尊敬語とは?謙譲語との違いをわかりやすく解説【敬語変換表つき】

尊敬語の3つの種類と見分け方

尊敬語は敬語の一つです。

相手(または話題の主)の動作や状態を言い表すときに、尊敬語を使って敬う気持ちを表現します。

 

  • お菓子を召し上がりますか
  • 王様がお目覚めになる

 

尊敬語を使うと、自然な敬意を表せるため、好印象です。

ただし、過剰に使うと慇懃無礼と思われたり、使うべき場で使えないと失礼になってしまったりと、少々難しいのが尊敬語です。

こちらでは、尊敬語の3つのパターンと、紛らわしい謙譲語との違い、避けたい二重敬語について解説いたします。

 

【尊敬語とは】相手の動作を高めて敬う表現

尊敬語を簡単に解説

尊敬語は、敬語の一つです。

敬う相手の動作や状態を高める言葉で、敬意を表現できます。

文化庁が発表している「敬語の指針」には、次の記載があります。

【参考元:文化庁/敬語の指針】

尊敬語(「いらっしゃる・おっしゃる」型)

相手側又は第三者の行為・ものごと・状態などについて、その人物を立てて述べるもの。

〈該当例〉

[行為等(動詞,及び動作性の名詞 )]

いらっしゃる,おっしゃる,なさる,召し上がる お使いになる,御利用になる,読まれる,始められる お導き,御出席 (立てるべき人物からの)御説明

[ものごと等(名詞)]

お名前,御住所 (立てるべき人物からの)お手紙 ,

[状態等(形容詞など) ]

お忙しい,御立派

尊敬語は、対象の人物の行為を高めて述べる言葉です。

たとえば、「先生が言った」ではなく、「先生がおっしゃった」と言うことで、先生を敬っていることを表現できます。

 

会話の相手に尊敬語を使えば、自然に敬意を表すこともできます。

【例文:尊敬語】

こちらは、あなたが書かれた文章ですか?

この旋律をお聞きになったことはありますか?

どうぞ、召し上がってください。

言葉の端々には思いがこもるものです。相手に抱いている敬意を、尊敬語を使って自然に表せば、コミュニケーションもスムーズになります。

尊敬語の使い方を覚えて、敬う気持ちを言葉にこめてみましょう。

 

【参考元】文化庁/敬語の指針/P14尊敬語[pdf]

 

尊敬語を使う状況

尊敬語は、次の状況で使えます。

  • 対象の人物を心から敬っている場合
  • 対象の人物を尊重した物言いが必要な場合
  • 対象の人物に距離を置いて話したい場合

 

心から敬っている場合は、尊敬語の使用が自然にできますね。

敬意を表したい場合のほかに、相手と距離を置きたいときにも尊敬語は使えます。尊敬語を使ってかしこまった話し方をすれば、必要以上にフランクになることはありません。

必要に応じて尊敬語を使用してみましょう。

 

【尊敬語の3種類】一般形・特定形・接頭語

尊敬語3種類をわかりやすく解説

尊敬語には大きく3つの種類があります。

  1. 一般形:基本の形に「お〜になる」などをつける
  2. 特定形:特定の形に言い換える:「いらっしゃる」「おっしゃる」
  3. 名詞の尊敬語:接頭語「お」「ご」などをつける

 

文化庁の敬語の指針にも次の記載があります。[注1]

【参考元:文化庁/敬語の指針】

動詞の尊敬語の形

「行く→いらっしゃる」のように特定の語形(特定形)による場合と、「お(ご)…になる」(例,読む→お読みになる,利用する→御利用になる)のように広くいろいろな語に適用できる一般的な語形(一般形)を使う場合とがある。

 

それでは、一つひとつ、詳しく見ていきましょう。

 

[注1]【参考元】文化庁/敬語の指針/P14尊敬語[pdf]

 

