SEO対策がサイト順位に反映される期間とその理由を解説

ランキングイメージ

SEO対策をWebサイトへ施した際、その効果が反映されるまでにどれくらいの期間を要するのかは、多くの方が気になるポイントです。

本記事ではSEO対策が検索結果へ反映されるまでの期間について、Googleクローラーが記事をインデックスする仕組みを糸口に解説していきます。

SEO対策がサイト順位に反映される期間

SEO対策がサイト順位に反映されるまでの期間は、一般的に「3か月」だと言われています。

しかしこの数字には何の根拠もなく、どうして3か月なのか、全てのサイトが3か月ルールに当てはまるのか、その真偽ははっきりしていません。

WebサイトによってSEO対策効果の表れは千差万別

あらためて言及するまでもありませんが、WebサイトによってSEO対策効果が反映される期間はバラバラです。

例えば「脱毛」や「整形」など、検索ボリュームの大きい単ワードかつCPCが高額である「レッドオーシャン」なクエリで上位表示を目指そうとすれば、ただ記事を投稿するだけではなく、Webサイト外での施策を十分に講じなければなりません。

一方で、「株式会社センターグローブ」など固有の会社名や、「コーヒーレモンパン」といった未だこの世に存在しないクエリで上位表示を目指すならば、ほんの1日~3日程度でSEO対策効果が検索エンジンに反映されます。

サイトによってSEO対策が反映されるまでの時間にどれだけ違いがあるのか、いくつか例を示してご紹介します。

弊社運営サイトAのアクセス推移データ

以上に挙げたサイトAのアナリティクスデータでは、1年以上横ばいのアクセス状況だった中、ある日を境にアクセスが上昇し続けたことがわかります。

 

弊社運営サイトBのアクセス推移データ

一方でサイトBでは、Webサイト自体を立ち上げてからわずか1ヵ月でアクセス数が急上昇しました。

 

あるキーワードの検索順位推移データ(GRCで取得)

こちらのデータは、弊社運営サイトにて投稿された記事でインデックスされているキーワードの検索順位をトラッキングしたものです。

2020年5月末に検索10位圏外へ順位が下がり、2020年8月15日に記事をリライトしたところ、2020年8月20日ごろには順位が回復し、2020年12月中旬から今日まで1位に位置しています。

上記の例ではSEO対策が検索順位に反映されるまで、1週間もかからない結果となりました。やはり、反映されるまでの期間はWebサイトの次第であることが明らかです。

SEO対策のリライトについては、下記の記事をご参照ください。

SEOに有効なリライトの手順と効果を具体的に解説

結局のところドメイン評価値とキーワード次第でもある

SEO対策が検索順位に反映されるまでの期間に違いが生じる理由は、SEO評価軸となっている諸要因の数値がWebサイトごとに異なるからです。

どのような理由があってサイトごとに反映期間が異なるのか、その理由については次章から詳しく説明していきます。

どうしてWebサイトごとにSEO対策の反映期間が異なるのか?

前章では、WebサイトごとにSEO対策が反映されるまでの期間が異なることをご紹介しました。

ここでは次に、どのような理由で反映期間差が生まれるのかを解説していきます。

Googleクローラーから発見されなければ、どんな情報も反映されない

SEO対策が反映されるまでの期間が決定される要因には、Googleクローラーの巡回頻度が関わります。

Googleクローラーはインターネット上のあらゆる情報を回遊・精査し、新規記事の投稿情報や、記事の更新情報を検索エンジンに登録する役目を担っています。

したがって、どんな情報もGoogleクローラーから発見されない限りは検索エンジンに反映されないのだと説明できます。SEO対策についても同様です。

そこで、SEO対策が検索順位に反映されるまでの期間を改善したい場合には、Googleクローラーの仕組みを理解することが重要になります。

Googleクローラーの仕組みに関する情報はこちらの記事をご参照ください。

Googleクローラーとは?SEO対策における重要性を解説

SEO対策がサイト順位に反映される期間は、Webサイトのクローリング頻度によって変わる

Googleクローラーの仕組みからもわかる通り、SEO対策がサイト順位に反映されるまでの期間は、WebサイトへGoogleクローラーが訪れる頻度によって左右されます。

Googleクローラーのサイト巡回頻度については、Googleが次のように説明していました。

Google では、スパイダーで定期的にウェブをクロールし、インデックスを再構築しています。クロールは、PageRank、ページへのリンク数、クロールの制約(URL に含まれるパラメータ数など)のようなさまざまな要因に基づいて行われます。個々のサイトでクロールが行われる頻度は、これらの要因によって異なります。

