キーワード含有率は意識しなくてもいい理由をわかりやすく解説

ユーザーが検索するクエリに対して、検索上位表示を狙うためにキーワード選定は重要なSEO対策です。現在、記事内におけるキーワードの含有率はあまり意識せず制作しても良いとされています。なぜキーワード含有率を意識しなくても良いのかをわかりやすく解説していますので参考にしてください。

Googleの検索の精度が高まった

これまでのGoogle検索において、キーワード含有率は上位表示させるために意識するべき項目でした。より関連性や網羅性のある記事として認識させるために、より多くのキーワードを盛り込むことで確実に検索結果に表示され、クリックされる傾向にありました。

しかし、現在のGoogleはアルゴリズムのアップデートや検索表示の精度が高まったことから、1個のキーワードでも上位表示されるようになりキーワード含有率が評価材料にされることはなくなりました。Googleは「ページのテーマ」に対してキーワードが中心となっているかを重視しているのでそのページがどんなことを書いているかを判断できれば検索上位表示はできます。

ページにキーワードや数字を詰め込むと、ユーザーの利便性が低下し、サイトのランキングに悪影響が及ぶ可能性もあります。文脈に合ったキーワードを適切に使用した、情報に富んだ有用なコンテンツを作成することに焦点を合わせてサイトを運営してください。

参考元:キーワードの乱用

また、無理にキーワードを詰め込みすぎたりするとGoogleガイドラインやルールに反する危険性もあるため、従来のキーワード含有率重視のSEOは現在は意識しなくてもいいとされています。

キーワード含有率はどれくらいがいいのか

ページのテキストが多いページほど含有率は下がり、少ない場合はキーワード含有率は高くなるとされています。キーワード含有率の最適化はSEO効果だけはなく、ページ全体のテキストを多くしてキーワード含有率の最適化とキーワード量の最適化をすることで効果的なSEO対策に繋がります。

参考元:Google Webmasters(YouTubeチャンネル)

Googleのマット・カッツさんが仰るようにキーワード含有率最適値は地域やサイトによって様々ではありますが、現在では多くのサイトはトップページは5%、個別ページは3%の出現頻度が最適値となります。

キーワード出現率チェックにオススメの無料ツール

無料でキーワード出現率の確認ができる「ohotuku.jp キーワード出現率チェック」を使うと、ページ内の最適なキーワード数を知れます。主に任意のページURLとキーワードを入力するとキーワード出現率が確認できます。

例えば、「演繹法」というキーワードをチェック項目に入力すると、下記の結果画面に反映されて表示されます。

目標の出現率に対してあとどれくらい含めるべきかを明確にわかりますね。

また、自身のサイトの出現率の確認だけでなく、競合サイトのページがどれくらいのキーワードの出現率となっているのかといったことも確認できるので、ページ改修時などに活かせます。SEO対策しているページのキーワード出現率がどんな状態であるかを確認するときに非常に便利な無料ツールです。

参考元:SEOツール【ohotuku.jp】キーワード出現率チェック

キーワードは読み手にとって自然に読めるように設置する

キーワード含有率によるSEO対策は、単純にテキストを増やしてキーワード含有率の最適化とキーワード量の最適化をするのみでは効果的なSEOとして最適化されたページとはなりません。例えば、1つのキーワードの不自然に一カ所に集中し、ページ全体に設置していない場合、キーワードの偏りがあるページとなり、読者からしても違和感を覚えます。

人が文章を読み進めていく速さは約400~600文字とされており、より自然なキーワード配置であればコンテンツ全体を見るようになり、ページ滞在率も伸ばせます。キーワード含有率の最適化をするときは、オリジナル性の高いテキストを多く入れてページタイトルとキーワードに適した対策キーワードをページ全体にバランスよく設置させて読者にとって満足のできる情報を提供しましょう。

出現させる位置

Googleは、ページアクセスした時に最初に目に入るファーストビューに書かれている内容を重視しています。人間も視覚的には左から順にキーワードを目にして、自身が知りたい情報や読みたいとされる内容であるかを最初に目にしたキーワードからクリックするかどうか判断しています。

Googleはページ評価において、コンテンツの質や網羅性、オリジナル性を評価しています。横着しようとキーワードの追加や削除するのみでは文章自体の評価はさほど変わりません。文章中のキーワードの個数だけを調整することは結果的にページ評価を損ねる結果に繋がります。キーワード含有率を調整するときは必ずコンテンツ全体を改修することを意識しましょう。

複合キーワードの配置順

複合キーワードとは、「外食 ランチ」や「文章 SEO」などのスペースで区切られた複数のクエリの組み合わせからなるキーワードを指します。

検索ユーザーの過半数は複合キーワードで利用して検索を行なっていますが、Googleで複合キーワード検索すると、同じキーワードでも複合する組み合わせを入れ替えると異なった検索結果となります。

例えば、「外食 ランチ」と「ランチ 外食」でGoogle検索した場合、下記のように検索結果は、同じサイトでも表示順が異なります。

Googleは、キーワードの並び順で最初に使われたクエリから関連性の高いサイトを表示するように評価をしています。Googleが検索ユーザーのニーズに応えることを意識していると見て取れますね。

検索順位において上位表示を狙いたい場合、検索ユーザーがどのような検索意図をもって検索をしているか複合キーワードの並び順に注視してタイトルやディスクリプション、コンテンツ内容を作成することが重要といえます。

関連キーワードを入れる

関連キーワードは、検索ユーザーが本当に検索しているとされる情報を指します。つまり、ユーザーが知りたい情報に付随する関連キーワードを絡めたコンテンツをページ内に入れることで検索ユーザーの満足度とGoogleの評価は上がります。

また、Googleは内容に網羅性や権威性のある文章を高く評価します。文章の網羅性や権威性を上げるために積極的に関連キーワードや類義語を入れましょう。ユーザーは知りたい情報について可能な限り関連する情報も調べる傾向があります。

また、コンテンツ内に導線として関連キーワードをアンカーテキストにして設置することで、遷移先のページの強化にも繋がります。不容易にリンク設置するとリンクジュースが発生しますが、遷移先ページとの関連性が高い場合はページ回遊率の向上にもなりますのでおすすめです。

まとめ

日々更新されていく検索トラフィックでコンテンツの質を重視されるようになり、ガイドラインでもキーワードの詰め込みによる意図的な順位上げを規制しているので、キーワード含有率は現在のGoogleの検索順位においてあまり重要とされなくなりました。

重要なのは読者となる検索ユーザーが読みやすい自然な文章であり、検索クエリとされるキーワードをバランスよくページ全体に分布させることが効果的なSEOに繋がるやり方になります。検索に対する最高の情報を提供することはGoogleだけでなく、サイト運営者やブログ運営者にとっても意識するべきことだと言えるでしょう。

記事作成代行屋は、下記全てを6.5円/文字でSEOに強い記事作成を行います。

  • 記事作成
  • SEO最適化チェック
  • コピペチェック(ツール&人力)
  • 校正
  • サイトへ投稿
  • コンテンツ企画(+1.0円/文字)
記事制作代行屋

1日平均3,4件、下記ページからご相談いただき、最適なご提案をさせていただいております。今ご覧のあなたも、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です