一般形:「お(ご)〜になる」など

基本の語形に「お(ご)〜になる」などをつけるのが一般形の尊敬語です。

  • 社長が読む→社長がお読みになる

 

「読む」に「お(ご)〜になる」をつけることで、尊敬語になります。

このように、基本の語形に特定の言葉をつけたすのが尊敬語の一般形です。

一般形のおもな作り方を表で確認しましょう。

【尊敬語・一般形】

尊敬語・一般形
お(ご)〜になる お聞きになる お読みになる
お(ご)〜だ(です) お食べだ お食べです
〜なさる 書きなさる 呼びなさる
〜ていらっしゃる 美しくていらっしゃる
お〜ください お読みください
れる られる される 書かれる 乗られる

 

「先生が書きます」を 、「先生がお書きになります」と尊敬語を使って話すと、先生を敬う気持ちを言葉で表せます。

 

特定形:「いらっしゃる」「おっしゃる」など

特定形の尊敬語は、基本形に何かつけたす一般形とは異なり、尊敬語ならではの特定の言葉を使います。「言う」を特定形の尊敬語にすると、「おっしゃる」になります。

おもな特定形を表で確認しましょう。

【尊敬語・特定形】

基本形 特定形・尊敬語
言う おっしゃる
食べる

飲む

召し上がる
見る ご覧になる
来る いらっしゃる

見える

おいでになる

知っている ご存知
する なさる

 

「部長が言った」と言うよりも、「部長がおっしゃった」と話した方が、尊敬の意がこもって丁寧な印象になります。

「召し上がる」「ご覧になる」など、自然に使えるようになるとよいでしょう。

 

名詞の尊敬語:接頭語「お」「ご」などをつける

「お名前」などのように、敬う対象の物に「お」や「ご」をつけて尊敬語にすることもあります。

「先生のご本を貸していただく」のように、尊敬する先生の「本」に「ご」をつけて、尊敬を表します。

また、「貴社」のように敬う意味のある漢字をつけることもあります。

接頭語
お手紙 お宅
ご一同 ご意見 ご両親
貴社 貴殿 貴校
芳名 芳恩
令息 令嬢
尊名 尊父 尊顔
高名

 

例文で見てみましょう。

【例文:名詞の尊敬語】

あなたのお名前を教えてください。

ご住所をお知らせください。

貴社を志望した理由は…

かねてから、ご高名は伺っております。

 

謙譲語でも名詞に「お(ご)」をつける場合があります。混同しやすいのですっきりさせておきましょう。

  • A 私から先生へのお手紙 ← 謙譲語
  • B 先生から私へのお手紙 ← 尊敬語

Aでは、手紙は自分の物なので、謙譲語。Bは、手紙は敬う対象である先生の物なので、尊敬語です。

 

【敬語変換表】尊敬語・謙譲語・丁寧語:「言う」「 聞く」「来る」「帰る」など

敬語は、尊敬語・謙譲語・丁寧語など、種類があるため、ややこしいと感じることもあります。

おもな敬語を表で確認してみてください。

【敬語変換表】

基本形 尊敬語 謙譲語 丁寧語
目的 相手を高める 自分がへりくだる 丁寧に述べる
動作の主 相手 自分 適宜
来る いらっしゃる

おいでになる

みえる

おこしになる

伺う

参る

 

来ます
帰る お帰りになる

帰られる

おいとまする 帰ります
言う おっしゃる

言われる

申す

申し上げる

言います
聞く お聞きになる 拝聴する

うかがう

聞きます
もらう お受け取りになる 頂戴する

拝受する

いただく

もらいます

 

 

尊敬語と謙譲語の見分け方

尊敬語と謙譲語の違いと見分け方

尊敬語と謙譲語の見分け方が紛らわしいこともあります。

尊敬語と謙譲語の大きな違いは、その行為の主が自分側か相手側かということです。

 

  • 尊敬語: 相手側の行為を高めて述べる言葉
  • 謙譲語: 自分側の行為を低めて相手を高める言葉

 