出典:Google による定期的なウェブのクロールについて

Webサイトのクローリング頻度を上げる2つの方法

前章までの内容を顧みるに、(1)SEO対策がサイト順位に反映される期間はWebサイトの状況によって異なり、(2)それはGoogleクローラーの巡回頻度によって決められるということがわかりました。

したがって、なるべく早いスパンでSEO対策事項を検索順位に反映させたい場合は、Googleクローラーが巡回する頻度を上げることで対応できると言えます。

Googleはクローリングに関するアルゴリズムを公表していませんが、次のようなサイトでは巡回の頻度が高いことがわかっています。

  • 人気のあるウェブサイト
  • 更新頻度が高いウェブサイト

一方で、更新頻度が少なく、流入数も少ないサイトでは、2日に1回・3日に1回…… というように、巡回のペースが下がっていきます。

そこで本章では、以上の情報を手掛かりにクローリング頻度を向上させる具体的な手法についてご紹介します。

1. 外部サイトからの被リンクを獲得する

まずは外部サイトからの被リンクを獲得することが有効な施策として挙げられます。

こちらは「巡回頻度を上げる」と言うより、「クローラーをサイトへ呼び込む」という発想に近い手法ですが、外部サイトからの被リンク経由で自社サイトにGoogleクローラーを呼び込むことができるのです。

「発リンクを辿って、リンク先のページの情報関連性を評価する」というSEO対策に関わる言及を見たことはあるでしょうか?

GoogleはあるWebサイト内にて外部サイトへのリンク(発リンク)を発見した際、リンク元の情報とリンク先の情報関連性を紐づける目的で、発リンクをを辿ることがわかっています。

つまり、外部リンクを獲得することで、自社サイトへGoogleクローラーを呼び込むことができるのです。

したがって、被リンクを多く獲得しているWebサイトほど、クローリング頻度も高くなります。これによって「人気の高いWebサイト」のクローリング頻度が高いことも説明できます。

発リンクについては、下記の記事をご参照ください。

発リンクがもたらすSEO効果について詳しく解説

2. サイト内コンテンツの更新頻度を上げる

サイト内コンテンツの更新頻度を上げることでもクローリング頻度を向上させることもできます。

家電量販店のWebサイトのことを考えてみましょう。

多くの家電製品を取り扱うWebサイトでは、家電製品の数だけページ更新頻度も高くなります。
商品の販売情報だったり、商品価格が日々目まぐるしく変更されるからです。

もしも家電量販店のWebサイトのクローリング頻度が低く設定されていたら、どうなるでしょうか?

売り切れた商品がいつまでたっても検索結果に残っていたり、昔の価格情報が更新されないまま検索エンジンに残り続けることになります。

それでは検索エンジンの有用性がなく、果てにはその存在意義さえ疑われてしまうことになるため、ページ更新頻度の高いWebサイトはそれだけクローリング頻度も高く設定されているのです。

 

そこで、何か更新し続ける必要があるようなコンテンツを掲載しているWebサイトをお持ちの方であれば、特定の期間で情報更新することを検討しましょう。

Googleクローラーによる巡回頻度が高くなれば、自分が施したSEO対策の反映も早くなり、それだけ効果検証スパンを早くできます。

常に検証してWebサイトの状態を良好に保とう

本記事ではSEO対策が検索順位に反映されるまでの期間について、様々な切り口から解説しました。

  1. SEO対策が検索順位に反映される期間は、Webサイトの状態によって異なる
  2. 反映期間にギャップがある理由は、Googleクローラーの巡回頻度がサイトによって異なるから
  3. Googleクローラーは「被リンクを多く獲得しているサイト」や「アクセス数の多いサイト」「更新頻度が高いサイト」ほど、多く巡回してくる
  4. SEO対策が検索順位に反映までの時間を早くしたいなら、(1)多くの被リンクを獲得して、(2)更新頻度を上げることが重要

 

一般的に「3か月から6か月ほど」だと言われている施策の反映期間に対しても、多くの切り口から検討してみることで妥当な答えを考察することができます。

「多くの情報を無料で手に入れることができる」ことは非常に便利でありますが、それと同時に、情報の質は自ら精査する必要にも迫られます。とくにSEO対策に関する情報には荒唐無稽なものも多く存在しているため、常に検証することを忘れず、健全なサイト運用を心掛けていきましょう。

在宅ライター募集!

センターグローブ(記事作成代行屋)では良質な記事を作成いただけるライターさんを募集しています。

在宅でのお仕事ですので、ライター1本で生計をたてたい方はもちろん、お仕事をされている方の副業としてもご活用いただけます。

ご興味がございましたら、下記から詳細説明をお読み頂きまして、よろしければ応募フォームからご応募ください!