帰納法(きのうほう)とは?わかりやすく解説

論理的

物事を論理付けるのによく使われるのが、演繹法(えんえきほう)と帰納法(きのうほう)です。
こちらでは帰納法についてわかりやすく解説していきます。

 

帰納法は複数の事例から共通点を見つけて結論を導き出す方法

帰納法は複数の物事から共通点を導き出し、結論づける論理展開パターンです。
長年の経験に基づいている経験則や、大量のデータから推察する統計学も、帰納法が基本になっています。

さっそく例文を使って説明していきましょう。

複数の事例をあげる

高級和食チェーンを展開している企業を例にしてみましょう。

  • 「ベトナムの高級和食市場は、市場規模が拡大している」(市場環境の視点)
  • 「ベトナムの高級和食市場には、強力な競合企業がいない」(競争環境の視点)
  • 「ベトナムの高級和食市場では、自社の特許製法が活用できる」(自社の視点)

※ここで挙げている事例はあくまで例です。事実と異なる可能性もあるのでご注意ください

事例をもとに共通点を見出す

3つの事例から共通点を見つけます。

  • 「自社にとって、ベトナムの高級和食市場は魅力的な市場である」

市場環境・競争環境・自社の視点という3つの事例から、ベトナム市場が自社にとって魅力的だという共通点が見つかりました。

共通点を根拠に結論づける

共通点から結論を見出します。

  • 「よって、自社はベトナムの高級和食市場に参入すべきである」

この例では、ベトナムの高級和食市場は3つの視点からとても魅力的な市場であることがわかったことから、ベトナムでの出店に乗り出すべきという結論が導き出されました。

帰納法を使う際に注意すべき3つのポイントとは?

帰納法は、複数の事例(状況証拠)から共通点を見出して結論づけているため、次の3つの点に注意が必要です。

  • 事例(状況証拠)自体が間違っていないかどうか
  • 事例(状況証拠)から共通点を見出す時に飛躍がなかったか
  • 共通点から結論に至る際に飛躍がなかったか

事例が間違いだった場合、共通点や結論づけに飛躍がある場合、その論理は破綻してしまいます。そこで、簡単なチェック方法をご紹介しましょう。

帰納法の論理チェックには「なぜならば」を使う

帰納法の展開ステップとチェック方法

帰納法が正しく展開されているかどうかを確認するには、論理を逆算し、接続詞である「なぜならば」を使います。
「なぜならば」でつないでも違和感がなければ、その論理展開は正しいということです。

さきほどの例文にあてはめてみましょう。

「自社はベトナムの高級和食市場に参入すべきである」なぜならば「自社にとってベトナムの高級和食市場は魅力的な市場である」からだ。
なぜならば、「ベトナムの高級和食市場は、市場規模が拡大していて、強力な競合企業もなく、自社の特許製法が活用できる」からである。

論理を逆算しても、特に問題はありません。つまり、この例文は帰納法にそって正しく論理展開されているということです。

間違いから新たな発見が見つかることも

事例の共通点を見つけ出す際に例外を見つけてしまった場合、その論理は破綻する可能性が高くなります。
しかし、例外があるかどうか、例があるとすればなぜだろうという論理展開をしていけば、新しい発見がもたらされる可能性もあります。

最初に作り上げようとした論理には合わなくても、別の論理展開に活用できるかもしれません。

帰納法をより詳しく知りたい場合は

帰納法について簡単に解説していきましたが、こちらでより詳しく解説しています。演繹法との違いについて例文を使って解説していますので、気になる方はこちらも参考になさってください。演繹法についてわかりやすく解説したものはこちらです。

「演繹法と帰納法の違いを例文を交えて解説」

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です