尊敬語と謙譲語を簡単に見分ける方法をご紹介します。

見分けたい言葉の主語を「私は」にしてみましょう。

「私は」を主語にして文章が成り立てば、それは尊敬語ではありません。謙譲語です。

尊敬語は、相手側の行為を高める表現です。「私は」を主語にしては文章が成り立ちません。

例文で確認してみましょう。

【例文:尊敬語と謙譲語の見分け方】

私は 先生から 話を お聞きになる

↑「私は」で文章が成り立たないので、「お聞きにになる」は尊敬語

 

【例文:尊敬語と謙譲語の見分け方】

私は 先生から 話を 伺う

↑「私は」で文章が成り立つので、「伺う」は謙譲語

 

例文の「お聞きになる」は尊敬語です。「私はお聞きになる」というのは、いかにもおかしな文章ですね。「私は」を主語にしてして成り立たない敬語は、尊敬語です。

 

  1. 尊敬語: 主語が相手側 (「私は」を主語にして文章が成り立たない)
  2. 謙譲語: 主語が自分側 (「私は」を主語にして文章が成り立つ)

 

上記の2点を簡単に覚えておきましょう。

たとえば、「お帰りになる」は尊敬語かな?謙譲語かな?と迷ったときには、「私は」を主語にした文章を思い浮かべてみます。

「私はお帰りになる」

…文章が成り立ちません。つまり、相手側の動作に使うべき尊敬語であることがわかります。

「先生がお帰りになる」であれば、文章が成り立ちますね。

 

謙譲語について、記事ブログ内に私が詳しく解説した記事があります。謙譲語は自分の行為をへりくだって述べることにより、相手を高めて敬う表現です。謙譲語についても知っておきたい方は、こちらの記事も、ぜひ、ご覧くださいね↓

謙譲語とは?3つのパターンでわかりやすく解説【尊敬語との違いも簡単に】

 

二重敬語はやめよう:お召し上がりになられる

二重敬語に注意

二重敬語は、敬語を重ねて使う表現です。

たとえば、「お召し上がりになられましたか?」は、「召し上がる」と「られる」の両方が尊敬語で、二重敬語です。

この場合、「召し上がりましたか?」「食べられましたか?」が正しい尊敬語の使い方です。正しい使い方のほうがすっきりしていますね。

 

よくある尊敬語の二重敬語

「お(ご)〜になる」+「られる」という二重敬語を使わないように気をつけましょう。

「お(ご)〜になる」も、「られる」も、どちらも尊敬語です。尊敬語を重ねて使うと二重敬語となり、慇懃無礼な印象を与えてしまいます。

よくある尊敬語の二重敬語をご紹介します。

【例文:尊敬語の二重敬語】

✕ お召し上がりになられる

◯ 召し上がる

 

✕ おっしゃられた

◯ おっしゃった

 

✕ お見えになられる

◯ お見えになる

 

✕ お帰りになられました

◯ お帰りになりました

どれもなんとなく耳にすることがあるのではないでしょうか。急いで話すときなど、二重敬語にならないように気をつけましょう。

 

尊敬語を使って好印象に

尊敬語は、相手を敬う気持ちや、大切に思う気持ちを、自然に言葉に込めることができます。

ビジネスの場や目上の方とのやりとりはもちろん、大切に思う方にも、尊敬語を使ってみましょう。

相手を高めて敬うだけではなく、大切に思う気持ちも伝わるでしょう。言葉を丁寧に使うことで、印象もよくなり、コミュニケーションもスムーズになります。

在宅ライター募集!

センターグローブ(記事作成代行屋)では良質な記事を作成いただけるライターさんを募集しています。

在宅でのお仕事ですので、ライター1本で生計をたてたい方はもちろん、お仕事をされている方の副業としてもご活用いただけます。

ご興味がございましたら、下記から詳細説明をお読み頂きまして、よろしければ応募フォームからご応募ください!