください。

コンテンツを届ける層が決まったら、次は対象の性別・年代・嗜好などのイメージを固めてみてください。

ターゲットを明確にする

サイトの配色テーマなどは企業やサービスの持つカラーを基軸として、サイトユーザーの好みに沿った色をベースカラーとして使用すると、サイト全体のまとまりが出て馴染みやすくなります。

その他にもサイトに使用するフォントや文体、コンテンツの構成などをターゲットが受け入れやすいものにしてみましょう。

サイト全体に統一感が出ることでサイトを見る層が安定するので、CVRを向上させるための施策がより刺さりやすくなります。

どのような内容のコンテンツを届けるのか

「誰に」というターゲットのイメージを定めることにより、配色やデザインだけでなくコンテンツ構成の方向性も決めやすくなります。

数字やデータを展開するロジカルなコンテンツを作るのか、反対に感情面を強く出すコンテンツを作るのかなど、コンテンツ構成を考えるうえでの思考材料としても、ターゲットを絞ることはとても有効です。

商品知識のないユーザーをターゲットとしているのに、突然データを並べた専門的な話をしても離れてしまいますし、その逆も然りです。

その他にもお金を稼ぐためのコンテンツを発信する場合などは副業としてお金を稼ぎたい人を対象にするのか、本業として稼ぎたい人を対象にするのかでコンテンツの内容が大きく変わってくることが考えられます。

本業として稼ぎたいと思っている人に副業として稼ぐコツというテーマでコンテンツを発信しても「それぐらいしか稼げないのか」と離れてしまいます。

このようにコンテンツプランニングを行う際にはターゲットをしっかりと定め、コンテンツの内容にブレがでないようにすることで、失敗のリスクを抑えることができます。

どれくらいの頻度で発信するのか

ターゲットを絞ることで、そのターゲットが日常生活のどのようなタイミングでサイトを訪れるのかを想像しやすくなります。

ターゲットがサイトを見るタイミングが通勤途中の電車の中を想定している場合、コンテンツの更新は平日の朝に行う方が新しい情報をユーザーに届けられるでしょう。逆に、休日の寝る前に見ると想定した場合には、平日の朝ではなく金曜の夜などが適切になると考えられます。

前者の場合は平日5回の更新が理想となり、後者の場合には週末1~2回の更新が理想的となります。この更新頻度の設定を行うことで、コンテンツの範囲を考えやすくなるでしょう。

更新頻度が高い場合にニッチなカテゴリでのコンテンツにジャンルを絞ってしまうと、早々にネタが尽きてしまい更新が止まってしまうことが予想されます。そのため、ある程度ざっくりとしたカテゴリの持たせ方をしたコンテンツ作りがおすすめです。

逆に更新頻度を低く設定した場合、サイトへの再訪問の確率も下がることが考えられます。そのため、1つのコンテンツで確実にターゲットのニーズに応え、ユーザー信頼感を得るコンテンツ作りが必要となります。

メディアが提供するカテゴリ範囲

更新頻度を考えると聞くと、スケジュールを立てるだけのことだと考えてしまう方も少なくありませんが、コンテンツにどれくらいの幅を持たせるかというカテゴリの指針にもなります。コンテンツプランニングを行う際には、ぜひこちらも計画の中に入れてみてください。

コンテンツプランニングを行う際の注意点

コンテンツプランニングを行う際の注意点は、現状にそぐわない無理のあるプランニングを行わないことです。コンテンツの制作者とターゲットがあまりにもかけ離れている場合、適切なコンテンツを届けることに無理が生じるかもしれません。

また、人員が揃っていない・ニッチなキーワードを扱っているにもかかわらず更新頻度を高くしてしまった場合、設定したプランを実行することが難しくなり、メディア全体の更新が滞り更新頻度が低いサイトになってしまうかもしれません。

コンテンツプランニングは、どういったコンテンツに注目が集まるかというような目先の利だけを考えるのではなく、安定して長く運用するためにどうするかという目線も持ちつつ行うことを意識してみてください。

在宅ライター募集!

センターグローブ(記事作成代行屋)では良質な記事を作成いただけるライターさんを募集しています。

在宅でのお仕事ですので、ライター1本で生計をたてたい方はもちろん、お仕事をされている方の副業としてもご活用いただけます。

ご興味がございましたら、下記から詳細説明をお読み頂きまして、よろしければ応募フォームからご応募ください!