「になります」は敬語ではない!正しい用法を例文で解説

「になります」は敬語ではない

「300円になります」はバイト敬語とも呼ばれる誤った表現です。

「300円です」あるいは「300円でございます」が正しい言い方です。

 

文章作成の場でも、「必要になります」を正しい表現と誤解されている方は少なくありません。

「必要です」をあえて「必要になります」と書くのは、間違いであるのに加え、持ってまわった印象を与えてしまいます。

 

こちらの記事では、誤用が広まる「になります」について、なぜダメなのか、その意味、使ってよい場面、正しい言い換えなどを解説いたします。

 

「になります」を丁寧な言い方と感じるのは錯覚

おかしいバイト敬語の「になります」

話し言葉の「になります」は、バイト敬語などとも呼ばれ、コンビニや飲食店でよく耳にします。

 

【例文:「になります」を使用した飲食店での間違い表現】

「こちらがコーヒーで、こちらがハーブティーになります

「3,500円になります

「お会計はあちらになります

「レシートになります

 

おそらく、「コーヒーです」と言うよりも「コーヒーになります」と言うほうが丁寧であると感じる方が多く、誤用が広まってしまったのでしょう。

 

「コーヒーになります」は間違った表現です。

丁寧に表現するのであれば、下記が正解です。

  • 「コーヒーでございます」

 

飲食店であれば、「コーヒーになります」も「バイト敬語だから」と許されるかもしれません。しかし、ビジネスの場ではそのようなわけにはいきません。

 

【例文:「になります」を使用したビジネスの場での間違い表現】

「こちらが作成した資料になります。どうぞ、ご覧ください」

 

例文の表現では、「言葉を知らない人」と心の中で評価されてしまうかもしれません。

あえて指摘されることもないため、間違いを知ることがないまま誤用を続けてしまうのです。

そんなふうに、知らずに恥をかいている状況は避けたいものです。

 

例文を正しく言い換えるのであれば、下記が正解です。

  • 「こちらが作成した資料でございます。どうぞ、ご覧ください」

 

それでは、「コーヒーになります」「資料になります」がなぜダメなのか、見ていきましょう。

 

「になります」はなぜダメなのか:正しい意味

「になります」は変化した結果を表す

「になります」がなぜダメなのかを知るためには、まず、「になります」の正しい意味を理解しましょう。

「になります」は「なる」の丁寧な表現です。

 

【「なる」の意味】

  1. 物事ができ上がる。実現する。成就する。
  2. 今までと違った状態・形に変わる。
  3. ア.ある時分・時期などに至る。イ.ある数値に達する。
  4. ある働きをする。作用する。
  5. 許すことができる。許して、よいとする。
  6. その人によってつくられる。
  7. 全体がそれによって構成さえる。
  8. 他からその恩恵を受ける。

[注1]

「なる」には上記の意味があります。

 

多くの場合、「になります」と使用して適切なのは、「さなぎが蝶になります」など、ある状態から変化して別の状態になる場合です。

つまり、「になります」は、何かが変化した結果を表す場合に使うのが正しいのです。

 

「になります」の正しい意味がわかると、「コーヒーになります」がなぜダメなのか理解できますね。

テーブルにコーヒーを運んでお出しする場合、目の前の「コーヒー」は変化するわけではありません。

「変化してその状態になる」わけではないコーヒーを、「コーヒーになります」と言うのはおかしな表現なのです。

もしも、その場で水がコーヒーに変わるのであれば、「水がコーヒーになります」と言えますが、そういうわけではありませんからね…。

 

[注1]参考元:デジタル大辞泉

 

誤用の「になります」を正しく言い換える

「〜になります」の間違い例と正しい例

それでは、「になります」を使った間違い表現を正しく言い換えていきましょう。

 

「コーヒーになります」の場合、すっきりと「コーヒーです」と言うか、丁寧に「コーヒーでございます」と言うのが適切です。

 

【例文:コーヒーを出す場合の間違った言い方と正しい言い方】

間違い:「こちらがコーヒーになります

正しい:「こちらがコーヒーです

正しい:「こちらがコーヒーでございます

 

同じことは「こちらが資料になります」にも言えます。

手品のようにその場で白紙が資料に変化するのであれば、「白紙が資料になります」と言えますが、この場合も、そういう状況でないのはわかりますね。

すっきり言うなら「こちらが資料です」、丁寧に言うなら「こちらが資料でございます」が適切な表現です。

 

【例文:資料を提示する場合の間違った言い方と正しい言い方】

間違い:「こちらが資料になります

正しい「こちらが資料です

正しい「こちらが資料でございます

 

同じように、劇場の案内などでも「になります」を使った間違いが聞かれます。

 

【例文:劇場などでよくある「になります」の間違いと正しい言い方】

間違い:「こちらは満席になります

正しい:「こちらは満席です

正しい:「こちらは満席でございます

 

ほかにも、「になります」を使った間違い例と正しい例を表で見てみましょう。

 

【「〜になります」の間違い例と正しい例】

間違い例 正しい例
ビルの2階になります ビルの2階です。(でございます
お一人様1枚のみの販売になります お一人様1枚のみで販売しています
会場はあちらになります 会場はあちらです。(でございます
データはこちらになります データはこちらです。(でございます

 

理屈ではわかっていても、つい口走ってしまったり、うっかり書いてしまったりしそうですね。

「になります」は読み手にとっては煩わしい表現でもあります。

「になります」を使ってしまいそうになったら一呼吸おいて、適切かどうか考えてみましょう。

 

「必要になります」は「必要です」と書こう

記事作成の場で、「必要です」と書くべきところを「必要になります」と書かれているのをよく目にします。

 

