「聞く」「聴く」「訊く」違いと使い分けを例文で解説

「聞く」「聴く」「訊く」違いと使い分けを例文で解説

「聞く」「聴く」「訊く」の違いを教えてください。

「聞く」は「耳に感じ取る」、「聴く」は「耳を傾ける」、「訊く」は「尋ねる」です。

 

「聞く」「聴く」「訊く」 の意味の違いと使い分けを例文で解説いたします。

 

  • 聞く:耳に感じ取る
  • 聴く:耳を傾ける
  • 訊く:尋ねる

 

また、「人の話をきく」「音楽をきく」「ラジオをきく」はどの漢字を使うのかをご紹介します。

英語表現もご覧ください。

どうしても使い分けに迷う場合には平仮名「きく」と表記します。

 

取材記事代行屋取材記事代行屋

【意味】「聞く」「聴く」「訊く」の違い

「聞く」「聴く」「訊く」の違い

 

「聞く」と「聴く」と「訊く」は、大きく次の違いがあります。[注1][注2]

 

  • 聞く:耳に感じ取る
  • 聴く:耳を傾ける
  • 訊く:尋ねる

 

ただし、「訊く」は常用漢字表にない漢字です。公の文書では「聞く」か「きく」と表記しましょう。

もしも使い分けに迷う場合には平仮名表記「きく」とします。

また、複合語では「聞く」を使います。[注3]

 

詳しく確認していきましょう。

 

聞く:耳に感じ取る

「聞く」は、「耳に感じ取る」「受け入れる」「嗅ぐ」などの複数の意味があります。

音に関しては、受け身でも音が耳に入る状態のときに使います。

 

デジタル大辞泉には次の記載があります。

1 音・声を耳に受ける。耳に感じ取る。「物音をー・く」「見るものー・くものすべてが珍しい」「鳥の声もー・かれない」

[引用]小学館「デジタル大辞泉」

 

自然に音を耳に感じ取る場合には、「聞く」を使います。

また、複合語は「聞く」を使います。

 

聴く:耳を傾ける

「聴く」は、「耳を傾ける」「注意して耳にとめる」などの意味があります。

音に対して能動的に耳を傾けるときに使います。

 

デジタル大辞泉には次の記載があります。

2 (聴く)注意して耳にとめる。耳を傾ける。「名曲をー・く」「有権者の声をー・く」

 

音に対して注意して耳にとめるときには、「聴く」を使います。

 

訊く:尋ねる

「訊く」は、「尋ねる」「問う」などの意味があります。

誰かに何かを尋ねるときに使います。

 

デジタル大辞泉には次の記載があります。

5 (「訊く」とも書く)尋ねる。問う。

 

ただし、「訊く」は、常用漢字表には記載がない漢字です。

公の文書では、尋ねる場合でも、「聞く」か「きく」と表記します。
表記に迷うときには平仮名で「きく」と表記しましょう。

 

[注1]文化庁/「異字同訓」の漢字の使い分け例(報告)[pdf]

[注2]小学館「デジタル大辞泉」

[注3]一般社団法人共同通信社「記者ハンドブック第13版」

 

【例文】「聞く」「聴く」「訊く」の使い方

「聞く」「聴く」「訊く」の使い方

 

「聞く」「聴く」「訊く」の使い方を例文でご紹介します。

 

聞く

「聞く」の使い方を例文で解説いたします。

「聞く」は受け身でも音を耳に感じ取るときに使います。

また、複合語も「聞く」を使います。

 

例文で確認してみましょう。

 

【例文:聞く】

窓の外から、鳥のさえずりが聞こえる

 

【例文:聞く】

昨夜、不審な物音を聞いた

 

【例文:聞く】

彼女の噂を頻繁に聞く

 

 

【例文:聞く】

その件については聞き流すことにした。

(複合語)

 

 

なるほど。

「聞く」は自然に音が耳に入るときに使えばよいですね。

「聞き流す」「聞き入る」などの複合語も「聞く」を使います。

 

聴く

「聴く」の使い方を例文でご紹介します。

「聴く」は、注意して耳を傾けるときに使います。

 

例文で確認してみましょう。

 

【例文:聴く】

演奏会でクラシック音楽を聴く

 

【例文:聴く】

大学で講義を聴く

 

【例文:聴く】

街頭で国民の声を聴く

 

訊く

「訊く」の使い方を例文でご紹介します。

「訊く」は、誰かに何かを尋ねるときに使います。

 

例文で確認してみましょう。

 

【例文:訊く】

通行人に道を訊く

 

【例文:訊く】

先生にフランスの歴史について訊く

 

【例文:訊く】

彼女に本音を訊く

 

「聞く」「聴く」どちらの表記?:聞く態度による

音楽を聞く?聴く?

