コンテンツマーケティングのメリットと本質を徹底解説

今回はコンテンツマーケティングのメリットと注意するべきところ、コンテンツマーケティングにおける本質について紹介します。コンテンツマーケティングが広がった理由として、主にクラウドソーシングの普及などの世の中の変化が影響して、直近10年間でコンテンツマーケティングをおこないやすい状況になっています。

しかし、コンテンツマーケティングにはどのような効果を期待できて、どのような手間があるのか、またコンテンツマーケティングにおける媒体について本質を把握しておかないと導入する本当の意味を理解できません。

コンテンツマーケティングをやるメリットは多い

誰でも低予算でできる

コンテンツをWeb広告で配信すると媒体にコストとして支払う広告費が発生します。Web広告自体は安価で開始することができます。

ただし、業界によっては成果を出すために月額で万単位の維持費を用意する必要がありますよね。

しかしコンテンツマーケティングはメールマガジンや、ブログ、記事コンテンツを使用したオウンドメディア構築から始められるので初期費用を人件費のみで始めることができる点が魅力のひとつです。サイト運営者の人たちが持っているノウハウを、 ユーザーの求めているニーズに応えるものを共有するだけなら、記事をライティングする人件費だけで済みますよね。

コンテンツがサイト価値を示す

これまでマーケティングに使われていた費用は、全て支出として見なされていました。

例えば、 ランディングページを作成して広告を配信する場合は、広告配信をやめてしまえばその瞬間にサイト流入は激減してマーケティング活動も終わってしまいます。

しかし、 コンテンツマーケティングではこれまでに発信したコンテンツはWebサイトに残流のでサイトの価値を示すものになります。

さらにユーザーの満足される質の良い記事は Googleの評価も高く受けるので検索結果でも上位表示されて自動的にコストをかけず集客できます。

近年ではSNS上でのユーザーによる拡散で、いわゆるバズることもあるため、これからのWebビジネスにおいてもコンテンツマーケティングの重要性が問われていますね。

クラウドソーシングをフル活用できる!

これまではサイトのページコンテンツの制作には質の高いページにするほど制作時間や手間、人員費用がかかることから、コンテンツマーケティングをやるには課題が多い状況でした。

しかし、最近はクラウドソーシングが普及したことでコンテンツ制作にかかる時間やコストを外部による委託で相当な量を削減できるようになりました。法人では多くの資金がある大手企業だけでなく、個人事業者や中小企業でもコンテンツマーケティングを容易に実践できる状況に変化しました。

広告費をまだ十分に確保できない場合でも人員リソースをクラウドソーシングを使うことでコンテンツマーケティングを使用したWebサイトへの集客を可能としてます。

良質なコンテンツはバズってシェアされる

スマートフォンの普及にともなってモバイルファーストが当たり前となり、有益な情報を提供しているコンテンツはシェアされやすく、特にTwitterやフェイスブックなどのSNSを利用などでエンドユーザーがコンテンツを能動的に拡散してくれます。

質の高いコンテンツを制作できれば、検索エンジンやSNSを通じて、多くのエンゲージメントを得られます。Web広告に依存せずとも自然と情報を拡散できるコンテンツマーケティングのひとつです。

コンテンツマーケティングで注意するところ

主にコスト削減や効率化を促せるコンテンツマーケティングにも意外な落とし穴があります。「こんなはずではなかった」とならないように事前に注意点を把握しましょう。

コンテンツ運営に時間と手間がかかる

コンテンツマーケティングは始めたあとも、Googleや検索ユーザーから高い評価と満足度を得るために継続したコンテンツ制作や、検索ユーザーの動向をアクセス解析ツールを利用しつつ分析して定期的にPDCAを回す必要があります。

一度CVが伸びた場合でも、長期的に運営をするうえで丁寧かつ頻繁に改善を重ねていかないとあっという間に成果は落ちてしまいます。継続は力なりですね。

必ずしも即効性があるわけではない

コンテンツマーケティングは広告とは違って積立方式なため、即効性が低いことが多くコンテンツマーケティングを実践すればすぐに期待通りの結果が得られるわけではありません。リリース後の改善も含めてマーケティングをおこなう必要があります。

多くのサイトが効果がない場合は次にできることに切り替えてしまってすぐに諦めてしまいますが、コンテンツマーケティングで効果を出し続けるためには長期的な改善作業をおこなうことが必須です。

広告費以外の費用はかかる

コンテンツマーケティングを社内で行なう場合、すでにある人員リソースを使うことでコストを抑えることはできますが、広告費以外では時間のリソースをコンテンツマーケティングの運用に割くことになります。他業務との兼ね合いなど確認して調整しておきましょう。

