コラムとエッセイの違いから学ぶ、ユーザーに響く記事構成や記事の書き方

コラム・エッセイ

ライターのお仕事をするようになってからというもの、年々コラム記事のご依頼を受けることが増えてきました。
コラムと言えば代表的なものに朝日新聞の「天声人語」や、読売新聞の「編集手帳」が挙げられますが、かく言う私も学生時代はこれらのコラムの書き方をお手本にするようにと教わったものです。
読む側としては気軽に読めて楽しいコラムですが、書く側になると「面白いものを書くぞ!」と少し気合が必要なコラム…
現在webライターとして活動してますが、エッセイではなくコラムの構成を意識している理由などもあわせてご紹介します。

そもそもコラムって何?

コラム(column)とは、もともとは「円柱」といった意味で、横書きの英字新聞では縦型の余白がしばしば出ることがあり、その余白に収まる批評や意見を書いた短い記事が柱のように見えることから「コラム」と呼ばれるようになったそうです。
現在でもその定義には曖昧な部分はあるのですが、一般的に次のような条件を満たすものがコラムと言えるでしょう。

記事にあらず!筆者の意見が書かれている

基本的に新聞や雑誌、Webなどの「記事」が事件やある物について客観的に事実を伝えるものであるのに対し、コラムはある事柄について筆者の個人的な意見や見解を書くことができます。
ただし、掲載されること、他人に読まれることが前提であるため、多くの人が知っている物事をテーマにする必要があります。

エッセイとの大きな違いは「根拠となる情報が書かれている」

上述のとおり、コラムは「記事」とは違って自分の意見を書くことができます。
しかし、コラムは自分の意見を述べる上で、根拠となる情報や個人的な分析を書いて説得力を持たせる必要があり、イメージとしてはごく小さな論文といった感じで考えていただけると良いかもしれません。
一方、コラムと同様に自分の意見を自由に書くことができるものとしてエッセイがありますが、こちらは基本的に他人が読むことや特定の場所への発表を前提としていないため、根拠は必要とせず、筆者の思っていることや身近な体験などを自由な形式で書くことができるものです。
インターネットの普及によって誰でも自分の文章を社会に発表できるようになった今、コラムと言いつつも内容的にはエッセイである文章も少なくありませんが、ライターとしてお仕事を受けるからには、この違いはしっかりと理解しておきたいところです。

コラムはサッと読めて主張や結論が端的に書かれている

コラムという言葉の由来からもおわかりのように、コラムはあくまでも「ちょっとした記事」であり、長々と書くものではありません。
限られたスペースの中で筆者の主張や結論を端的に表現すると共に、どんな人が読んでもすぐに内容が理解できるような読みやすい文章である必要があります。

ついつい読んでしまうコラム3つの書き方

コラムとはどんなものか、だいたいおわかりいただけたところで、次は世にある無数のコラムの中から、私がついつい読んでしまうコラムの共通点とも言えるいくつかのポイントをご紹介したいと思います。
全てのコラムに通じるわけではありませんが、コラムを書く上でどれも重要なポイントだと思いますので、是非参考になさってみてください。

1.構成が「序破急」

序破急「起承転結」はみなさんご存知のとおり文章を4つの展開で構成する方法ですが、コラムという限られた文字数の中では「序破急」という3部構成にすることで、短いながらもまとまりのある文章を作ることができます。
「序破急」の「序」は書き出しのことで、ここに結論や自分の意見を持ってくることで読む側の関心をひきつけます。「ん?どういうこと?」「うんうん、そうそう…」と思わせることができればこちらのものです。
次に「破」は展開部で、「序」の具体的な説明などを、根拠や分析を交えてできるだけ論理的に書きます。コラムの核となる部分ですので、気合を入れて調査しましょう。
そして最後の「急」で、感動や痛快、納得など、読む側に何らかの感情が湧くようなまとめの文章を書きます。ここで「面白かった!」と感じてもらえれば、コラムとしては言うことなしです。

2.独特の切り口を持つ

少し前にネット上でも「秀逸すぎる」と話題になったのですが、公認会計士の武田雄治(@takeda_cfo)さんがTwitterで紹介された読売新聞「編集手帳」のこのコラム。


まず国語辞書の「新郎」の隣の言葉に着目するところからして驚きなのですが、さらにその隣の言葉を「隣人」と比喩し、話題のニュースへと話を繋げていきます。
そして最後はまたニュースが流れた「バレンタインデー」の「隣人」について紹介し、いわゆる「オチ」をつけて文章をしめています。
400字ほどの文章でありながら、時事ネタを織り交ぜつつ読む側に「なるほど!」「すごい!」と思わせるのは、まさに知識と経験の豊富なベテラン記者だからこそなせる技ではないでしょうか。
ここまで見事なコラムはなかなか書けるものではありませんが、このコラムのように独特の切り口、独自の視点で話を展開していく手法は面白いコラムでよく見かける特徴のひとつです。
「つかみ」が独特なだけに、この話はどういう「しめ」になるのかな?と気になってついつい最後まで読んでしまうのです。

独特な切り口は、日頃のネタ探しから

日頃のネタ探しでは、このような独特の切り口や独自の視点を持つにはどうすれば良いのか、それはやはり日頃から「ネタ探し」をしておくことでしょう。
ニュースなどで社会の動きにアンテナを張っておくことももちろん必要ですが、普段の生活の中でなんとなく気になったことや、面白いと思ったことなどもメモしておくと良いですね。
記事の内容に直結しなくても、そうして様々なことに関心を持つことで自分の文章に深みが出るのではないでしょうか。
また、実際に「○○についてのコラムを書いてください」といった場合には、まずは○○に関係することを何でも書き出してみます。
例えば「おにぎり」というテーマであれば、私は「コンビニ」「お弁当」「お母さん」「米」「昔話」「山下清」「冷凍」「おむすび」などというキーワードを連想します。
そしてここで出たキーワードを展開して「おにぎり」に話を繋げていくというわけです。この時、話の始点となるキーワードがテーマから遠いほど意外性のある文章になります。

3.文字のバランスなどとにかく読みやすい

文字の黄金バランス上述のコラムの条件でもご紹介したとおり、コラムはサッと読めるものであるべきです。限られた文字数でも読む側が容易に理解できる文章になるよう意識して書きましょう。
まず、ひとつの文章の長さについては、40文字程度が理想です。文章を短くすることで、読む側にリズムが生まれます。
次に、文字のバランスです。一般的に、日本語における読みやすい文章の文字の黄金バランスは、【漢字:ひらがな:カタカナ=2:7:1】と言われています。
上述でご紹介した「編集手帳」のような新聞コラムの場合は、社会問題などを扱うことが多い為漢字の割合が比較的多くなることもありますが、紙媒体より視認性の低いWeb上の文章においては、この黄金比をなるべく意識して、ページを開いた時に柔らかく感じるような文字の並びになると良いかもしれません。
読みやすい文章は読み手に内容が理解され易いだけでなく、ページの離脱率も低くなるというメリットもあります。
そして、句読点の適切な位置(主語・術後の後、接続詞・副詞の後、連続する漢字やひらがなの間など)や、余分な接続詞を使わないなど、読みやすい文章はついつい読んでしまうコラムほぼ全てに共通することですので、ライティングの際には是非心掛けてみてください。
読み手を惹きつけるコラムを書くには実際に記事を書いていくことが1番の上達方法だと思いますので、良い悪い気にせず、たくさんの作品を作ってみてはいかがでしょうか。

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です