スラッグとは?SEOに効果的な設定方法3つのポイントを紹介

URL

WordPressの記事設定やパーマリンク設定を行う時、初心者が必ずぶつかる壁の一つに「スラッグ設定」があります。インターネット上ではあらゆる情報が錯綜しており、結局のところスラッグやパーマリンクとSEOとの関係性がわからないという方は多いことでしょう。

本記事ではスラッグが与えるSEOへの影響やパーマリンクとの関係性について解説しました。なお今回ご紹介する情報は全て、Google WebmasterのYoutube公式アカウントに掲載されている情報、Google Search Consoleヘルプに掲載されている情報、Google ウェブマスター・トレンド・アナリストのジョンミューラー氏の発言を参考にしています。

WordPressのスラッグやパーマリンクの知識を正しく身につけ、これからのメディア運用に役立ててくださいね。

スラッグとは?WordpressとSEOの関係性

スラッグとは、永久的なリンクを意味する『パーマリンク』を構成するURL要素の一部を指します。
Wordpressの各記事や固定ページ、カテゴリーページに付与することができ、スラッグの文字列はメディア所有者によって自由に定義することが可能です。

また、スラッグにはあらゆる国の言語を設定することもできます。

1. スラッグがSEOへ及ぼす影響

WordPressのスラッグ設定がSEOへ強い影響を与えることはありません。
ただし、「記事のコンテンツ内容とスラッグ文字列を一致させることに微々たるSEO効果がある」とGoogle ウェブマスター・トレンド・アナリストのジョン・ミューラー氏は提言しています。

新規ページを作成する際はサイトコンテンツに関連するキーワードをURLに含めても良いでしょう。微々たるSEOの効果は見込めます。ただし、Googleクローラー(ロボット)が読み取りやすいURLにすることがもっとも重要なポイントです。

したがって新規記事作成時のスラッグは、記事のコンテンツ内容と関連性のある文字列を設定しておくべきでしょう。施策しておいて損することはありません。

2. 日本語スラッグが与えるSEOへの影響

WordPressのスラッグやパーマリンクに日本語を含めた場合、ネガティブなSEO効果が働くという記述を目にしたことはありませんか?
例えば当サイトのURL(http://記事作成代行.jp)はドメイン名に日本語を含むため、GoogleクローラーはURLを自動でエンコードし、次の文字列を認識します。

https://xn--3kq3hlnz13dlw7bzic.jp/

エンコード後の文字列は一見すると「規則性がなく」「非常に乱雑で」「長い文字列」になることから、日本語を含むURLはSEO的に不利だというのです。

Google WebmasterのYoutube公式チャンネルに出演しているSyed Malik Mairaj氏(2019年には日本でも何度か公演をしている方)は、スラッグやパーマリンクにローカル言語を含めたとしても、SEOにネガティブな影響を及ぼすことはないと明言しています。

What does google recommend for URL structure of local language site? Is it to be in local language or English?
(ローカル言語のサイトではどんなURL構造が推奨されますか?現地語のURLか、英語のURLどちらですか?)

I think the best and the ideal scenario would be for you to have the URLs as well in the same language as your content. Because the URL is also visible in the search results and the URL is also visible in the browser, and people access webpages by typing URLs, right?
(私はサイトコンテンツと同じ言語をURLに含む構造がもっとも理想的な状態であると考えています。URLや検索結果やブラウザーに表示されますし、ユーザーはURLをタイピングすることでWebページにアクセスしますよね?)

SO, if you have the URLs in the same languages for example, if you are writing Hindi content and you have URLs as well in Hindi, then it is a good experience for a Hindi user.
(ですから、もしあなたがヒンディー語のコンテンツを執筆していて、URLにヒンディー語が含まれるのであれば、それはヒンディー語を利用するユーザーにとっては良いユーザー体験となるでしょう。)

つまり、ウェブサイトのURLに日本語が含まれていればユーザーがスムーズにコンテンツ内容を把握できるのです。
日本人をターゲットにするWEBマーケティングを行うのであれば、検索ユーザーの目を引くコンテンツ作成の重要性は明らかでしょう。

 

3. スラッグ・パーマリンクの文字数が長すぎるとSEOには不利?