 

「人の話しをきく」「音楽をきく」「ラジオをきく」は、「聞く」「聴く」どちらの表記か迷うことがあります。

一般的には、能動的に耳を傾けるなら「聴く」、そのほかの場合には「聞く」を使います。

 

人の話しをきく

「人の話しをきく」の表記に迷う場合、注意して耳を傾けるなら「聴く」、そのほかは「聞く」を使います。

 

例文で確認してみましょう。

 

【例文:人の話をきく】

聞く

カフェで本を読みながら周囲の人の話を聞く

 

聴く

悩み事がある人の話を聴く

 

音楽をきく

「音楽をきく」の表記に迷う場合も、注意して耳を傾けるなら「聴く」、そのほかは「聞く」を使います。

 

例文で確認してみましょう。

 

【例文:音楽をきく】

聞く

BGMを聞きながら勉強する。

 

聴く

演奏会でピアノの演奏を聴く

 

ラジオをきく

「ラジオをきく」の表記に迷う場合も、注意して耳を傾けるなら「聴く」、そのほかは「聞く」を使います。

 

例文で確認してみましょう。

 

【例文:ラジオをきく】

聞く

ラジオを聞きながら料理をする。

 

聴く

好きなアーティストのラジオ番組を聴く

 

【英語】「聞く」「聴く」「訊く」:hear・listen・ask

「聞く」「聴く」「訊く」英語表現

 

英語の「聞く」「聴く」「訊く」をご紹介いたします。

 

  • 聞く:hear
  • 聴く:listen
  • 訊く:ask

 

上記のように使い分けます。

 

聞く:hear

英語で「聞く」にあたるのは  「hear」です。

 

例文で確認してみましょう。

 

【例文:hear】

I heard a loud noise.

(私は大きな音を聞いた)

 

【例文:hear】

I heard about your new job.

(私はあなたの新しい仕事のことを聞いたよ)

 

聴く:listen

英語で「聴く」にあたるのは「listen」です。

 

例文で確認してみましょう。

 

【例文:listen】

She is listening to the music.

(彼女は音楽を聴いています)

 

【例文:listen】

I listened to her story with interest.

(私は彼女の話を興味深く聴いた)

 

訊く:ask

英語で「訊く」にあたるのは「ask」です。

 

例文で確認してみましょう。

 

【例文:ask】

Excuse me, can I ask you a question?

(すみません、お尋ねしてもよろしいですか?)

 

【例文:ask】

I have asked you a thousand times already.

(私はあなたに千回もお尋ねしていますよ)

 

 

在宅ライター募集!在宅ライター募集!

「聞く」「聴く」「訊く」を使い分けよう

「聞く」「聴く」「訊く」の違いと使い分けを解説いたしました。

 

  • 聞く:耳に感じ取る
  • 聴く:耳を傾ける
  • 訊く:尋ねる

 

「訊く」は常用漢字表にある漢字ではないため、一般的には「聞く」を使用します。

自然に耳に入るときには「聞く」能動的に耳を傾けるときには「聴く」と覚えておきましょう。

また、複合語は「聞く」を使います。(「聞き流す」など)

 

その都度、適切な漢字を考えて使い分けましょう。

 

在宅ライター募集!

センターグローブ(記事作成代行屋)では良質な記事を作成いただけるライターさんを募集しています。

在宅でのお仕事ですので、ライター1本で生計をたてたい方はもちろん、お仕事をされている方の副業としてもご活用いただけます。

ご興味がございましたら、下記から詳細説明をお読み頂きまして、よろしければ応募フォームからご応募ください!