【図解あり】高品質な記事を作成する8つのテクニックを記事制作会社が解説

ターゲット

高品質な記事とはターゲットが明確であり、読者が求める情報を最速でわかりやすく提示するコンテンツを指します。ターゲットと記事テーマの兼ね合いを調整した上で、適切な構成と見出しを作成し、方向性にブレのない本文に仕上げることで、離脱率の低い高品質な記事を作成可能です。

本稿では検索ユーザーから読まれる記事を作成するために必要な8つのテクニックを解説します。

記事を投入するサイトの目的を明確にしてプランニングする

【図解あり】高品質な記事を作成する8つのテクニックを記事制作会社が解説_01
コンテンツマーケティングのポイントはサイトの目的によって異なるため、記事を作成する以前のステップとして、サイトの目的を明確にした上で適切なプランニングを行わなくてはいけません。

  • 訪れたユーザーに商品・サービスを購入してもらう
  • 広告収入を得る
  • 単純な情報発信

など記事を投入する目的はサイトによって様々です。

例えば、自社で取り扱う商材のPRを行うサイトである場合、投入する記事は同一カテゴリにおける競合商材との比較や優位性の訴求を行うといった方向性が望ましいでしょう。サイトの目的が明確でないと記事の方向性が定まらないため、結果的に内容が伝わりづらい記事となってしまいます。

サイトの目的に対して記事の方向性がマッチしていない場合、サイトへ訪れたユーザーのニーズを満たせず、直帰率が増加するリスクが生じます。サイトの直帰率はGoogle Analyticsを利用することで確認可能です。アクセス数に対して直帰率が過剰に高い場合は、サイトの目的に対して記事の方向性がズレており、ユーザーのニーズを満たせていない点が一つの原因として考えられます。

記事のターゲットユーザー(ペルソナ)を明確にする

【図解あり】高品質な記事を作成する8つのテクニックを記事制作会社が解説_02
どんな人物像のユーザーに対して作成する記事なのか、ターゲットユーザー(ペルソナ)を明確にして記事作成の土台を固めます。「30代男性」といった抽象的で広範囲な人物像ではなく、

  • 30代男性・会社員で仕事の効率化を図りたいと考えている人
  • 40代主婦で家族の健康が気になっている人

など、対象をより細かく絞り込むのがポイントです。具体的なターゲットユーザーを明確にした上で、記事で取り扱うテーマを決めましょう。ターゲットユーザーを明確にすることで発信するべき情報が定まり、記事作成におけるKW抽出や構成がスムーズになります。

例えば、暮らしの情報を発信するメディアにおいて「40代主婦で家族の健康が気になっている人」をターゲットユーザーと想定すると、以下のような記事がイメージできます。

  • 夫が太らず健康でいられるレシピの紹介記事
  • 歳をとっても若々しく見られるファッションの紹介記事

ターゲットが具体的であるほど、明確でわかりやすい記事が作成できるのです。暮らしの情報を探している人でも、年齢や職業といった属性次第で求めるニーズは異なります。ニーズにフォーカスしたテーマを取り扱うことで有益な情報が発信でき、読者を獲得したりコンバージョンを得たりすることが可能です。

ターゲットユーザーに合わせてキーワードを選定する

【図解あり】高品質な記事を作成する8つのテクニックを記事制作会社が解説_03
ターゲットユーザーが決まれば、そのユーザーが検索しそうなキーワードを抽出できます。ここで適切なキーワードを選定しないと、ユーザーを自身のサイトに呼び込めません。

さらに検索結果でサイトを上位に表示させるためには、SEO対策を加味しながらキーワードを選定する必要があります。検索ボリュームの多いキーワード=需要が高いと判断でき、そのようなキーワードで検索結果上位に表示されるほどアクセス数の増加が見込めます。

