SEO対策が「必要な場合」と「必要ない場合」

選択

WEB集客を目的としたコーポレートサイトを運営していると、山のように届くSEO対策業者からの営業に嫌気が差した経験はありませんか?SEO対策は本当に必要なのかどうか、その判断に迷った結果、当サイトに辿り付いた方も多いはずです。

本記事ではどうしてWEB集客においてSEO対策が必要なのか、SEO対策が必要ない場合とはどんな状況なのか?その分岐点はどこにあるのか考察していきます。

なぜWEB集客をするのか?SEO対策が必要な場合を考える

まずはWEB集客においてSEO対策が必要な場合からご紹介します。

事業者がわざわざコーポレートサイトを開設する理由には、自社のサービス認知向上やブランディング・販路拡大などがあるでしょう。いずれも大衆に向けて事業の概要をPRする目的があり、その手段としてコーポレートサイトが存在するはずです。

したがってコーポレートサイトの運営においては、できる限りウェブサイトのアクセス数は多い方が好ましいという大前提があります。なるべく多くの人に事業概要を知ってほしい、その中で興味を持ってくれた顧客が商品を購入してくれたら嬉しい、ウェブサイトの運営者は共通して以上の考えを持っているはずです。

そもそもSEO対策とはなにか?その目的とは

そもそもSEO対策とは、自社で運営しているウェブサイトのアクセス数を向上するための手段として存在する言葉です。SEO対策を適切に施すことで、インターネットを知る方なら誰もが一度は利用する検索エンジンの最上部に自社サイトを掲載することができます。

これまでSEO対策という言葉には、Google検索エンジンの検索順位を最適化するだけの意味でしかありませんでした。しかし企業が集客のためにSNSを活用するようになるにつれて、その意味はより広義になりつつあります。インスタグラムやYoutubeの検索順位を最適化する意味でもSEO対策という言葉が使われるようになっているのです。

SEO対策がどのような意味を持つのであれ、それには一概して自社サービスの認知度を向上させる目的があります。したがってSEO対策は「なるべく多くの人に自分たちのことを知ってもらうための手段」とも言い換えることができるでしょう。

SEO対策が必要な場合

以上の意味において、何かしらの理由があってウェブサイトやSNSアカウントのアクセス数を大幅に伸ばしたい場合にSEO対策は必要です。例えば店舗が人通りの少ない場所に位置していたり、なかなか商品が売れなかったりする場合には、ウェブサイトにSEO対策を施すことで売り上げ改善を見込むことができます。

それでは、SEO対策が必要ない場合ではどういった状況が考えられるのでしょうか?

SEO対策が必要ない場合とは何か

SEO対策が必要ない場合を考察する、まずは大手コーヒーチェーン店のスターバックスについて考えてみましょう。スターバックスはすでに多くの人から知られている事業者で、「スターバックス」単ワードの月間検索数は月に23万回ほどあるようです。

スターバックスのようなすでに大衆からサービス認知されている事業者であれば、わざわざSEO対策する必要もないと言えます。SEO対策をせずとも顧客はWEBサイトを訪れるため、あらゆる情報を提供することができるからです。

SEO対策を必要としない場合のポイントはサービス認知度

したがって、SEO対策を必要としない場合を考える際のポイントの1つには「サービス認知度」があります。

サービス名や企業名が既に大衆から認知されているのであれば、SEO対策をせずとも指名検索による検索流入でWEB集客に成功するからです。そのような事業者は自社サービスのブランディングが既に終わっていて、目新しい集客をせずとも商品が売れ続けるような状況にあります。

SEO対策を必要としない状況は他にも考えられます。

すでに顧客が存在し、新規顧客を獲得する必要がない場合

新規顧客を獲得する必要がない事業者はSEO対策の必要もありません。

例えば住宅メーカーや工務店は、すでに取引先の工事業者が決まっています。長きに渡って築かれてきた信頼性のもと取引を行うため、新規顧客獲得の必要がありません。むしろ地域間のつながりや業者同士のコネクションが重視されるため、WEBサイトから取引先を獲得しようとは毛頭も考えないでしょう。

音楽アーティストや芸能人はそもそもSEO対策をする必要がありません。
自分の名前を売るために最も都合の良い手段は自らが露出することであり、仮にファンサイトでSEO対策を行ったとしても、その効果は極小のものだからです。

WEBから集客できる大量の顧客の受け皿が容易出来ない場合

実店舗を経営している方のWEBサイトなら「あまりにも多すぎる顧客を抱えても仕方がない」という状況も大いに考えられます。いくらサービスを受けたい顧客がいたからといって、サービス提供するリソースが足りないのであれば、そもそもWEB集客する意味がないからです。

これは地域密着型の店舗を経営されている場合や、比較的小規模な事業を展開されている場合などによく該当します。サービスのキャパシティとWEB集客効果をよく吟味した上で、SEO対策を行うことによる集客効果の受け皿が十分に存在するならば、新たな販路の1つとしてWEBを利用することも手です。

SEO対策の必要性は「サービス認知度」がポイント

以上で説明したように、SEO対策が必要か・必要でないか、その判断に迷ったときには自社の「サービス認知度」を踏まえて検討しましょう。それはすでにサービスの認知度が十分かどうかという単純な話ではなく、自社サービスにそもそもWEB集客が必要なのかどうか、根本的な部分からの再考が必要です。

もしもSEO対策を行うべきか判断に迷う場合には、コンテンツマーケティングの代行業を提供している弊社にぜひお問い合わせください。事業内容を吟味した上で最適な提案をさせていただきます。

在宅ライター募集!

センターグローブ(記事作成代行屋)では良質な記事を作成いただけるライターさんを募集しています。

在宅でのお仕事ですので、ライター1本で生計をたてたい方はもちろん、お仕事をされている方の副業としてもご活用いただけます。

ご興味がございましたら、下記から詳細説明をお読み頂きまして、よろしければ応募フォームからご応募ください!