日本語のパーマリンクが長い文字列にエンコードされることが「SEOにネガティブな影響を与える」という言説も存在しますが、こちらもGoogleのジョン・ミューラー氏によって否定されています。

https://twitter.com/JohnMu/status/1224983811139735554?s=20

URL length is not a ranking fraction.
URLの長さは(検索順位の)ランキング要素とは関係ない。

 

ただし、日本語が含まれるURLはSNSへシェアできない場合もあるので注意が必要です。

国内利用者数の多いTwitterの場合、ルートドメインにのみ日本語が含まれるURLはシェア可能です。
ただし、スラッグに日本語が含まれる場合はその限りではありません。
以上の画像にて検証した通り、シェア用のリンクが正常に機能しなくなってしまいます。

パーマリンクとスラッグの関係とSEO

パーマリンクはGoogleクローラーがウェブサイトのコンテンツを判断する指標のひとつです。
ウェブサイト・クローラビリティの良し悪しに関わるため、パーマリンク構造は深く検討する必要があります。

今回の記事でご紹介したスラッグとSEOの話と深く関わることですから、必ず確認してください。

(内部リンク:パーマリンクとSEO)

WordPressブログのスラッグ設定方法

次に、Wordpressでブログを運営されている方向けにスラッグ設定方法をご紹介します。Wordpressで設定することのできるスラッグは以下の3カ所です。

  1. 投稿ページのスラッグ
  2. 固定ページのスラッグ
  3. カテゴリーページのスラッグ

それぞれについて項目別に解説しますので、順を追ってご確認ください。

スラッグ設定方法①投稿ページ、固定ページのスラッグ設定方法

投稿ページと固定ページのスラッグ設定方法はどちらも同じ方法で設定できます。
まずはWordpressダッシュボードにログインして、左側サイドバーの投稿ボタンから「投稿一覧」ページにアクセスした後、スラッグを変更したい記事や固定ページの編集画面に入ってください。

記事編集ページの上部、タイトル直下にある「パーマリンク」という場所から記事のスラッグを変更することができます。もしパーマリンクを設定する場所が表示されていなかった場合は、上記画像に従って「スラッグ」ボックスを表示させてください。

  1. 編集ページ右上の「表示オプション」をクリック
  2. ボックス設定画面が表示されるので、「スラッグ」にチェックマークを入れる

次に、「パーマリンク」変更箇所の「編集」ボタンをクリックして、上記画像の赤枠で囲った部分の文字列をお好みのものに変更します。この時に変更した文字列が、そのページのスラッグとなります。

スラッグ設定方法②カテゴリのスラッグ設定方法

次にカテゴリーのスラッグ設定方法です。先ほどと同じくWordpressのダッシュボードにログインした後、左側サイドバーの投稿ボタンから「カテゴリー」ボタンをクリックして、カテゴリーページに移動します。

上記画像の画面でカテゴリーのスラッグを変更できます。

  1. サイドバーの場所
  2. スラッグ設定箇所
  3. 既存カテゴリーのスラッグ状態一覧

既存カテゴリーのスラッグを変更したい場合は、変更したいカテゴリー名をクリックした後に表示される画面で変更可能です。

スラッグとSEOの関係まとめ

今回の記事ではWordpressのスラッグが与えるSEOへの影響について解説しました。

  • コンテンツ内容と一致した文字列にスラッグを設定すると効果的
  • 日本語ドメイン、日本語スラッグがSEOに悪影響を及ぼすことはない(むしろユーザー体験性が高まる)
  • 日本語のドメイン・スラッグ名によってURLが長くなったとしてもSEOには関係がない
  • ただし、SNSシェアに不具合が発生する場合もある
  • ツイッターの場合、スラッグに日本語が含まれるとシェアできない(ルートドメインは問題なし)

理解に難しいWordpressのスラッグ設定について、本記事が少しでも役に立てば幸いです。
また、関連記事の「パーマリンクとSEOについて」も併せて閲覧してみてください。

在宅ライター募集!

センターグローブ(記事作成代行屋)では良質な記事を作成いただけるライターさんを募集しています。

在宅でのお仕事ですので、ライター1本で生計をたてたい方はもちろん、お仕事をされている方の副業としてもご活用いただけます。

ご興味がございましたら、下記から詳細説明をお読み頂きまして、よろしければ応募フォームからご応募ください!