おそらく、「必要になります」という書き方が、なんとなく丁寧な表現のように感じるためかもしれません。また、「必要です」と言い切ることに無意識のためらいがあるのかもしれませんね。

 

いずれにしても、「必要になります」と書くのが習慣になっている方は、すぐにやめ、「必要です」に切り替えましょう。

 

【例文:必要です】

✕ ウイルス感染を防ぐためには マスクが 必要になります

◯ ウイルス感染を防ぐためには マスクが 必要です

 

✕ スペースを削減することが 必要になります

◯ スペース削減が 必要です

 

✕ 事前に 確認することが 必要になります

◯ 事前に 確認することが 必要です

 

「必要です」のほうが、スッキリと言いたいことが伝わるのがわかりますね。

日頃から、正しく伝わりやすい書き方を選択しましょう。

 

「になります」の正しい使い方

「になります」の正しい用法

 

  • 「明日は雨天により、遠足は中止になります」

上記は「になります」の正しい使い方です。

 

本来は行われるはずだった遠足が、雨天で中止という結果に変更になったため、この場合に「になります」を使うのは適切です。

「なる」の意味である「今までと違った状態に変わる」に当てはまるためです。

 

【「なる」の意味】

  1. 物事ができ上がる。実現する。成就する。
  2. 今までと違った状態・形に変わる
  3. ア.ある時分・時期などに至る。イ.ある数値に達する。
  4. ある働きをする。作用する。
  5. 許すことができる。許して、よいとする。
  6. その人によってつくられる。
  7. 全体がそれによって構成さえる。
  8. 他からその恩恵を受ける。

 

デジタル大辞泉の「なる」に照らし合わせて、「になります」の正しい使い方を例文で見ていきましょう。[注1]

 

【例文:「になります」の正しい使い方】

次の試合で 優勝すれば 3連覇になります

→優勝すれば3連覇という結果が実現する

(1. 物事が実現する)

 

明日は 雨天により、遠足は 中止になります

→遠足が変更して中止という結果になった

(2. 今までと違った状態・形に変わる)

 

結婚して 20年になります

→結婚してからの年月が20年に至る

(3. アある時分・時期に至る)

 

つなげると 5メートルになります

→つなげた結果がその5メートルに達する

(3. イある数値に達する)

 

息子は 来年 10歳になります

→年齢がその状態に達する

(3. イある数値に達する)

 

不用意な 発言が 災いの元になる

→不用意な発言が災いの元となる働きをする

(4. ある働きをする。)

 

先生の お世話になります

→先輩に ごちそうになります。

(8. 他から恩恵を受ける)

 

「になります」が正しい場面もあります。

すべてを把握して判断しながら書くのは難しいですが、「何かが何かに変化する場合に『になります』は使える」とイメージしておきましょう。

そのイメージがあれば、「サナギが蝶になります」は正しい使い方とわかります。

反対に、変化するわけではない金額を表すときに「500円になります」を使うのはおかしいのもわかるでしょう。

[注1]参考元:デジタル大辞泉

 

「になります」と「となります」の違い

「になります」と同じ使われ方をする表現に「となります」があります。

2つに違いがあるのかも気になりますね。

 

「になります」と「となります」は基本的に同じ意味で使われる

「になります」と「となります」は、基本的に同じ意味で使われます。

どちらもおもに、何かが何かに変化した結果を表す場合に使います。

 

「となります」のほうがかしこまったイメージ

若干の違いがあるとすれば、「となります」のほうが、「になります」よりもかしこまった印象があります。

 

  • 来年で 創業20年 になります
  • 来年で 創業20年 となります

 

「になります」のほうがやや柔らかく、「となります」のほうがフォーマルな印象です。

そのため、「となります」のほうが書き言葉に向いているとする考え方もあります。

 

「となります」は意外な結果のニュアンスもある

「となります」には、変化した結果が意外であるニュアンスもあります。

 

  • 明日は臨時休業となります

 

突然の休業の張り紙などでは、「となります」を使うのがよいでしょう。

 

「になりますでしょうか」は二重敬語で間違い

「になりますでしょうか」はおかしい用法

「ご到着は何時になりますでしょうか」は、間違いです。

「ます」と「です」が重なった二重敬語です。丁寧に言おうとするあまり、この表現になってしまわないよう注意しましょう。

 

「ご到着は何時のご予定ですか」「ご到着は何時でしょうか」が正しい表現です。

 

「お世話になります」の「になります」は正しい表現

「お世話になります」の「になります」は、正しい表現です。

何かが変化しているわけではありませんが、「なる」の意味にある「他から恩恵を受ける」にあてはまります。

 

同様に、「ごちそうになります」「ご厄介になります」も正しい表現です。

 

シンプルで正しい表現を目指そう

丁寧な表現と錯覚されている「になります」の間違いについてご紹介いたしました。

 

記事作成をお仕事とされる方でも「必要になります」を間違えたまま使い続けているのを目にします。わかりやすく目立ってしまいがちなミスです。すぐにでも「必要です」に切り替えましょう。

 

不要な「〜になります」は、間違いであるだけでなく、まわりくどい印象もあります。

シンプルで伝わる文章のため、常に簡潔な表現を目指しましょう。

在宅ライター募集!

センターグローブ(記事作成代行屋)では良質な記事を作成いただけるライターさんを募集しています。

在宅でのお仕事ですので、ライター1本で生計をたてたい方はもちろん、お仕事をされている方の副業としてもご活用いただけます。

ご興味がございましたら、下記から詳細説明をお読み頂きまして、よろしければ応募フォームからご応募ください!