パンダ・ペンギンアップデートの違いをGoogleガイドラインをもとに解説

seo

Googleは、ユーザーへより良い検索結果を回答できるように、定期的にアルゴリズムの変更を行います。アルゴリズム変更には「パンダアップデート」と「ペンギンアップデート」の2つがあり、それぞれ異なる種類の更新です。

パンダアップデートがコンテンツ内容に影響する更新であるのに対し、ペンギンアップデートはSEO対策の方法に関するアップデートといえます。

今回は、パンダアップデートとペンギンアップデートの違いを紹介するとともに、どのようなSEO対策を取るべきか、どんなサイト運営を心がけるべきかについてご説明します。

パンダアップデートはコンテンツの品質を重視する

コンテンツの品質重視!「パンダアップデート」

パンダアップデートは良質なコンテンツを検索結果の上位に表示して、低品質なコンテンツの順位は下げるという更新です。良質なコンテンツと認識してもらうため、パンダアップデートの特徴や記事を作成する時のポイントについて押さえておきましょう。

パンダアップデートではユーザーにとって価値のないサイトの順位は下がる

このアルゴリズムの変更では、低品質なサイトの掲載順位を下げ、同時に、良質なサイトの掲載順位をより適切に評価します。例えば、ユーザーにとってあまり価値のないサイト、利便性の低いサイト、他のサイトからのコピーで構成されているようなサイトの掲載順位は下がります。一方、独自の研究や報告、分析など、ユーザーにとって重要な情報を提供しているサイトの掲載順位はより適切に評価されるようになります。この変更は、日本語、韓国語ともに約 4% の検索結果に影響する見込みです。

参照:Google ウェブマスター向け公式ブログ:Google 検索が、高品質なサイトをよりよく評価するようになりました

上記のように、良質なサイトは検索順位を上げて、低品質なサイトは検索順位を下げるというのがパンダアップデートの主な特徴です。どちらもユーザーの利便性向上のために行われます。

インターネット上にはさまざまな情報が溢れており、ユーザーが必要とする情報を掲載したサイトもあれば、キーワードが散りばめられているだけで何も得られないサイトもあります。低品質なサイトはユーザーの時間を奪うだけでなく、誤った情報を発信する可能性もあるため、当然評価が下げられるのです。

逆に、求める情報やわかりやすい説明がある高品質なサイトは、ユーザーにとって有益であるといえます。Googleに低品質なサイトと評価されないためには、以下3つのポイントを押さえておきましょう。

パンダアップデートに対する記事作成の3つのポイント

  1. 類似サイトや類似コンテンツとの差別化
  2. エビデンスのある情報や数字を記載する
  3. 純粋な文章の品質を確保する

パンダアップデート対策のポイントとして、まずは上記の3つを意識しましょう。単純にアクセスが欲しいという理由で、

  • 検索上位のサイトをリライトしたようなページ
  • エビデンスのない情報
  • 内容の薄いコンテンツ
  • サイトやコンテンツ以前に読みにくい文章

など、ユーザーが満足しないような記事を作らないという意識が必要です。

例えば、ユーザーが何か知りたいと思いGoogleで検索したとします。検索結果に出てきたサイトを開いたのに求める情報がないとすれば、ユーザーとしては時間の無駄になります。Googleはユーザーに最適な検索結果を返すことを目的としているため、パンダアップデートにより低品質な記事の順位を下げているのです。

「ペンギンアップデート」はホワイトハットSEOを重視する

ホワイトハットSEO重視!ペンギンアップデート

ペンギンアップデートは、ホワイトハットSEOを実施しているサイトを検索結果の上位にして、ブラックハットSEOを実施しているサイトの順位を下げるという更新です。Googleに高評価してもらうために、ペンギンアップデートの特徴や記事作成のポイントを押さえておきましょう。

ペンギンアップデートではブラックハットSEOを実施するサイトの順位は下がる

このアルゴリズムの変更は、ウェブスパムを削減し、良質なコンテンツを促進するための私たちの新たな試みです。変更の詳細を明かすことは、抜け道をくぐり抜けたサイトが検索結果にあふれ検索ユーザーの利便性を損なう可能性があるためできませんが、ウェブマスターのみなさんにお伝えしたいことは、ユーザーにとって利便性の高い 良質なサイトを作ること(英語)に専念し、ウェブスパムを駆使することなく “ホワイトハット” SEO を心がけてください、ということです。

参照:Google ウェブマスター向け公式ブログ:良質なサイトをより高く評価するために

上記から読み解けるのは、ユーザーにとって価値のないリンク対策は評価が下がるということです。リンク売買などは避け、有益なコンテンツを作り続けることで適正なリンクを獲得していきましょう。

ブラックハットSEOと見なされる行為としては、

  • 被リンクなどを機械的に設置する
  • ユーザーに誤クリックさせることでアクセスを増やす

というような手法も挙げられます。ユーザーからすれば「迷惑」の一言に尽きますし、時間の無駄になります。

逆に、必要なリンクや引用がしっかりとされていれば、ユーザーは適切な情報を受け取ることができますよね。ブラックハットSEOにより評価を上げようとすると、SEO対策をしているつもりが逆効果になるということを忘れてはなりません。知らず知らずの内にブラックハットSEOを実施しないために3つのポイントを押さえておきましょう。

「ペンギンアップデート」に対する記事作成の3つのポイント

  1. ウェブスパムとならないように注意する
  2. 必要のないリンクを設置しない
  3. 良質なサイトにリンクされるコンテンツを作る

ペンギンアップデートへの対策として、上記の3つを意識してみましょう。ブラックハットSEOと見なされないよう、リンクの売買やアクセスアップするためだけの相互リンク、ブックマークなどは避けることが重要です。

  • 記事内容に応じて必要なリンクを設置すること
  • スパムと思われるようなリンクを設置しないこと
  • 他サイトからエビデンスとして引用されるような良質のコンテンツを作ること

を心がけることが大切です。

「パンダアップデート」と「ペンギンアップデート」を意識して高品質な記事を作成しよう!

パンダアップデートとペンギンアップデートへの対策として共通するのは、「ユーザーの時間を無駄にしないこと」ともいえます。アクセス数を稼ぐためだけのコンテンツ作成やリンクの不正獲得は、絶対にNGです。ユーザーの利便性を最大化できるようなコンテンツ作成やサイト運営を心がけましょう。

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です