しかし、検索ボリュームが多くても自分のサイトとの関連性が低いキーワードである場合は、選定してもミスマッチが起こるためアクセス数の増加は見込めません。サイトのターゲットと関連性が高いキーワードを選定しましょう。

例として、サイトターゲットが“リフォームしたい人”であれば、大きなキーワード(ビッグワード)は「リフォーム」です。しかし「リフォーム」のようなビッグワードは検索ボリュームが多い=競合性が高く、単一のワードにおける検索結果で上位を狙うためには多くのコストを費やさなくてはいけません。

そのため効果的なSEO対策としては、もう少し小さなキーワード(ミドル・スモールワード)を併せて選定するプロセスが一般的です。例えば、

  • リフォーム 方法
  • リフォーム 補助金

といった複合キーワードが考えられます。また次のような共起語ツール・サジェストツールを利用してキーワードを選定する方法もおすすめです。

共起語検索ツール:Neo Inspiration
サジェストツール:KOUHO.jp

選定したキーワードを基に記事の題材(仮タイトル)を決める

記事のタイトルはサイトのクリック率を左右する重要なパーツであるため、検索ユーザーを惹き付ける魅力的な文言に仕上げなくてはいけません。

ただし記事の構成や本文を作成する前に付けるタイトルは仮であり、最終的なタイトルは本文作成後に設定します。選定したキーワードを含め、ユーザーがどのような経緯でそのキーワードを検索するに至ったかの背景を考えてタイトルを決めましょう。

例として選定キーワードが「リフォーム 補助金」である場合、こちらのキーワードを検索したユーザーは、

  • リフォームの補助金をもらって費用を低減したい
  • リフォームするにあたって受けられる補助金があるか知りたい

といったニーズが背景にあると考えられます。

そのため設定するべき仮タイトルは、

  • リフォームの補助金をもらうための◯つの条件
  • リフォームで受けられる補助金の目安は〇〇円

といった具体的な内容が記載された文言が相応しいでしょう。

仮タイトルの内容が具体的であるほど記事の構成やコンテンツが定まりやすいため、ユーザーニーズを満たすようなクオリティを維持できます。社外のライターを起用して記事作成を進めるといった外注の形式を採る場合、仮タイトルの設定が具体的でないと当初定めたニーズを満たす内容ではない記事が上がってくるケースもあるので注意しましょう。

記事に信憑性を持たせるために可能な限り具体的な情報を集める


サイトを訪れたユーザーに“読み進めたい”と思われる記事を作るためには、具体的な情報を記載してコンテンツに信憑性を持たせることが重要です。漠然とした情報ばかりが記載された内容であると、読者から一般論しか述べていない記事と判断されてしまうため、可能な限り具体的な情報を集めましょう。

例えば、複数社の電話料金プランを比較する内容である場合、「A社は電話料金が安い」といった漠然とした情報ではリサーチ不足です。読者のニーズにコミットした有益なコンテンツを作成するためには、以下のような具体的な情報が欠かせません。

  • A社の電話料金は980円/月で割引プランを利用すれば800円/月
  • B社と比べて500円/月ほど安い

もちろん出処が不確かで信憑性を欠く情報は記事で取り上げるべきではないため、権威のあるソースから優先的に情報収集を行います。例としては以下のようなものが挙げられます。

  • 省庁が公表しているガイドライン
  • 研究機関や大手企業の調査結果

情報収集を行う際はフレーズの末尾に「site:go.jp」と入れて検索することで省庁の論文やガイドラインを検索結果で優先的に表示できるため、効率的よくエビデンスを収集したい場合は試してみましょう。

重要な事柄や伝えたいことは最初に記載する

検索ユーザーは自身にとって有益な情報が記載されていない記事であると判断すると、その先を読み進めず瞬時にサイトを離脱してしまいます。端的にいうと検索ユーザーはせっかちであるため、サイトに長く滞在してもらうためには記事の早い段階でユーザーへ回答を提示する構成を作らなくてはいけません。

