SEOに強いサイト・ホームページの特徴と作り方

SEOという言葉は知っていても、どうして検索上位表示されているサイトがSEOに強いのか、その理由を具体的に説明できる方は多くありません。

そこで本記事では、SEOに強いサイトの特徴をご紹介した上で、それらの特徴をどのようにウェブサイト運営に役立てることが出来るかを解説していきます。

「SEOに強い」サイトの特徴

一言で「SEOに強い」といっても、その意味は複数あります。
その文脈によって指し示す意味が大きく異なるため、まずは「SEOに強い」とはどの様な状態であるのかを確認してみましょう。

  1. ウェブサイトの土台部分が「SEOに強い」という状態(SEO内部対策に長けている状態)
  2. ウェブサイトに投稿するコンテンツ自体が「SEOに強い」という状態(SEO外部対策やSEOライティングに長けている状態)

前者の場合はウェブサイトの土台部分にSEO対策面での工夫が為されており、クローラビリティが高い状態のことを指します。
一般的には「SEO内部対策」と呼ばれている項目がこれに該当し、こちらはWEBサイト制作会社の方がよく言うSEO対策と同じ意味を持ちます。

一方で後者の場合は、ウェブサイトに投稿するコンテンツ(=記事)にSEO対策が施されていて、よく体系化された指針のもとメディア運営できている状態を指します。これはWEBマーケターがよく言うSEO対策と同じ意味を持ち、コンテンツに対して局所的に施策します。

SEOに強い状態を指し示す二つの意味は、ウェブサイトを設立する工程を考えれば理解できるはずです。

まずは、ウェブサイト制作時にその土台部分に施すSEOと、ウェブサイトへコンテンツを投稿する段階で適宜ほどこすSEOとで、その意味が大きく意味が異なるということを抑えてください。

1. ウェブサイトの土台部分が「SEOに強い」サイトの特徴(SEO内部対策)

ウェブサイトの土台部分が洗練されていて「SEOに強い」状況のサイトは、Googleクローラーが巡回しやすいサイト構造に整えられています。これはインフラ整備に近しいもので、サイト構造がシンプルかつわかりやすい構造であるほど正当な評価を得ることができます。

ウェブサイトの土台部分がSEOに強いサイトの特徴には、以下のものがあります。

  • サイト構造の側面
    • ヘッダー、サイドバー、フッター部分に最適なコンテンツが挿入されている
    • トピッククラスターモデルに基づいたカテゴリ設計
    • ユーザビリティを意識した内部リンク設計
    • パーマリンク設定の最適化
    • SSL化
  • 技術的な側面
    • レスポンシブデザインへの対応
    • ウェブサイト表示速度の最適化
    • 構造化マークアップ
    • AMPへの対応

上記特徴の中で最もわかりやすい項目は、「レスポンシブデザインへの対応」です。

Googleは2018年に、「スマートフォン閲覧ユーザーの検索結果についてはモバイル版に対応したページを優先的にインデックスさせる」ということを発表しています。これはモバイルファーストインデックスと呼ばれます。

モバイル ファースト インデックスとは、モバイル版のページをインデックスやランキングに使用し、主にモバイル ユーザーが探しているものを見つけやすくすることを意味します。

出典:Google ウェブマスター向け公式ブログ

 

モバイルファーストインデックスが実装される前の検索ランキングでは、PC向けにデザインされたウェブページがスマートフォン画面に表示されてしまい、検索エンジン利用ユーザーの利便性を損なう状況がありました。

そこでGoogleは、モバイルページに対応しているウェブサイト(レスポンシブデザインのサイト)を優先的にインデックスさせる対応に出たのです。これによって多くのメディア運営者がレスポンシブデザインへの対応に迫られました。

多くの方がスマートフォンを愛用する昨今において、モバイル端末からのページ閲覧を失うことは非常に大きな損失にも繋がります。自社サイトがレスポンシブデザインに対応しているかどうかと言う点は、間違いなく「SEOに強いサイト」かどうかを決定する要因になりますね。

 

なお、Googleは当初2020年9月までにモバイルファーストインデックスへの完全移行を実施すると告知していましたが、予定は延期されており、2021年3月を目処に対応する予定を立てています。

Our initial plan was to enable mobile-first indexing for all sites in Search in September 2020. We realize that in these uncertain times, it’s not always easy to focus on work as otherwise, so we’ve decided to extend the timeframe to the end of March 2021.

出典:Google ウェブマスター向け公式ブログ

2. コンテンツが最適化されていて「SEOに強い」サイトの特徴(SEO外部対策、SEOライティング)

ウェブサイトに都度公開するコンテンツ自体が「SEOに強い」ウェブサイトでは、SEO外部対策が適切に施されており、よくSEO対策のことを考慮されたライティングが為されています。

SEO外部対策

  • コンテンツに質の高い被リンクが付いている
  • ウェブサイトの運営歴が長く、ある程度認知されている(信頼性がある)
  • ソーシャルメディアにて記事が拡散されている

SEOライティング

  • ターゲットキーワードを意識した記事執筆ができている
  • 適切なキーワード選定とキーワード設計ができている
  • コンテンツの網羅性が高く、更新頻度も高い
  • 利用するHTMLコードが適切

 

ウェブサイトを「SEOに強い状態」に仕上げるためには、コンテンツの作成時にも気を遣う必要があるのです。
思うがまま書きたいように記事を作成するだけでは、思ったような結果は出ません。