コンテンツマーケティングは長期的な取り組みが必要なので、運用する前からどのようなプランで進めるのか戦略を立てておきましょう。

コンテンツの種類における本質

実際にコンテンツマーケティングで使われるコンテンツの種類と特徴について解説します。

記事ブログは手軽で扱いやすい

コンテンツマーケティングの形式として圧倒的に多いのがブログ記事です。ブログ形式を使った記事コンテンツは、導入の手間が少ないためすぐに始めやすくて最も流行っているコンテンツです。

自社でサービスとしている情報などをわかりやすくした記事や、商品詳細やスタッフ紹介、ニュース系など、作成するときに手間がかからず取り組みやすい部分から始められます。

コンテンツの種類 内容
感情コンテンツ系 感情に訴えかけるようなコンテンツで読者を得る内容です。例えば、感動系や面白いネタ系、コンテンツを読んだ検索ユーザーが思わず拡散したくなるようなコンテンツを指します。
お役立ちコンテンツ系 ある特定の分野での専門知識など、ターゲットを絞ったユーザーに向けたコンテンツを指します。すぐに役立つ情報を提供することでユーザーから信頼を得たあと、最終的なCVまでターゲットユーザーを誘導するケースが多いです。
コンテンツSEO系 ひたすら記事を多く生産して順位が上がったコンテンツの中身をリライトしていくものです。記事ブログは主にクラウドソーシングで記事が量産できるようになったことで人気が出ましたが、生産ペースが早い分コンテンツの質が低くなりやすくユーザーの信頼を得にくいデメリットもあります。

記事というコンテンツはWebサイト上に蓄積されていくことからストック型コンテンツと呼ばれています。

また、TwitterやフェイスブックなどのSNSツールでは、投稿内容がタイムライン上をどんどん流れていくフロー型コンテンツと呼ばれています。また、ストック型の記事ブログでサイトの価値を伸ばしてSNSで投稿することで、良質なコンテンツであれば多くのユーザーに認知されて一気に拡散するという使い分けは効果を得やすいです。

オウンドメディアは諸刃の剣

ホームページやブログ、ツイッター、インスタグラム、YouTubeアカウントなど、企業が所有・運営している情報発信のためのメディアや、ウェブマガジン、ブログなどをオウンドメディアと呼ぶことが多いです。

またオウンドメディアはトリプルメディアともいい、広告コストを代価に拡散するペイドメディア、アーンドメディアに分類され、それぞれにコンテンツの発信や拡散、仲介の役割があります。

オウンドメディアは主に発信を担っていて、ユーザーとの関係性を築いていくためのコンテンツを作成することに時間を要します。無料構築できる反面で時間というリソースを要しますが、ユーザーを獲得するまでに手間がかかるだけでなく必ずしも結果に結びつくわけではないのが難点でしょう。まさに諸刃の剣です。

インフォグラフィックは内容の可視化ができる

インフォグラフィックとは、検索ユーザーの知りたい情報をイラストなどで見やすくしたコンテンツです。

細かいデータや数値などの情報を視覚化することでより内容を伝えやすくします。表現次第では多くのユーザーを集められるので、画像や動画などに関連性の高いコンテンツマーケティングには向いています。一目でわかるように視覚化されているとアクセスしたユーザーを満足させることもできます。

ただし、インフォグラフィック制作には専門のノウハウと表現のセンスが問われるので、ユーザーに刺さる制作物を作るには多少難度はありますが、制作次第ではWebだけでなく紙媒体にまで幅広く展開できます。

調査資料は専門性を高める

自社で独自で調査した結果をまとめた資料やレポートには権威性があり、専門的な情報を求める検索ユーザーにとって根強いニーズに応えられます。

しかし、コンテンツマーケティングのために新たに調査を行うのは手間がかかりますので、どこまで調べ上げるか判断が難しいものもあります。

定期的に調査をしている場合は調査情報を一部公開でもひとつのコンテンツになります。

動画コンテンツはユーザーに変化を与えやすい

近年、Youtubeなどの動画コンテンツサイトが急速に普及し、特にスマートフォンユーザーが動画に対するニーズを多く求めるようになりました。動画は静止画よりもユーザーに対してアプローチをかけやすくて、動的コンテンツであることから多くの情報量を伝えることができるので、コンテンツマーティングとして重要な方法とされています。

今後、動画を使ったコンテンツマーケティングの波は勢いは増していくのは間違いないですね。

コンテンツマーケティングは年々多様化しており、すでに一つの媒体だけに留まることはなくなるほど展開力を増しています。

様々なアプローチを可能とするコンテンツマーケティングですが、企業や個人に限らず活用して継続的に結果を生み出したい人はメリットや本質を見極めてから進めていきましょう。

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です