重要な事柄や伝えたいことは初期の段階で記し、その理由を読み進めるにつれて深掘りしながら展開するイメージです。本文を熟読しなくても見出しを読み進めるだけで記事の内容が大体把握できる構成が望ましく、反対に見出しを読んだだけでは内容が伝わらない場合は改善の余地があります。

多くのWeb記事において各見出しに飛べる目次が設定されている理由は、ユーザーが求めている答えを早い段階で提示するためです。一般的な小説や論文などでは起承転結に則った構成が採用されていますが、Web記事の場合は先にテーマの解を述べてユーザーの早期な離脱を阻止する構成が望ましいでしょう。

記事のテーマに合わせて客観的な視点で本文を作成する

記事の整合性を保つために、本文は記事のテーマに沿った内容で客観的な視点を意識して作成しましょう。本文でも先に答えを述べて後から理由を解説することが重要です。また、理論的に辻褄の合った内容に仕上げることで、ユーザーにとって読みやすく疑問に対する答えが伝わりやすいコンテンツを作成できます。

単一の見出しにおけるテキストのボリュームが過多であると、読み進めることを煩雑に感じてしまうユーザーも少なくありません。そのため、記載する内容が豊富である場合は、情報の階層ごとに小見出しを設けて本文を作成しましょう。わかりやすい小見出しを設置して本文を作成することで、検索エンジンにも内容が伝わりやすくなるためSEO効果も見込めます。

さらに、テキストだけでは伝えることが困難な事柄がある場合は、オリジナルの解説イラストを本文に設置することで情報をより効果的に伝えることが可能です。フリー画像の多くは単純にトピックを連想させる役割であるため、ユーザーにとって分かりやすい内容のコンテンツを発信して競合に差を付けるためには、テキストだけに頼らず解説イラストの設置も検討しなくてはいけません。

正式なタイトルとメタディスクリプションを作成して全体を校正する

リードや見出しを含めた本文が完成したら、最後に正式なタイトルとメタディスクリプションを作成します。さらに、誤字脱字のチェックはもちろん、記載されている内容に誤りがないかなど全体を校正しましょう。メタディスクリプションは検索結果ページにてタイトルの直下に表示される文言であり、ウェブページに何が記載されているか検索ユーザーに伝える役割があります。

そのため記事の内容を要約した文言をメタディスクリプションに記載するべきですが、文字数が長すぎると後半は省略されてしまうので重要な情報や検索ユーザーへ伝えたいことは前半に記載しましょう。校正については、紙媒体を取り扱う出版社に限らずWeb記事の作成を行う業者でも、校正を専門的に行う部署が設置されているケースも少なくありません。

正式なタイトルを決定する際は、検索ユーザーの目に留まるように記事で最もインパクトがある情報を含めるように心がけましょう。ただし、事実と異なる文言を記載するのは当然NGであり、あくまでも事実ベースで作成します。

例えば以下のようなタイトルが相応しいでしょう。

  • 平均利回り◯%!不動産投資の利回りが高い◯つの理由

(不動産投資のハウツーを解説する記事である場合)

さらにターゲットを絞り込んだ以下のようなタイトルもおすすめです。

  • サラリーマンが不動産投資で利回り◯%を達成するための◯つの方法

正式なタイトルを決定する際は十分に時間を費やし、検索ユーザーがクリックしたいと思うような魅力的なタイトルを考えましょう。

高品質な記事とは検索ユーザーの疑問に早く分かりやすく答える記事

アクセス数が多くコンバージョン率の高い高品質な記事とは、検索ユーザーの疑問に早く分かりやすく答える記事です。先述したとおり検索ユーザーはせっかちであるため、サイトへ訪れた読者に対して早く分かりやすく情報を提示する必要があります。

記事の多くは本文の最後にまとめが設置されていますが、検索ユーザーにまとめまで読んでもらえる記事であれば滞在時間の観点からも高品質な記事といえるでしょう。

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です