文章力がない人でも簡単に記事を書ける3つの文章形式

パソコンと女性

「文章力が上がらない…」とお悩みのライターさんが多いようです。また、社内ライターや外注ライターに記事の執筆を依頼しているけれど、「いまいち文章力がない…」と感じているWeb担当者も多いことでしょう。

そんな方に向けて、この記事では誰でも簡単にクオリティの高い文章が書ける3つの形式をご紹介します。記事を依頼する際にも自分で文章を書く際にも参考になりますので、ぜひチェックしてみてください。

文章力がない人でも簡単に記事が書けるリスト型・紙芝居型・会話型

文章力がない人でも簡単に記事を書ける3つの文章形式

サクッと読みやすい「リスト型」

1つ目にご紹介するのは「リスト型」の文章です。リスト型文章では、細かく見出しを設定しながら文章を構成していきます。長文になると読者も読むのが大変ですよね。見出し(h2)や小見出し(h3)を設定することで、読み進めやすい文章となるでしょう。この記事もリスト型文章として作成しています。

リスト型の文章を書く際のポイントは以下の通りです。

  • 見出しだけ読んでも全体の内容が把握できる
  • 見出しを読めばその項目の結論がわかる

この形式を使えば、「文章力がない…」という方でも簡単に記事を作成できます。Web担当者として記事を発注する際にも見出しや小見出しを設置するよう指示しておけば、ある程度わかりやすい文章を仕上げてくれるでしょう。長文を書く際には特に有効ですので、試してみてください。

画像中心のコンテンツに最適な「紙芝居型」

2つ目に紹介する文章形式は「紙芝居型」です。コンテンツの中心は文章よりも画像となります。1枚の画像に対して、会話や解説文などを加えながら記事を作成していきます。

主に以下のようなコンテンツに最適です。

  • 観光地のスポット紹介
  • 飲食店のレポート

文章だけでは伝えきれないようなテーマの際には採用してみましょう。オリジナルの写真や体験談を交えることでクオリティが高まります。また、写真を基に解説を加えるので、「文章が苦手…」という方にもおすすめです。

紙芝居型の文章を書く際のポイントは以下の通りです。

  • オリジナリティの高い画像や写真を用いる
  • 画像のみで構成するのは避ける

画像のオリジナリティやインパクトが強いとしても、画像のみの記事にするのは避けましょう。個人的な感想や体験談はコンテンツとして価値の高いものです。画像と文章を組み合わせることで、読者を獲得してきましょう。

読者の共感が得やすい「会話型」

3つ目におすすめする文章形式は「会話型」です。この文章形式は、読者に対して「話しかける」ことが特徴です。読者の悩みに寄り添い共感を得ることで、ファンになってもらいやすいというメリットがあります。文章を長々と書く必要はありませんので、文章力がないと悩んでいる人でも挑戦しやすいでしょう。

会話型の文章を書くためのポイントは以下の通りです。

  • 読者の悩みに対してやさしく語りかける
  • キャラクターなどを用いる

文章全体を会話形式にする方法もありますが、何でもかんでも会話にするのはおすすめできません。読者の悩みに対して、「記事がうまく書けないと困っていませんか?」などと適切なタイミングで語りかけることがポイントです。

また、キャラクターを登場させるのも良い方法でしょう。オリジナルの画像を準備しておけば記事の独自性も高まります。

文章力がない人でも簡単に記事を書くための5つの方法

5W1H

ここまで、文章を書きやすい3つの形式をご紹介しました。さらに、文章力がない人でも簡単に記事を書く5つの方法がありますので、併せて参考にしてみてください。

記事の目的を定める

まず、記事の目的を定めましょう。例えば、商品やサービスの紹介をするのであれば、目的は「読者が商品やサービスを購入すること」と設定できます。

目的を定めた後は、導入文から結論に至るまでその目的を意識して、どうすれば読者が心を動かされるか考えながら文章を書いていきましょう。

5W1H を意識する

2つ目のポイントは、文章の中で5W1Hを意識することです。

  • Who:誰が?
  • When:いつ?
  • What:何を?
  • Where:どこで?
  • Why:なぜ?
  • How:どのように?

これらの要素を織り込むようにすれば、文章が苦手でも自然と内容が膨らんでいきます。例えば、「化粧水がおすすめです」という短い文章を、5つの要素を用いて膨らませてみましょう。

  • Who:40代の女性
  • When:肌の衰えを感じたとき
  • What:保湿力を高める化粧水
  • Where:自宅
  • Why:保湿力を高めるため
  • How:簡単に

これらの要素を盛り込むと以下のような文章になります。

「40代女性の方は、肌の衰えを感じることもあるでしょう。そんなときは保湿力を高める化粧水がおすすめです。自宅で簡単に保湿力を高められますので、ぜひお試しください。」

文章を書く前に構成を作る

3つ目のポイントは、文章を書き始める前に構成を作っておくことです。書きながら構成を考える方法もありますが、文章が苦手な人にとっては難しく、途中で話の流れや論理が混乱してしまうこともあるでしょう。

仮でも良いので、文章を書く前に記事の枠組みをしっかり作ることで、どこでどんな主張を述べるのかを明確にできます。仮タイトルと大見出し(h2)だけでも大まかに設定してみましょう。特に前述のリスト型文章形式を使う際には、事前に見出しを作っておくことが効率的です。

タイトルに関係のない内容は入れない

タイトルに関係のない内容は入れないようにしましょう。文字数を増やそうして多くの話題を記載したくなりますが、話がつながらなくなったり、論理が飛躍したりする原因となります。読者が途中で離脱してしまう可能性もありますので、タイトルに関連があり読者にとって必要な情報のみを記載しましょう。

文章を書き終えた後で再調整する

文章を書き上げた後は、最低でも1回は読み直しましょう。

  • 主語と述語の関係は適切か
  • 接続詞が多用されていないか
  • 内容がわかる適切な見出しになっているか

などをチェックすることが重要です。ライターから記事を受け取ったときにも同じようにチェックしましょう。

3つの文章形式を利用してクオリティの高い文章を作成しよう!

以上、3つの文章形式であるリスト型・紙芝居型・会話型をご紹介しました。これらの形式を利用すれば、文章力がないと感じている方でも簡単に記事のクオリティを高められます。また、依頼しているライターの文章力が低いとお悩みのWeb担当者は、これらの形式を採用して記事を依頼すると良いでしょう。

在宅ライター募集!

センターグローブ(記事作成代行屋)では良質な記事を作成いただけるライターさんを募集しています。

在宅でのお仕事ですので、ライター1本で生計をたてたい方はもちろん、お仕事をされている方の副業としてもご活用いただけます。

ご興味がございましたら、下記から詳細説明をお読み頂きまして、よろしければ応募フォームからご応募ください!