ウェブコンテンツに対して行うSEO対策については以下の記事も参考にしてみてください。

  1. SEOに有効な記事の書き方とリライト方法について
  2. SEO外部対策の項目と実践方法を徹底解説

SEOに強いウェブサイト・ホームページの作り方

それでは前章にて紹介した “SEOに強いサイト” の特徴を踏まえ、どのような方針でサイトを運営するべきかをご紹介します。
今回はご自身が求める理想的なウェブサイトがすでに完成していることを前提に置き、これからどのようにコンテンツを作成していけば「SEOに強い」ウェブサイトを作成できるのかを説明します。

1. SEO外部対策を徹底する

SEO外部対策では、いかに多くのウェブサイトから被リンクを獲得できるかがポイントとなります。

Google検索エンジンでは「多くの論文に参照されている論文は、良い論文である」という考えのもと、多くのサイトから引用されているウェブサイトほど高い評価を得ます。そこで、なるべく多くの被リンクを獲得するためにWEB担当者は複数の工夫を施す必要に迫られるのです。

被リンクを獲得するためにできることは以下の通りです。

  • 良質なコンテンツの作成
  • オリジナルな画像、動画メディアの掲載
  • プレスリリースメディアなどへの広告出稿

SEO外部対策については以下の記事で詳しく説明していますので、ご参照ください。

SEOに効果的な外部対策の種類と実践方法を解説

2. SEOライティングを意識した記事作成をする

ウェブサイトに掲載するコンテンツについても、「なぜ記事を執筆するのか?」目的意識をしっかり持った状態で戦略的に執筆する必要があります。SEOライティングを意識した記事作成をする際には以下の項目がポイントとなります。

  1. 執筆キーワードの適切な選定
  2. 記事内で利用するHTMLコードの最適化
  3. 検索意図から大きく外れない内容執筆
  4. 検索結果をベースとした定期的なリライト

2-1. 記事内で利用するHTMLコードの最適化

記事内で利用するHTMLコードは、Googleウェブマスターツールのマニュアルに従った形で必ず最適化させましょう。

hタグを適切に使い分けることで記事に段落構造を付けることや、必要に応じてリストタグの種類を使い分けることなど、初歩的なHTMLコードの適切な使用が重要となります。

  1. hタグの使い分け
  2. リストタグの使い分け
  3. テーブルタグを利用した表の作成と情報整理

2-2. 執筆キーワードの適切な選定

記事の執筆前にはキーワードを選定する必要があります。以下の引用文はGoogle ウェブマスターガイドラインに掲載されている「コンテンツの内容」に関連する記述です。

  • 情報が豊富で便利なサイトを作成し、コンテンツをわかりやすく正確にページに記述します。
  • ユーザーがサイトを検索するときに入力する可能性の高いキーワードを検討し、そのキーワードを実際にサイトに含めるようにします。
  • <title> タグの要素と alt 属性の説明をわかりやすく正確なものにします。

引用元:Webmaster Guidelines(一部抜粋)

 

記事を執筆する際には、サイト閲覧ユーザーが検索するときに入力する可能性の高いキーワードを検討し、そのキーワードを記事内で利用するべきであると明記されていますね。タイトルタグの要素や画像を補足説明するために利用する altタグも正確な文字列に調整する必要があるようです。

そのためには記事を執筆する前にキーワードを選定しておく必要があります。
Googleの提供するキーワードプランナーや外部ツールを利用して、月間検索数などを参考にこれから執筆する記事に設定するべきキーワードを決定させましょう。

参考までに、本記事では「SEOに強いサイト」という検索キーワードを意識しています。

2-3. 検索意図から大きく外れない記事執筆

記事の内容が検索意図から大きく逸脱しないように心がけることも大切です。

検索意図とは「特定の検索キーワードでGoogle検索エンジンを利用したユーザーが求めた情報」のことを指します。
例えば「SEO対策 やり方」と検索したとき、検索結果のどこにもSEO対策の手法が掲載されているウェブページが無ければ、検索エンジンを使う意味がありませんね。そこでGoogleは検索ユーザーを失望させないために、検索キーワードごとに「検索意図」を設けています。

したがって、執筆キーワードを決定した後は、そのキーワードに設定された検索意図を見抜く必要があります。
実際に一度キーワードを検索した上で、どのような記事が上位表示されているかを目視し、内容をよく理解した上で記事執筆を行いましょう。

2-4. 検索結果をベースとした定期的なリライト

ウェブサイトをSEOに強いサイトを作るためには、定期的に記事をアップデートする必要があります。

検索エンジンのアルゴリズムを予測する方法のうち、もっとも理にかなっている方法は実際の検索順位を参考にすることです。
一度投稿した記事は定期的に順位推移を追い、ある程度の順位で安定した記事についてはSEOリライトを行いましょう。

SEO対策に効果的なリライト方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

SEOに有効なリライトの手順と効果を具体的に解説

SEOに強いサイトを作る方法まとめ

本記事では「SEOに強い」とはどういうことかご紹介した上で、SEOに強いサイトを作るために行うべき施策を解説しました。

SEO対策は「ウェブサイトを構築する際に行うべき対策」と「記事を入稿する際に行うべき対策」の2種類に大きく分けることができます。
一度ウェブサイトを立ち上げたからと言って、サイト内に投稿する記事のクオリティが低いままではWEB集客に成功することはできません。目的意識を明確にもち、戦略的に記事を執筆することで効率的なサイト運用が可能になります。

当サイトでは記事執筆に関する情報や、SEO対策に関する情報を多く掲載しています。
気になる記事があればぜひ併せて閲覧してみてください。

在宅ライター募集!

センターグローブ(記事作成代行屋)では良質な記事を作成いただけるライターさんを募集しています。

在宅でのお仕事ですので、ライター1本で生計をたてたい方はもちろん、お仕事をされている方の副業としてもご活用いただけます。

ご興味がございましたら、下記から詳細説明をお読み頂きまして、よろしければ応募フォームからご応募ください!