「いく」と「ゆく」の違いは?2つの表記のコツ

「いく」と「ゆく」の違いと2つの表記のコツ

「行く」には、「いく」と「ゆく」の2つの読み方があります。どちらで表記するのが正しいのか迷うこともあります。

どちらも間違いではありません。

次のように状況によって使い分けます。

 

  • いく…より口語的
  • ゆく…より文学的

 

今回は、「いく」と「ゆく」 の違いについて簡単に解説いたします。

 

記事作成代行屋記事作成代行屋

「いく」と「ゆく」表記の2つのコツ

「いく」と「ゆく」の違い

 

「行く」の読み方、「いく」と「ゆく」は、どちらも間違いではありません。

状況に合わせて、適宜使い分けてよいものです。

次の2つのコツに沿って使い分けましょう。

 

  1. いく:より口語的・現代的
  2. ゆく:より文学的・古風

 

例文で確認してみましょう。

 

【例文:「いく」と「ゆく」】

「歩いていこう」→口語的・現代的

「歩いてゆこう」→文学的・古風

 

「去っていく」→口語的・現代的

「去ってゆく」→文学的・古風

 

「いく」は、会話で使っても自然です。現代的でシンプルな言い方です。

「ゆく」は、会話よりは文中で使うことが多いです。文学的で古風な言い回しに適しています。

 

例えば、普段の会話で、「ランチにいこう」と言うことはあっても、「ランチにゆこう」と言うことはあまりないのではないでしょうか。

 

コツ1. 「いく」は口語的でシンプルな表現

「いく」と表記すると口語的でシンプル

 

「いく」について、デジタル大辞泉には、次の記載があります。[注1]

 

い・く【行く】

〔動カ五(四)〕→ゆく

 

つまり、「ゆく」と意味が同じであることがわかります。

意味は同じですが、状況によって「いく」が適している場合があります。

次の場合は「いく」を使いましょう。

 

  • より口語的・現代的に表現したい
  • シンプルに表現したい

 

例文で確認してみましょう。

 

【例文:いく】

学校へいく

うまくいく

 

例文はどちらも、「ゆく」で表現してしまうと不自然に古めかしくなってしまいます。

現代的な文章をシンプルに表現したいなら、「いく」が適切でしょう。

 

[注1]小学館/デジタル大辞泉

 

コツ2. 「ゆく」は文学的で古風な表現

「ゆく」と表記すると文学的で古風

 

「ゆく」について、デジタル大辞泉には、次の記載があります。[注1]

 

ゆ・く【行く/逝く/往く】

[動カ五(四)]

 向こうへ移動する。「はやく―・け」

 目的地へ向かって進む。「学校へ―・く」

 歩く。歩いて進む。「悪路を―・く」

 通り過ぎる。「沖を―・く船」

 年月が経過する。「―・く秋を惜しむ」

 流れる。「―・く水のごとく」

 (逝く)死ぬ。「君―・きて三年」

 物事がはかどる。「うまく―・かない」

 物事をする。「前の方法で―・くことにする」

10 気持ちが十分満足する。「納得が―・く」

11 年をとる。成長する。「年の―・かない子供」

12 嫁に行く。とつぐ。「末娘も嫁に―・く年ごろになった」

13 (「いく」の形で)俗に、性交時の快感が絶頂に達する。

14 (補助動詞)動作の継続・進行の意を表す。「やせて―・く」

[可能]ゆける
[補説]「いく」の語形も上代からみられ、平安時代以降は「ゆく」と併用される。「ゆく」「いく」はほとんど意味は同じであるが、古くは「ゆく」のほうがより広く使われ、特に訓点資料・和歌(「生く」との掛け詞の場合を除き)では、ほとんどすべてが「ゆく」である。現在では「ゆく」に比べて「いく」のほうが話し言葉的な感じをもち、したがって、「過ぎ行く」「散り行く」など、文章語的な語の場合には「ゆく」となるのが普通である。なお、「ゆきて」のイ音便形「ゆいて」も用いられたが、現在は一般的でなく、促音便形は「ゆく」のほうは用いられず、「いく」を用いて「いって」「いった」となる。

 

補足には次の点が言及されています。

 

  • 古くは「ゆく」のほうがより広く使われていた
  • 現在では「ゆく」に比べて「いく」のほうが話し言葉的な感じをもつ

 

状況によって、「ゆく」が適している場合があります。

次の場合には「ゆく」を使いましょう。

 

  • より文学的に表現したい
  • 古風な言い回しにしたい

 

例文で確認してみましょう。

 

【例文:ゆく】

去りゆく

合点がゆく

減ってゆく

 

例文は、どれも文学的であったり、古めかしい言い回しに感じます。

あえてそういった表現をしたい場合は、「ゆく」が適しているでしょう。

 

[注1]小学館/デジタル大辞泉

 

放送界の「いく」と「ゆく」の見解

それでは、放送界では、「行く」の読み方をどのように扱っているでしょうか。

NHK放送文化研究所のサイトには、次の記載があります。[注2]

 

【引用:NHK放送文化研究所】

これらの発音のゆれは同じ人の話しでも、状況に応じて使い分けられていることもあります。

あらたまっては「ゆく」ふだんは「いく」ということもあります。

「どちらが正しい」というのではないと思われますので、どうぞご自分の発音をもう一度点検なさってください。

 

どうやら、放送界でも、「どちらが正しい」という見解はないようです。

 

[注2]NHK放送文化研究所/ことばウラ・オモテ/発音の変化

 

取材記事代行屋取材記事代行屋

「いく」「ゆく」は状況で使い分ける

「行く」は、「いく」と読んでも「ゆく」と読んでも間違いではありません。

話し言葉であれば、「いく」が一般的です。

文章のなかでより文学的に古風に表現したいなら「ゆく」がよいでしょう。

状況に合わせて適宜使い分けていきましょう。

 

在宅ライター募集!

センターグローブ(記事作成代行屋)では良質な記事を作成いただけるライターさんを募集しています。

在宅でのお仕事ですので、ライター1本で生計をたてたい方はもちろん、お仕事をされている方の副業としてもご活用いただけます。

ご興味がございましたら、下記から詳細説明をお読み頂きまして、よろしければ応募フォームからご応募ください!