web記事で重要な大見出し(H2)小見出し(H3)の作り方をプロライターが解説!

「大見出し(H2)」「小見出し(H3)」がWeb記事で重要なポイントである事は皆さんご存知だと思いますが、ここではユーザーを引きつける見出しを作成するためのポイントについて、わかりやすく解説します。

1. 本文を読まなくても要約されている見出しに

Webユーザーは、画面をスクロールして記事を斜め読みし、知りたいこと(検索ニーズ)に対する答えを早く知ろうとする傾向があります。
私が教えられたのは、検索ユーザーとは下記のような1秒も待っていられないユーザーであるという事でした。
「目の前で、洗面所の蛇口が壊れて、水が吹き出しているので、1秒でも早く水トラブルを解決したい。業者を呼ぶと同時に、応急処置の方法をgoogleで検索している。」
そんな時、読者は真っ先に目に飛び込んでくる小見出しを見て、「自分が知りたいことが書かれている記事か?」を瞬時に判断します。
そんな時「洗面所下の鉄パイプ部分にある蛇口をひねる!」と見出しにあれば、ユーザーは「この記事に答えがありそうだ!」と思います。
そしてやってみるがうまくいかない場合、記事を読み進めます。
ここで、「洗面所の水漏れは早急に対応すべし」など、大見出し、小見出しに関わらず、本文の要約がなければ、このユーザーは離脱して、別の記事を探します。
従いまして、「小見出しを読むだけで、記事の全容や言いたいことがわかる」状態にしておくのがベストです。

最初にある程度小見出しを決めてから記事を書き出す方法は、ライティングの基本ですので既にみなさんご存知かもしれません。しかし、この方法において注意したい点が「小見出しに本文の結論が記載されていない」状態になってしまうことです。
かといって、記事を書き出す前に結論を含ませた小見出しを作成するのは難しいですよね。そのため、最初につけた小見出しに沿って本文をある程度書いた後、もう一度「結論」を含んだものに修正する方法をおすすめします。この時、「本文と小見出しの内容に相違がないか」も一緒にチェックしておきましょう。

2.タイトルの答えとなる小見出しは一番上に

先述したように、Webユーザーは答えをすぐに知りたがる傾向があります。そのため、タイトルの答えとなる小見出しが、記事の一番上にある状態が理想的です。
例えばタイトルが「夏バテを解消する効果的な3つの方法」だとしたら、一番上の小見出しは「夏バテの解消には冷房の温度調整が最も大切!」にします。
img class=”alignnone size-large wp-image-236″ src=”http://xn--3kq3hlnz13dlw7bzic.jp/wp-content/uploads/2018/01/heading_002-1024×614.jpg” alt=”” width=”1024″ height=”614″ />
これにより、読者は最も効果的な夏バテ解消方法をすぐに知ることができるのです。
もうひとつ、一番最初の大見出しにタイトルの答えを持ってくる理由として、タイトルと記事内容のズレをなくすという効果もあります。
先程の「目の前で水が吹き出していているユーザー」に対して、下記タイトルの記事に入ります。
タイトル「洗面所の蛇口がこわれて水が吹き出した時の応急処置の方法」
すると、最初の見出しが、
大見出し「水漏れの被害は全国で年間10,000件以上」という見出しと内容では、ユーザーの検索ニーズを満たせません。
最初の見出しにタイトルの答えを持ってくるのは、ユーザー

3.つい読みたくなるような魅力的な小見出しに

ここで気をつけたい点が「小見出しに結論を記載する」ことばかり意識してしまうと、ただ単に答えが羅列された味気ない小見出しになってしまうことです。そうすると、読者を惹きつけることができずに記事の途中で離脱されてしまう可能性があります。
例えば、
「夏バテの原因は食欲の低下だけでなく、冷房による外気との温度差だった」
このような小見出しは少し長めですし、小難しい感じがして、つい気になって読んでしまうような記事とは言えません。
「夏バテ最大の原因は『冷房のかけすぎ』だった!」
のように、簡潔で本文も読みたくなるような小見出しにするといいでしょう。

4.短すぎもNGだけど長くなりすぎても良くない

小見出しに伝えたいことを盛り込むあまり、長くなりすぎてもいけません。あまり長すぎると読みづらくなってしまいますし、読者にポイントが伝わりにくくなってしまいます。25文字くらいまでに収めるようにしましょう。また、なるべく句読点を使わず一つの文章にまとめると、コンパクトになるのでいいですね。
例えば、
「トマトには、抗酸化作用が強いリコピンが多く含まれているから夏バテに効く!」という小見出しだと少し長く感じますよね。
そこで、
「トマトが夏バテに効く!リコピンの抗酸化作用に注目!」
に修正すると、短くなるだけでなく本文も読みたくなるような小見出しになります。
単語のみなど、簡潔すぎて魅力がない小見出しにならないように注意してくださいね。

5.小見出しの中で伝えたいことに一貫性を持たせる


↑一貫性のない記事は読み手を魅了できません。
こちらはWebライティングをしている方なら皆さんご存知かもしれませんが、「小見出しに一貫性を持たせる」ことも重要なポイントです。 例えば、「ダイエット」についての記事を書くために下記のような小見出しをリストアップしたとします。

  • ダイエットの基本
  • 自分でできるダイエットの方法
  • ダイエットにおすすめのパーソナルジム
  • ダイエットできるパーソナルジムの料金

これだと、「自分でダイエットする人」向けなのか「パーソナルジムなどに通ってプロの手を借りてダイエットしたい人」向けなのかわかりません。
一貫性がなく、だらだらと長い記事だな…という印象を持たれてしまうでしょう。
そこで、

  • ダイエットの基本
  • 自分でできるダイエットの方法
  • 自宅で使えるおすすめダイエットグッズ
  • 自分でダイエットする時の注意点

のように、「自分でダイエットする人」向けの記事に使う小見出しとして、一貫性を持たせます。また、先述したように結論も盛り込んだ魅力的な小見出しになるよう、さらに修正していきましょう。
すると、読む側にとっても「自分で手軽にできるダイエットの記事だな」とすぐにわかりますし、読み進めていったら「途中から自分が求めている情報とは違うことについて書かれている、読んで損した」ということも無くなるはずです。

6.小見出しごとの文章ボリュームに差がでないように!

例えば、700文字ほどの記事を書くとした場合、一つの小見出しは500文字ほど本文があるのに、一つの小見出しでは200文字ほどしか本文がない…という状態だと、読者に「前の項では詳しく説明してくれたのに、ここでは手抜きしているのかな」という印象を与えかねません。
また、本文があまりに短い小見出しばかりだと次々に話題が移っていくような印象になり、逆に読みづらくなってしまいます。一つの小見出しの本文が2〜3行しかない、という状態は避けるようにしましょう。無駄な小見出しは削除して、他の小見出しと合体できる場合は一まとめにした方が、読者にとってもわかりやすい記事になります。
このように小見出しのつけ方を工夫するだけで、一気に読みやすくて魅力的な記事にすることができます。ぜひこちらでご紹介したポイントを実践して、たくさん読まれるWeb記事をライティングしてくださいね!

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です